2019年4月 9日 (火)

藁苞納豆の思い出。出版氷河期でも、ホリエモン絡みの本は売れている。19年4月9日

自由人ホームレスたちの風貌は日本人離れして野太い。先に逝った家族たちの絵。屈強な漁師たちからの輸血で重症だった兄の紫斑病は寛解した。明日は雪の予報。花の夢 醒めて 青葉の風寒し

» 続きを読む

|

2019年4月 5日 (金)

EVのリチウム電池にタイタニックの惨事を連想する。「令和」は次世代に覚悟を迫る良いネーミング。19年4月5日

世界一の災害国日本の完全キャッシュレス化は不可能だ。全面EV化は個体電池完成を待つべきだ。

» 続きを読む

|

2019年4月 1日 (月)

新元号「令和」考。見当違いの批判続出。19年4月1日

古典文学から選ばれたのは史上初。「日本と中国両方の古典を参照した」NHKの論評。新元号への韓国マスコミの見当違いの皮肉と、米国記者の悪意のある解釈。

» 続きを読む

|

2019年3月31日 (日)

私の平成には最良と最悪の出来事が起きた。社会的にもバブル崩壊に大震災に大事件と悪いことが多かった。19年3月31日

私は新元号を「永安」と予想した。「平成」と同時に私は絵描きに転向した。阪神淡路大地震とオームサリン事件が起き、その文明の崩壊を背景に絵本「父は空 母は大地」はヒットした。

» 続きを読む

|

2019年3月26日 (火)

AI新技術により農業・食品業界は進化激変し、少子高齢化と過疎問題は解決。心理学応用の商品販促本。19年3月26日

日本人の労働能力と労働意欲は極めて高いのに、経営陣はその能力を活用していない。そのシステムを改善するだけで生産性は上がり午後3時退社が可能になる。農業もドローン、耕運機・草取り・果物摘みの自動化で農家は重労働から解放され過疎化は解決する。販促本「消費者はどういう心理からレスポンスするか」

» 続きを読む

|

2019年3月22日 (金)

幸せ度ランキングはミスコンと同じ。一位だから魅力的とは限らない。人生の楽しさは無駄にある。究極に合理化したら人そのものが無駄になる。19年3月22日

国別幸せ度ランキングはミスコンと同じ。一位だから魅力的とは限らない。人生の楽しさは無駄にあり。子供のオシッコから作った超絶秘薬「秋石」海外アナリストは日本三流国の論調を好む。荘子=渾沌七竅に死す

» 続きを読む

|

2019年3月15日 (金)

街中で不意に聞こえた津軽三味線。震災ドキュメンタリー「あの日の星空」に思う。カタカナ語を正確な発音に変えたら。19年3月14日

三陸大津波の後の満天の星空。自然死を選ぶなら恐怖は軽減し、多幸感に包まれる。赤羽駅前の津軽三味線の路上ライブ。ホームレスたちは太古の野人のような茫洋とした風貌がある。

» 続きを読む

|

2019年3月 6日 (水)

ゴーンに「もの言う投資家」村上氏など、強欲な経済人たちの開き直り。温室効果ガス排出の新研究。19年3月6日

ゴーンに村上世彰氏と強欲な投資家たち。韓国海軍レーター照射事件に見る、相変わらずなウーマンラッシュアワー村本大輔氏の無知。温室効果ガス排出と農業畜産との大きな関わり。散歩道で出会うアル中の「説教おじさん」

» 続きを読む

|

2019年2月26日 (火)

終末期老人の延命治療は偽善で社会保障財源の最大圧迫要因となっている。2050年日本は犯罪大国になるとの投資家ジム・ロジャーズの妄言。19年2月26日

誤った人道主義による延命治療の危うさと残酷さ。投資家ジム・ロジャーズは2050年の日本は犯罪大国になると予測した。彼の韓国投資は韓半島が統一されることを前提としていたが、米朝会談の不成立で目論見は外れた。なぜか昔から海外経済アナリストは日本の没落を言い立てる。

