2024年4月22日 (月)

富の偏在こそ不都合な真実。2024年4月22日

富は海水のようなもの 飲めば飲むほど のどが渇く・ショーペンハウアー。富の偏在を解消すれば、労働に対する報酬のバランスがとれる。エネルギー生産も適切化して排炭...

» 続きを読む

|

2024年4月21日 (日)

昔は良かったは間違っている。今の方がずっといい。2024年4月21日

絵のモデルの家の主人は船酔いがひどい漁師だった。彼の家は船大工が建てたもので、丸ごと転がしても壊れないくらい、恐ろしく頑丈に作られていた。彼は辛い漁に出ないで...

» 続きを読む

|

2024年4月20日 (土)

日米のホームレスの違い。2024年4月21日

5年前の桜吹雪の中ですれ違ったホームレス。一瞬目が合った。傲然とした野太い顔だ。私は彼らを自由採取民と呼んでいる。子供の頃は浮浪者と呼んでいた。「浮き漂う浪人...

» 続きを読む

|

2024年4月19日 (金)

頑張れ習近平主席。貴方がいたら日本は安泰だ。2024年4月19日

習近平主席は反日反米を貫き、今の地位で頑張ってほしい。彼は密かに技術を盗んで経済支配を達成すれば良かったのに「米国を叩き潰して世界の覇権を取る」と宣言してしま...

» 続きを読む

|

2024年4月17日 (水)

広島原爆投下下での本因坊戦。2024年4月17日

広島原爆が投下された下での橋本本因坊と挑戦者岩本七段の本因坊戦。場所は爆心地から8キロ離れた五日市町吉見園。対局中、グラマン戦闘機の機銃掃射が対局場の屋根に当...

» 続きを読む

|

2024年4月16日 (火)

愉快なスマホ仲間たち。2024年4月16日

先日、上野へ花見に行こうと埼京線に乗ると空席があった。私が腰掛ける寸前、若者が猛突進して来て横滑りに腰掛けた。思わず私は彼に抱っこされそうになった。危うく踏み...

» 続きを読む

|

映像の世紀・ノルマンディー作戦と日本本土決戦との関係。2024年4月16日

昨夜の「映像の世紀」はノルマンディ上陸作戦。連合国戦死者4500人。連合国爆撃によるフランス民間人死者35000人。兵士死傷者数は作戦立案者の推計を遥かに下回...

» 続きを読む

|

2024年4月13日 (土)

消えた桜。2024年4月13日

消えた桜。三陸大地震の翌月に撮った。この桜は数年後に全て植え替えられ、今はささやかな花見ができるまでに成長した。 今朝ベランダに出ると、舞い上がった花弁が散っ...

» 続きを読む

|

ウエディングフォト 2024年4月13日

丸の内の楽しみはウエディングフォトのロケ見物だ。戸惑い照れながらカメラマンの恥ずかしい要求に従順な新郎と、ただ美しさに陶酔している新婦の対比が実に面白い。...

» 続きを読む

|

2024年4月12日 (金)

花の夢。2024年4月12日

階段を先行くきみの足白し 日暮れてスーパーへ買い物へ出た。精肉売り場で若い男女が牛肉を選んでいた。これからすき焼きでもするらしい。買い物かごにはネギな...

» 続きを読む

|

2024年4月11日 (木)

燕が古い去年の巣に営巣を始めた。2024年4月11日

エレベーターホールの古い巣で、若い燕が営巣をはじめた。去年、その巣から無事に巣立った子供だと思う。巣の下がフンで汚れないようにの防水紙を貼った。それを人任せに...

» 続きを読む

|

2024年4月10日 (水)

桜の昭和27年小学校入学式。2024年4月10日

昭和27年、桜満開の小学校入学式。歓迎の門は菜の花とレンゲの花で縁取られていた。母は質屋に入れてあった晴れ着を受け出して着ていた。私はダブダブの学生服と帽子...

» 続きを読む

|

2024年4月 7日 (日)

桜の頃に思い出すこと。2024年4月7日

 山の動物たちの花見の宴。初期の作品だが桜が咲くとこの絵を思い出す。山猫はほら話を自慢げにみんなに聞かせている。山犬は大酒を煽りながら楽しそうに頷いている。鹿...

