2022年8月15日 (月)

お盆には様々なことを思い出す。2022年8月15日

11日は雲が広く抜けて、満月が見えた。台風の前触れの涼しい風が夏の草原を吹き渡り、葉擦れがザワザワと心地よかった。人工の光が一切ない広大な荒川河川敷を、月の光が...

» 続きを読む

|

2022年8月11日 (木)

立秋過ぎてツクツクホーシ。東中野でシュールストレミング試食イベント。鉱石ラジオ世代と東久留米FM局。2022年8月11日

台風になりかけた熱帯低気圧が、日本列島南海から東北方向へ一気に東京へ向かっている。その影響で風が強く散歩が心地よい。土手道から下る階段では、体が持ち上げられるほ...

» 続きを読む

|

2022年8月 9日 (火)

愛子さまのティアラ辞退を悪用するマスコミのポピュリズムは日本文化を衰退させる。2022年8月9日

愛子さまのニュースを目にした。愛子さまは、成年儀式や行事に臨む際、自分のティアラを新調せず、天皇陛下の妹、黒田清子さんのティアラを借りて着用された。それに対する...

» 続きを読む

|

2022年8月 7日 (日)

人生の逆張りは我が家の伝統だ。私もその血に翻弄されながら終わりを迎えそうだ。2022年8月7日

両親共に人生の逆張りが大好きだった。母は一本気に世間に逆らっていた。父はチマチマと利益追求するくせに、大事なところで逆張りして大失敗していた。母一番の逆張りは、...

» 続きを読む

|

2022年8月 6日 (土)

癌になりやすい体質は、恋の悩みに似ている。2022年89月6日

最近、仕事をしながら、パソコンでFM放送を聴いている。聞き始めたきっかけは、知人が「TOKYO854クルメラ」でパーソナリティをしていると知ってからだ。ラジオを...

» 続きを読む

|

2022年8月 3日 (水)

猛暑の中でのノスタルジー。2022年8月3日

海外に永住している人たち。例えば、南米でジャングルを開梱して苦労の末の成功。そのような人たちは、とても共感できる。欧米へ結婚して移住した人。日本で仕事などで失敗...

» 続きを読む

|

2022年7月29日 (金)

本当は99%の人が幸福なのに、それに気づいていない。2022年7月29日

「幸せは気づかない間に過ぎて行く」大多数の人は「まさか、そんなはずはない」と否定するだろう。そう感じるのは仕方がない。幸せを感じるには、心身ともに健康でないと無...

» 続きを読む

|

2022年7月25日 (月)

旧友がコロナ感染した。電子図書絵本「おじいちゃんのバス停」を出版した。2022年7月25日

旧友から電話があった。6月末にコロナに感染し、やっと回復して電話する気力が戻ったようだ。感染したのはコロナ変異型で、これは感染力が激烈なので感染源は特定できない...

» 続きを読む

|

2022年7月18日 (月)

緊急・今話題の朝日川柳は密かな安倍元総理追悼の賛辞だった。2022年7月18日

今、この七つの川柳が政治的に利用されていることを憂えている。ひねりも何もない駄作揃いと言う人が多いが、深い意味が隠された秀作揃いと私は思っている。そこで、西木空...

» 続きを読む

|

2022年7月 9日 (土)

安倍元総理銃撃・暗殺の背景。2022年7月9日

様々なニュースが次々と流れるが、どれも真相から外れていている。そのような時は、Twitterなどの書き込みを見る。99%はガセネタだか、1%に真相に迫るヒントが...

» 続きを読む

|

2022年7月 6日 (水)

酷暑の中、死への考察、コロナ、戦後レジーム、映像の世紀の女性活動家たちが学んだ合気道、などを思い返した。2022年7月6日

50歳を過ぎたあたりから、死をどのように迎えたらよいか、常に思っている。しかし、これから先も結論は出ないだろう。あえて言えば「死は荘厳な究極の否定」。古来、多く...

» 続きを読む

|

2022年7月 1日 (金)

赤羽夏景色。酷暑の中、12回目の母の命日を迎えた。2022年7月1日

今日は12回目の母の命日。以前、母が死んだ時間はとても暗かったと書いたら、読者から「曇っていましたけど、外は明るかったですよ」と、好意的に指摘された。私は部屋を...