» 続きを読む

|

2019年2月19日 (火)

涙を流す涙活は、笑いや睡眠や抗うつ剤よりもストレス解消効果がある。19年2月19日

泣くことは笑いや睡眠よりも抗うつ剤よりもストレス解消効果がある。職場で意図的に涙を流すと、仕事効率が格段に良くなる。スポーツの決戦前にチームで涙を流すと、集中力が増し実力以上の力を発揮できる。

» 続きを読む

|

2019年2月 9日 (土)

あらためて、歌手の夢を一瞬で掴んだ、ただのおばさんだったスーザン・ボイルに感動。しかし、日本人の魂を揺さぶるのは演歌だった。19年2月9日

47歳の幸せ薄い失業女性スーザン・ボイルは一瞬で世界的な夢をつかんだ。日本人には演歌が心を打つ。北島三郎の「風雪ながれ旅」スマホの登場で画面を汚す油物スナックの売れ行きが落ちた。

» 続きを読む

|

2019年1月28日 (月)

縄文の竪穴式住居が理想の住まい。シャネルvsエルザ・スキャパレリを幸せの視点で見たらスキャパレリの勝ちだ。19年1月28日

縄文時代の竪穴式住居は夏涼しく冬は暖かく極めて快適だ。AI進化で生まれるIoT社会では、労働が消えても、退屈で死にそうになるだろう。労働は苦役ではない。仕事で悩んだり失敗しながら成果を出すから人生は楽しい。職人気質のココ・シャネルに対して裕福な家庭で育った芸術家肌のエルザ・スキャパレリ。全く対照的な2人は若いピカソ、ダリ、コクトーなどの巨匠たちを巻き込み、戦前のパリで魅力的に、激しく競い合っていた。

» 続きを読む

|

2019年1月14日 (月)

「平成ネット史」は正月番組で最高に面白かった。そして、スーパー・レジの女の子に荘子の「胡蝶の夢」を感じた。 19年1月14日

正月は一瞬で遠く駆け去ってしまった。 今年の冬は穏やかで、刺すような寒さは一度もない。 今日も雲一つない好天。荒川土手をジョギングする人たちが気持ち良さそうに行...

» 続きを読む

|

2019年1月 8日 (火)

はや七草。人付き合いと年賀状を断捨離したいが、難しい。19年1月7日

正月のテレビは本当につまらないものばかで、録画ばかり見ていた。 記憶に残った中に「ブループラネット・深海、最後のフロンティア」がある。 その中のシーンに、深海に...

» 続きを読む

|

2019年1月 1日 (火)

あけまして、おめでとうございます。19年1月1日

老荘思想では感覚は不確かなもので、人は現実を正しく認識できないと説いている。認識できるのは現実のごく一部で、残りは断片的な情報を寄せ集め空想で補っているだ...

» 続きを読む

|

2018年12月23日 (日)

クリスマス・ベストポイント、銀座コリドー街から丸の内仲通りを経て東京駅へ。18年12月23日

今年のクリスマスは美しい。 クリスマスだけではなく、全ての季節や年中行事が楽しく美しく感じる。 それは、私が晩年に入ったからかもしれない。 母も車椅子散歩をさせ...

» 続きを読む

|

2018年12月12日 (水)

雨のクリスマス飾り-銀座慕情。18年12月11日

 赤羽の散歩道。雨が降りそうな暗い空が、黄葉のせいで明るく感じた。  先日の日曜日、いつもの喫茶店が満員だったので、KFC=ケンタッキーフライドチキン...

» 続きを読む

|

2018年12月 5日 (水)

簡単に心を無にして悩みから解放される方法。それは古来言い伝えられた格言を覚えることだ。18年12月4日

 坐禅の目的は、雑念を捨てて心を無にすることだ。 しかし、心を無にするなど観念的過ぎて、どうすれば良いか、誰もが悩んでしまう。  物理学では何もない空間はあり...