» 続きを読む

|

2024年4月 5日 (金)

千鳥ヶ淵で花見した。桜を楽しんでいなかった中国美人。2024年4月5日

世界的に「将軍」が大ヒットしている。殊に登場する戦国の女性たちの凛とした美しさが絶賛されている。女性の美しさは容姿だけではない。むしろ、内面の魅力が重要だ。例...

» 続きを読む

|

2024年4月 3日 (水)

スティーブ・ジョブス最後の言葉。2024年4月4日

スティーブ・ジョブス最後の言葉「私はビジネスの世界で成功の頂点に君臨した。 他人の目には私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、仕事以外は喜び少な...

» 続きを読む

|

2024年4月 2日 (火)

桜は胸騒ぎがするほど好きだ。2024年4月2日

夜の浮間が池付近。ときおり近所の猫が遊びに来る。人恋しいのか声をかけると「ニャー」と擦り擦りしてくる。画面の左手奥に板橋区の旧荒川沿いの河岸段丘が残っている。...

» 続きを読む

|

2024年4月 1日 (月)

乙姫橋と初代ゴジラ。かって死は禍々しいものではなかった。2024年4月1日

男はつらいよ・寅次郎の青春・舞台は郷里隣の港町油津。冒頭にアーチ式石造りの乙姫橋が登場する。昔は油津と郷里を結ぶ重要な橋で、この周辺の街は賑わっていた。今はバ...

» 続きを読む

|

2024年3月31日 (日)

小林製薬の紅麹事故につき。2024年3月31日

小林製薬・紅麹事故は残念。それでも紅麹で豆腐を発酵させた紅腐乳や沖縄の豆腐ようは大好物だ。伝統食は今回のようなミスを数限りなく犯して完成した。小林製薬の事故は...

» 続きを読む

|

2024年3月30日 (土)

スクランブル交差点は人種の坩堝。2024年3月30日

金曜は午後から20度超え。少し汗ばみながら渋谷へ出かけた。スクランブル交差点は楽しい。1時間立っていても退屈しない。周りから聞こえてくるのは外国語ばかり。...

» 続きを読む

|

2024年3月29日 (金)

ひこうき雲の思い出。2024年3月29日

飛行機雲を見上げると「花嫁は夜汽車に乗って」の吉田拓郎の曲を口ずさんでしまう。それは53年前の彫金修行時代の冬の朝、アパートを出て仕事場へ歩いている時のことだ...

» 続きを読む

|

2024年3月28日 (木)

人は死ぬ前に体が透き通る。2024年3月28日

昨日は朝から青空、桜開花を期待して丸の内へ行った。しかし、雲がかかって風は冷たく桜は無理だ。和田蔵門噴水公園のスタバに入ってアーモンドミルクを注文。部屋隅の空...

» 続きを読む

|

2024年3月27日 (水)

縄文から続く日本の民度。2024年3月27日

伝統的な祭囃子はいい。連綿と続く歴史に身を委ねている安らぎを覚える。かっては人生は自分だけのものではなく、一族の一部として考えた。だから自分の死の先に一族の生...

» 続きを読む

|

2024年3月26日 (火)

霧雨の中いつの間にか柳が芽吹いていた。2024年3月26日

祖母は5月1日、父は6月1日に死んだ。母に「7月1日に死んでくれたら覚えやすいよ」と冗談で話していたら本当に7月1日に死んでしまった。その調子なら、私はエープ...

» 続きを読む

|

2024年3月24日 (日)

政治はロックンロール。2024年3月24日

絵はプレスリーの伝記に発想した。「映像の世紀・最強の女性判事女性たち」の録画を見た。女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの活動、男女平等は当然だ。しかし、そ...

» 続きを読む

|

2024年3月23日 (土)

プレスリーの伝記。2024年3月23日

いつもの駅に着いても目を覚まさなかった。彼女は夢の中で思った。「今、辛いと思っていることは 大したことじゃないのかもしれない。先のことは考えないことにしよう」...

» 続きを読む

|

2024年3月22日 (金)

夢はダークな欲望を示すので人に話さない方がよい。2024年3月22日

夢の話は人にしないほうがいい。夢にはダークな欲望が隠されている。だから人の夢の話も聞かないほうがいい。相手に邪な夢解釈をすることになるからだ。この絵は7年前に...