» 続きを読む

|

2022年6月29日 (水)

映像の世紀・キューバ危機は当時の緊迫感が胸に迫った。梅雨明けに、丸の内で四川料理をご馳走になった。2022年6月29日

月曜の"映像の世紀"はキューバ危機だった。当時、17歳の私は政治的関心は強かったのに、米国の暗号名“HERO”と呼ばれたスパイ、ペンコフスキーの存在を知らなかっ...

» 続きを読む

|

2022年6月10日 (金)

孤独死は年々若くなって行く。私のコロナ後も大きく変化した。2022年6月10日

傍のテレビで「若い孤独死」を取り上げていた。最初はワンルームマンションでの孤独死。1ケ月を経て発見されたのは43歳男性。大手企業・系列会社勤めで生活は安定してい...

» 続きを読む

|

2022年5月31日 (火)

映像の世紀「テレサ・テン」は失敗。現代日本は全国民が心地よさを追求した結果生まれた。2022年5月31日

映像の世紀「テレサ・テン」は期待はずれで、テーマ曲「パリは燃えているか」は上滑りしていた。前回「"パリは燃えているか"は人の愚かさを露わにする」と書いた。切れ味...

» 続きを読む

|

2022年5月25日 (水)

映像の世紀・スターリンとプーチン。テーマ曲「パリは燃えているか」は人の愚かさを露わにする。2022年5月25日

プーチンによる合理性を欠いたウクライナ侵攻は分かりにくい。「NHK映像の世紀・スターリンとプーチン」は特異で、現指導者プーチンをテーマにしていた。そのことに、寺...

» 続きを読む

|

2022年5月14日 (土)

夜道の一人歩きでは、決して振り返ってはならない。死は、幾度も折り合いをつけながら受け入れてしまう。2022年5月14日

雨に濡れた夜の道は、白く光って死出の道のようだ。先に逝った人たちは、そのような死出の道を一人寂しくあの世へ旅立って行った、と思っていた。しかし先日、夢の中で母と...

» 続きを読む

|

2022年5月 7日 (土)

Nスペ「東京ブラックホール」バブル崩壊は何だったのか。世の中は地獄の上の花見かな・一茶 2022年5月7日

1日・NHKスペシャル「東京ブラックホール」はバブル世代には切ない番組だった。物語は山田孝之演じる現代の若者がバブル時代にタイムスリップすることから始まる。それ...

» 続きを読む

|

2022年4月30日 (土)

宝船オブジェで仕事部屋に運気を招く。ロシア・ウクライナ侵攻と比べ、中国・台湾侵攻は難しい。2022年4月30日

瀬戸内海は都市排水浄化が行き過ぎて、必要な栄養分が不足している。その結果、プランクトンや海藻の成長が悪くなり、漁獲高も減っている。地元の研究機関では、都市排水の...

» 続きを読む

|

2022年4月15日 (金)

ウクライナに日本の地政学的状況を重ねる。宇宙船コックピットみたいな仕事場は楽しい。2022年4月15日

ロシア黒海艦隊旗艦「モスクワ」がウクライナ製地対艦ミサイルに撃沈された。このミサイルはソ連時代のミサイルの改良型ネプチューンだ。攻撃に際して米国軍事衛星情報が提...

» 続きを読む

|

2022年4月 8日 (金)

一瞬で過ぎ去った、千鳥ヶ淵の桜を夢のように思い出す。2022年4月8日

数日続いた寒い雨に桜は散り始めた。花見は近所で我慢していたが、4月2日土曜、朝から暖かく晴れたので、千鳥ヶ淵へ出かけた。例年の花見は新宿御苑の後、九段下・千鳥ヶ...

» 続きを読む

|

2022年3月31日 (木)

「願えば叶う」を量子物理学が証明。映画マレーナ役のモニカ・ベルッチは最高に美しい。美味しい餅菓子。 2022年3月31日

量子力学の二重スリット実験はとても不思議だ。量子を一個ずつ二重スリットへ発射すると、誰も見ていない場合は量子は波として振る舞い、二重スリットを通過後に干渉縞を作...

» 続きを読む

|

2022年3月24日 (木)

ウクライナ戦災の中で閉鎖寸前お台場ヴィーナスフォート「有吉を笑わせろ」は哀愁があった。50年以上使い続けた国産品。2022年3月24日

ゼレンスキー大統領の国会演説は全文翻訳を後で読むことにした。山東昭子議員の演説が始まったのでチャンネルを変えた。こんな時は世相に流されない12チャンネルとEテレ...