» 続きを読む

|

2018年11月24日 (土)

アンチエイジング効果があるエゴマ油が店頭から払底したが、亜麻仁油でも同じ働きがある。18年11月24日

 「NHK・ためしてガッテン」でオメガ3を摂取すると基礎代謝が活発になり、体温が上がって体重が減ると薦めていた。オメガ3を多く含む油にエゴマ油がある。私はかなり...

» 続きを読む

|

2018年11月21日 (水)

日産・ゴーンCOO逮捕の真相。それはフランス政府とルノーによる日産の完全支配に対する抵抗だった。18年11月21日

 20日はゴーンCOO逮捕のニュースで終わった。 この経緯と目的は複雑だ。最初はゴーン就任は大成功で、倒産寸前の日産は短期間でV字回復した。彼には日本的しがらみ...

» 続きを読む

|

2018年11月 5日 (月)

小麦食によって脳は傷つき怒りを起こしやすい。酉の市。映像の世紀。18年11月5日

 10月下旬、中国・重慶市で路線バスが長江にかかる橋から転落し13人が死亡した。原因は運転手と乗客の女性のけんかだ。録画を見ると、日本では考えられない逆上ぶりだ...

» 続きを読む

|

2018年10月31日 (水)

秋深し、何事につけ物事を深く考えこむ季節になった。18年10月31日

 今朝まで、ほぼ徹夜で注文絵を描いていた。 コンセプトは北方の風景で、3枚の絵を横に並べると一つの風景になるように描く。 似たような絵を3枚、同じエネルギーで描...

» 続きを読む

|

2018年10月14日 (日)

他と比較することで人は悩む。哲学のない経済学とAI産業は人を不幸にする。18年10月14日

 先日、鎌倉へ行った。 近年、毎年のように親しくしていた人が亡くなる。 それで秋になると供養のために鎌倉の円覚寺へ行くことにしている。 北鎌倉駅そばの円覚寺は...

» 続きを読む

|

2018年10月 9日 (火)

AI化して、人口減した日本は有利に生き残る。18年10月9日

 昨日は32度を超えたが、今日は程よい。 早く秋らしくなってほしい。  Eテレの「世界の哲学者に人生相談」が終了して残念だ。私の好きな番組だったが、世間の哲学...

» 続きを読む

|

2018年10月 1日 (月)

無為に生きて終わるのが一番楽な死に方。未明に台風24号は北へ去った。18年10月1日

 昨夜9時過ぎに台風24号の強風圏に入った。 予報では瞬間風速50メートルと言っていたので、ベランダの植木鉢を風の当たらない場所へ移動させた。 深夜、台風は最...

» 続きを読む

|

2018年9月25日 (火)

あり合わせの知こそ最強の知性である=レヴィ・ストロース 18年9月25日

 昨日は十五夜だった。予報では曇り空で月見は無理と言っていたが、雲の晴れ間から美しい満月が見えた。満月を見上げると良いことが起きそうな気がする。  先日、十条...

» 続きを読む

|

2018年9月16日 (日)

無欲で誠実な人に天は幸せを与える。18年9月16日

土曜は友人と上野のアメ横へ行った。 関空の台風罹災や北海道地震の影響で訪日旅行者が減少しアメ横は空いていた。いつもは大混雑で通り抜けが難しいアメ横センター前も、...

» 続きを読む

|

2018年8月21日 (火)

どんなに暑い夏でも終わりは寂しい。脳内麻薬エンドルフィンの簡単な出し方と太宰治考。18年8月21日

「暑いのは嫌だけど、終わるのは寂しい」 タレントの小池栄子がワイドショーで話していた。 その気持ちはよくわかる。 長すぎた夏のおかげで体が熱帯仕様に変化し、今は...

» 続きを読む

|

2018年8月15日 (水)

死と死別について、哲学者たちの考察。赤羽夏景色。18年8月15日

月曜は激しい雷雨が来て近所に幾度も落雷した。過電流で破損しないようにパソコンは止めておいた。 午後3時過ぎ、雷が遠ざかったので散歩へ出た。湿度が高いのは苦手だが...