» 続きを読む

|

2024年3月21日 (木)

雨キャンプを楽しんだ頃。奇跡の惑星地球。2024年3月21日

寒い雨キャンプを想像すると気持ちよく眠れる。10代の頃、2×3mほどのビニールを手に入れて雨キャンプを計画した。沢筋の巨石の間に流木で骨組みを作りビニールを張...

» 続きを読む

|

2024年3月20日 (水)

惑星ソラリスと東京直下型地震。2024年3月20日

タルコフスキー監督1972年「惑星ソラリス」ソ連。映画は2002年に米国でジョージ・クルーニー主役でリメイクされた。彼はER緊急救命室でデビューした。今、彼は...

» 続きを読む

|

2024年3月17日 (日)

時間は変化した量だ、変化がない時間は早く過ぎる。映画「望郷」2024年3月17日

今日は荒川河川敷でのマラソン大会。昨日土手道を散歩するとコース脇に仮設トイレや給水所などのテントが建っていた。その光景に、先月あたりに眺めたような既視...

» 続きを読む

|

2024年3月16日 (土)

大塚の眼科へ緑内障の定期検診に行った。ケムンパス。2024年3月16日

15日に神棚の榊と仏壇の花を新しくした。30年前から仏壇のロウソクの燃え残りを15cmほどの木製容器に溜めている。今溜まっている燃え残りは容器の5分の1ほど。...

» 続きを読む

|

2024年3月15日 (金)

石鹸・シャンプーなし、シャワーと入浴だけの健康結果。2024年3月15日

絵・30年昔の作品。個人蔵「長いテーブルの物語」ビーフシチューを食べる肉食うさぎと、何も考えないチューリップ頭と、タロットをする女神。 湯船に肩まで浸かり、シ...

» 続きを読む

|

2024年3月13日 (水)

風雨の中買い物へ出た。中国新幹線の闇。2024年3月13日

夜、強い風雨の中買い物へ出た。傘は役に立たずズボンが濡れた。スーパーの入り口で傘カバーを取ると3枚重なっていた。その時、女の子が私の横から手を伸ばしたので彼女...

» 続きを読む

|

2024年3月12日 (火)

1確定申告の帰り、丸の内へ行くとウエディングフォトの新婦が母乳の香りがした。2024年3月12日

確定申告。私の収支は小規模なので作成に時間はかからない。しかし、去年と書式が変わり、取引先の記入欄が加わっていた。それと収入総計が何度計算しても1万ほど食い...

» 続きを読む

|

2024年3月 9日 (土)

スマホとドーナツと百均とコーヒーの密接な関係。2024年3月9日

世界的な漫画家・鳥山明氏が68で亡くなった。歳を重ねるに従い訃報を聞くのが辛くなった。無意識に自分と照らし合わせてしまうからだ。生きているのは楽しい。だから死...

» 続きを読む

|

2024年3月 8日 (金)

ニューヨークタイムズ現代日本評。2024年3月8日

株価4万越えに対し「30年かけてバブル期を越えただけだ。今も日本は貧乏でダメな国家だ」経済評論家が罵っていた。一方、ニューヨークタイムズは今の日本を好意的に論...

» 続きを読む

|

2024年3月 7日 (木)

私を守り助ける7人の霊。絵描きとイラストレーターの違い。2024年3月7日

絵描きとイラストレーターの違い。最も重要な違いは絵描きは営業をしない。対してイラストレーターは営業がてきる。絵描きはテーマを自由に選ぶが、イラストレーターはク...

» 続きを読む

|

2024年3月 6日 (水)

アート性をなくしたが儲かってしまったバンクシー。2024年3月6日

散歩帰りに信号待ちをしていたらビーフシチューの香りが漂ってきた。「昔はよく作っていた」と懐かしく思い返した。青信号で道を渡るとグループ音楽活動をしている若いO...

» 続きを読む

|

2024年3月 4日 (月)

地震保険の査定について。2024年3月4日

三陸大震災の折、東京なのに地震保険は半壊認定で150万もらった。何故そうなったのか今だから話せることがある。大震災の後、お隣の奥さんが地震保険について話してい...