» 続きを読む

|

2022年3月18日 (金)

欧米とロシアの国益を考えれば、ウクライナ事変の行く末が見える。2022年3月17日

報道はロシア・プーチンによるウクライナ侵攻一色になってしまった。この戦争で連想するのは、大阪市北区の心療内科クリニック放火殺人事件だ。例えれば、プーチンは放火殺...

» 続きを読む

|

2022年3月11日 (金)

マスコミや政府が絶対に言えない、ロシア・プーチン対策とウクライナ侵攻の解決。震災記念日に日本人を想う。2022年3月11日

西側が密かに検討している、プーチン政権崩壊とウクライナ問題の速やかな解決方法がある。専門家ほど、道義・正義などの綺麗事ではウクライナ問題は解決しないことを熟知し...

» 続きを読む

|

2022年2月27日 (日)

ロシア、ウクライナ侵攻で突きつけられた日本国憲法・第九条の矛盾。鎌倉殿の13人はおもしろい。2022年2月27日

まさか、ウクライナをロシアが本気で侵略するとは思っていなかった。経済合理性で考えればまったく利益はないのに、やってしまうところが強権国家の怖いところだ。しかし、...

» 続きを読む

|

2022年2月13日 (日)

量子力学・エンタングルメント=量子もつれ現象に神の存在を感じる。10日初午・雪の王子稲荷。ウクライナ危機の行方。2022年2月15日

量子のもつれ=エンタングルメント現象は量子コンピーターや半導体開発に必須の重要原理だ。その初期応用例が1957年の量子トンネル効果の江崎ダイオードだ。発明者の江...

» 続きを読む

|

2022年2月 4日 (金)

北京冬のオリンピック開会式。占いの功罪と上手な利用方法。2022年2月4日

開会式は、可能な限り去年の東京オリンピックの記憶と先入観と偏りを排除して観た。PCR検査で厳選された観客は隔席にほぼ埋まっていた。会場の大型スクリーンに映し出さ...

» 続きを読む

|

2022年1月29日 (土)

ふじみ野市・在宅医療の人情医師殺人事件と、グリーフケアに記された死別後悲嘆との重い関係。早くからの心のケアで事件を防止。2022年1月29日

渡辺宏容疑者66歳の散弾銃によって犠牲になった医師の鈴木純一さん44歳のクリニックは、ふじみ野市、富士見市、三芳町の在宅患者の8割・約300人を診ていた。24時...

» 続きを読む

|

2022年1月26日 (水)

非言語コミュニケーションについて。中国・社会信用スコアの恐ろしさ。世界のオペラ歌手比較。2022年1月27日

オミクロン株が猛烈に激増している。不謹慎だが、このまま激増を続ければピークアウトは今月末か2月頭で、日本経済のダメージは小さくて済む。私は近く、三度目のファイザ...

» 続きを読む

|

2022年1月17日 (月)

16日は誕生日で喜寿を迎えた。老後は何も考えず、日々をしっかりと楽しもうと思っている。2022年1月17日

深夜、荒川土手へ散歩へ出かける。月明かりの広大な河川敷ゴルフ場が美しい。今夜は満月の前々日。足元の月影を眺めると、子供の頃の影踏み遊びを思い出す。土手道は凍える...

» 続きを読む

|

2022年1月13日 (木)

渋谷区・焼き肉店立てこもり犯と森鴎外短編・高瀬舟の罪人喜助。天然コロナワクチン化したオミクロン株。2022年1月13日

渋谷区代々木の焼き肉店に立てこもった28歳青年は「生きる目標がなくなりました。警察に逮捕され死刑なろうと思いました」と語っていた。しかし、人質の店主は無傷で、事...

» 続きを読む

|

2022年1月 1日 (土)

新年あけましておめでとうございます。さて、今年の日本EVの行方と、テスラ社イーロン・マスクの野望。2022年1月1日

年末年始、テレビは見ない。しかし、行く年来る年の中継は好きなので毎年見ている。今年の北国の寺院は、大寒波で雪が深い。背景に流れる梵鐘の音色が心に染み入る。こころ...

» 続きを読む

|

2021年12月30日 (木)

2021年暮れ、月日は深い陰影を残して去って行く。2021年12月29日

28日に年賀状は出し終えた。最終的に喪中につき年賀状欠礼の通知が10通届いた。今まででは最多で、来年はさらに増えるだろう。毎年、年賀状を減らす工夫をしている。先...