» 続きを読む

|

2018年8月 2日 (木)

近年、ネット進化に反比例して知能指数は低下の一途だ。結果、赤羽の書店は激減し雑貨店化した。18年8月2日

先日の台風前夜、涼しすぎて目覚め、タオルケットを重ねた。 突然の涼しさに晒されると脳は秋が来たと勘違いし、体は寒さ対応に変化する。そこへ再びの酷暑が戻って来た。...

» 続きを読む

|

2018年7月18日 (水)

赤羽はタレントやモデル希望の若者たちが多い。キロボくん誕生と浅利慶太氏の死に時代の変遷を感じる。18年7月18日

午後3時の室温は35度。 扇風機の風も生ぬるいだけで役に立たない。 これは尋常ではない暑さだ。 散歩は日中を避け、夕暮れから出ている。 その時刻になると、荒川土...

» 続きを読む

|

2018年7月12日 (木)

サッカー日本人サポーターのゴミ片付けは人目を気にする村意識から生まれた、との意見は見当違いの侮辱だ。18年7月12日

題名「ルールを守りマナーが良い日本人』はいつまで維持できるのか」の記事がネット上で話題になっていた。 記事は中国発の「ルールを守りマナーが良い日本人はいつまで維...

» 続きを読む

|

2018年6月29日 (金)

夏の光は死への不安を消し去る。真面目なエリートが親の介護でホームレスに陥る日本。18年6月29日

梅雨なのに心地よい夏だ。 雨は続かず、すぐにからりと晴れる。湿度は低く嫌な暑さではない。 それは子供の頃の夏に似ている。 上京した昭和38年の東京は最悪の大気...

» 続きを読む

|

2018年6月12日 (火)

ヤマモモをネパールからの研修生と食べた。18年6月12日

東京北医療センター庭のヤマモモ が熟し始めた。 今年は好天が続き、例年になく甘くて美味しい。 しかし、先週土曜あたりからカラスが大挙して押し寄せ、今日はほぼ丸裸...

» 続きを読む

|

2018年6月 3日 (日)

埼京線のちょい悪日系老人二人に、介護施設の死を待つだけの老人に、104歳の自死、老い三題。18年6月3日

荒川土手の階段を下っていると、カップルとすれ違った。男性は日本人、女性は北欧系のグラマーなブロンド。彼女は満面の笑顔で幸せそうだった。下り終えて振り返ると、二人...

» 続きを読む

|

2018年5月27日 (日)

テレ朝「こんな所に日本人」ラオス編で、以前会った中村章吾氏が尋ね人になっていた。2018年5月27日

テレ朝「こんな所に日本人」を毎週見ている。 旅番組で好きなのは、Eテレの「旅するフランス語」「旅するドイツ語」などの語学シリーズとテレ朝の「こんな所に日本人」だ...

» 続きを読む

|

2018年5月16日 (水)

フリーランスの年齢の壁 18年5月16日

住まい下の荒川土手に以前から50センチほどの桑の木が生えている。 荒川土手は年に3〜4回草刈りをする。 桑はその都度、根元から刈り取られるが、2ケ月ほどで元の丈...

» 続きを読む

|

2018年5月 8日 (火)

東京連休風景・好天の連休の後の記録的低温 18年5月8日

東京の連休風景が変化した。 10年前のゴールデンウィークは街から人が消えて閑散としていた。今は違う。混み合う行楽地を避けて、都内でのんびり過ごす親子連れが目につ...

» 続きを読む

|

2018年4月26日 (木)

現代人の孤独考その二。18年4月26日

ライン・ミュージックのCMが好きだ。 心地よい日差しの中で可愛い女子高生が、調子外れに歌いながらぎこちなく体をゆするように踊っている。 彼女の楽しげな表情に青春...

» 続きを読む

|

2018年4月18日 (水)

貧富に関係なく、現代人は様々な孤独と戦っていた。18年4月18日

文書ソフトJedit X をJedit Ω proにバージョンアップさせた。今までのバージョンは文字入力すると、通常は平仮名表記の言葉まで不自然に漢字変換する癖...