» 続きを読む

|

2024年3月 3日 (日)

世間は大勢の死んだ人たちの心に溢れている>2024年3月3日

79歳に入ってから30日。冬日差しのような穏やかな心境ではない。画像のような寒い雨の心境だった。確かなことは誰が死んでも、世間は普通に回り続けていることだ。だ...

» 続きを読む

|

2024年3月 2日 (土)

やばかったアパートの管理。2024年3月2日

赤羽の昔住んでいた辺りの公園を訪ねた。風に微かに春の気配を感じた。住んでいた丘を遠く眺めていると昔のことが蘇った。昔、短期間だけ、遠方へ引っ越した知人から頼ま...

» 続きを読む

|

2024年2月25日 (日)

ホームセンターとスーパーは楽しい。2024年2月25日

基本Eテレ日曜美術館は見ない。今日偶然に見ると日本画画家が自然を描く苦労を延々と語っていた。制作過程や作品を眺めていたら、一つだけハッと見入ってしまった。よく...

» 続きを読む

|

2024年2月24日 (土)

1964年厳冬、網走への旅。2024年2月24日

「タイあたりに旅行へ行ってこい」友人が50万くれた。「日光アレルギーがあるから南国はだめだ。網走の流氷見物なら行ってもいい」「だめだ、海外旅行へ行け」「いや...

» 続きを読む

|

2024年2月23日 (金)

意識は自分の死を認識できないので自分の死は存在しない。2024年2月23日

少なくとも宇宙は二つある。自分の外にある形而下の宇宙と自分の意識にある形而上の宇宙だ。もし意識を解明できたら、人は永遠の生を得て、死から解放される。子供の頃、...

» 続きを読む

|

2024年2月19日 (月)

究極の人の救い、サードマン現象。2024年2月19日

老朽化したロシアの宇宙ステーション・ミール。乗組員はロシア語ができない米国人宇宙飛行士ジュリーと英語の話せないロシア人二人。彼らはガラクタ宇宙ステーションで五...

» 続きを読む

|

2024年2月17日 (土)

映画「野菊の如き君なりき」考 2023年5月17日

"待つ人も 待たるる人も かぎりなき 思ひ忍ばむ 北の秋風に"「野菊の如き君なりき」1955年木下恵介監督映画のタイトル併記の短歌。原作は伊藤左千夫「野菊の...

» 続きを読む

|

2024年2月16日 (金)

渋谷スクランブル交差点は、エネルギッシュな舞台のように感じた。2024年2月16日

午後、錦糸町へ出かけて出版社と会った。錦糸町は30年ぶりだ。その頃、駅近くで友人が歯科医院を開業していた。治療をしてもらった後、毎回友人は錦糸町の過激なキャバ...

» 続きを読む

|

2024年2月13日 (火)

近松門左衛門「大経師昔暦」の映画化作品、溝口健二「近松物語」2024年2月13日

昭和29年・溝口健二「近松物語」おさんと茂兵衛の姦通事件の時、近松は浄瑠璃作者としてデビューした30歳。魂を揺り動かす事件だがすぐに戯曲化しなかった。「大経師...

» 続きを読む

|

2024年2月11日 (日)

1993年バブル崩壊時の48歳私。2024年2月11日

1993年バブル崩壊が始まった48歳の頃に私が下げていたバック。とにかく私を覚えて欲しくて目立つバックを自作した。おかげで業界では一発で覚えてもらえた。赤羽台...

» 続きを読む

|

2024年2月 9日 (金)

昭和7年20歳。母は熱い九州女だった。2024年2月9日

昭和7年20歳。母は「花と龍」に登場するような熱い九州女だった。その頃、久留米から上京して浅草などへ行くと「いつぞやはご厄介になりました」と地回りが飛んでき...

» 続きを読む

|

2019年2月高崎線、化粧気なしの18歳くらいの少女。2024年2月9日

2019年の今頃、高崎線車内で見かけた化粧気なしの18歳くらいの少女。着慣れていない青ベルベット正装に菓子箱を持っていた。大切な所へ挨拶に行くところかもしれな...

» 続きを読む

|

«雪の朝 紅さす君をまぼろしに 2024年2月7日