» 続きを読む

|

2018年4月 7日 (土)

経済発展を歪に疾走する中国は若者にはチャンスがあるが、老人は極めて厳しい生活を強いられる。18年4月7日

民放のバラエティ番組はどれも疲れる。 空虚な歓声ばかりが耳に刺さる。 だから、静かなEテレを点けて仕事をしている。 昨夜は又吉直樹のヘウレーカの「なぜ植物はスキ...

» 続きを読む

|

2018年3月28日 (水)

春爛漫、連日桜三昧。孤島で暮らす老いた母娘に孤独の概念を覆させられた。18年3月28日

あっという間に桜は満開となった。 今年は都内の桜の名所めぐりはやめた。 桜は北区の区の花で、いたるところ桜だらけだ。 花見はのんびり歩いて行ける範囲がいい。 ...

» 続きを読む

|

2018年3月15日 (木)

あっという間に春。焼き鳥を食べて嬉しそうな少年。 18年3月15日

畑違いのIT関係に熱中していた。 最近、その書類書きにとても頭を使った。 先日などは、使いすぎて脳がシーンと静まり、何一つ考えられなくなった。 生まれてから初め...

» 続きを読む

|

2018年2月28日 (水)

今年最初の沈丁花の香り。人類滅亡は、AIが人を際限なく堕落させることから起きる。18年2月28日

散歩帰り、夜道を急いでいるとふいに懐かしい香りがした。 香りをたどると、沈丁花が1輪開花していた。 行きがけは香りはなかった。短時間のうちに開花したようだ。 い...

» 続きを読む

|

2018年2月 9日 (金)

逆流性食道炎の検査に胃カメラを飲みピロリ菌の検査をした。18年2月9日

緑道公園の舗道脇の凍った土を蹴ると、霜柱が砕けてきらきら光った。 雪は路傍に積み上げたまま硬く凍っている。 この雪が溶けずに残っている間は寒い。 去年の10月...

» 続きを読む

|

2018年2月 3日 (土)

老後に稼げる額と、IT企業の定年は35歳。18年2月3日

夜来の雪は昼過ぎには消えた。 寒さは厳しいが、淡雪に春の足音を感じる。 荒川土手と河川敷のゴルフ場。 相変わらず貧乏絵描きをしているが、今はポツポツと...

» 続きを読む

|

2018年1月24日 (水)

20センチ越えの大雪と、人工知能が目指す無人国家と、西部邁の死と「川は流れる」。18年1月24日

22日月曜日、久しぶりの大雪だった。 午後3時、雪が激しくなったので写真撮りに出た。 荒川土手は北風が吹き付け、ビニール傘に雪が凍りつく。 吹雪にも関...

» 続きを読む

|

2018年1月16日 (火)

今日は誕生日。祝いメールは企業の営業ばかり。運は低迷しているが明けない夜はない。そろそろ夜明けを迎えそうだ。18年1月16日

今日は73回目の誕生日。昨日までの厳しい寒さは緩み、日中は12,3度まで上昇との予報。いつもの習慣で過去の誕生日の日記を読んだ。 ・・・去年の誕生日。 今朝、...

» 続きを読む

|

2018年1月14日 (日)

正月は36年前の早坂暁作「夢千代日記」の再放送を見た。18年1月14日

早坂暁氏は去年暮れ12月16日、腹部大動脈瘤破裂で急死された。享年88歳。 NHKでは氏を偲んで「夢千代日記」を再放送した。音楽は武満徹。主演と語りは吉永小百合...

» 続きを読む

|

2018年1月 2日 (火)

朝生での村本大輔氏のとんでも発言。彼のような無知なロマンチストによって日本国民は危険に晒される。18年1月2日

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏(37)がテレ朝討論番組「朝まで生テレビ元旦スペシャル」に出演した。村本氏は、尖閣諸島問題では侵略されたら白旗...

» 続きを読む

|

«今年こそ、と願っているが期待はない。2018年元旦