» 続きを読む

|

2021年12月20日 (月)

セーターの虫食い穴を毛糸継ぎで簡単綺麗に変身させた。2021年12月20日

40年愛用のセーターが虫食いで盛大に破損。廃棄寸前だったが日本伝統の金継ぎに習い、毛糸継ぎで抽象的に修復し、新デザインに変身させた。これは自然の虫と私が協力して変身させた作品だ。方法は簡単。あえて花とかキャラクターなどにせず、抽象的表現で、古セーターは斬新に変身した。

» 続きを読む

|

2021年12月 9日 (木)

2030年までに日本は半導体少量生産システム(ミニマルファブ)で大逆転。メルケルが犯した大きな誤り。2021年12月9日

80年代初頭から10年ほど続いた日米半導体摩擦で、日本は屈辱的な不平等条約を米国から押し付けられた。そして日の丸半導体は壊滅し、営々と築き上げた最先端技術は隣国...

» 続きを読む

|

2021年11月27日 (土)

日本ダメダメ論と、アップル・ストアの対応への不満。2021年11月27日

米国心理学会の試算では、職場のストレスによって失われるコストは年間5000億ドル。失われる就業日は5兆5000億日。職場で起こる事故の60〜80%がストレス起因...

» 続きを読む

|

2021年11月21日 (日)

日本人のルーツ。少子高齢化日本は地球温暖化防止で最先端。原発停止は再稼働より危険。2021年11月21日

アフリカで生まれた人類は北進して、ユーラシア大陸で東西に分かれた。東進したグループは、中国奥地でさらに南北に分かれ、北へ分かれた種族は東進し、日本に到達して縄文...

» 続きを読む

|

2021年11月10日 (水)

ディズニーランド、コロナから再開、日本のランドは世界最高だ。2021年11月10日

エレクトリカルパレードの動画は、最高に美しくて楽しい。白雪姫などを演じいる外国人スタッフも、手を抜かず一生懸命なのが伝わって嬉しい。その動画に対して「再開したパ...

» 続きを読む

|

2021年10月31日 (日)

もし、日本が存在しなかったら、極東アジアはどうなていたか。2021年10月31日

隣国・C国のSNS上で「もし、日本が存在しなかったら、極東アジアは今よりずっと早く発展して、平和で素晴らしい世界一の近代国家が花開いていた」と盛り上がっていた。...

» 続きを読む

|

2021年10月23日 (土)

たとえ経済低迷でも、日本は穏やかで清潔で、心地よい国だ。2021年10月23日

仕事の経歴を見て、私は裕福だと誤解している人が多い。実際は、先のない後期高齢者の上、低所得者用の安い公営住宅住まいだ、国民年金は、一部支払いなので、生活できる額...

» 続きを読む

|

2021年10月13日 (水)

中国バブル崩壊が、いよいよ始まりそうだ。2021年10月13日

習政権は第二の文化大革命を起こそうとしている。破綻寸前の中国最大級の不動産グループ恒大集団を、政府は助けない方針のようだ。これまでのこのケースでは、政府は湯水の...

» 続きを読む

|

2021年9月30日 (木)

中国は歴史的な激動を始めた。ひろゆき氏の福島産農水産物への逆張り炎上手法。2021年9月30日

習体制は毛沢東時代の共同富裕を掲げ、体制を大きく軌道修正して激動し始めた。これまでは極端な貧富の差を生む、全体主義的な資本主義により、驚異的経済発展を遂げてきた...

» 続きを読む

|

2021年9月22日 (水)

世界一のガラパゴス国家日本の功罪。丸の内仲通りでの結婚カップル。2021年9月22日

日本がガラパゴス化した原因の一つは、災害大国であることにある。日本の災害被害は金額ベースで世界の25パーセントを占めている。災害が起きれば電気などのインフラは止...

» 続きを読む

|

2021年9月 8日 (水)

菅総理1年の隠れた功績と、総裁選の展望。2021年9月8日

マスコミが無視する菅総理の功績を以下に記す1-収容土地利用規制法。外国人による重要地点の土地取得禁止。自衛隊や原発などの重要地点周辺の、中国韓国による土地取得が...

» 続きを読む

|

2021年9月 6日 (月)

パラリンピック閉会式は素晴らしくて、「参ったな」と呟いてしまった。2021年9月6日

自分から言うのは恥ずかしいが、アートの鑑賞に関して目は肥えている。だから、どんなに前評判が良い出し物でも、気に入らなかったら辛口評価してしまう。しかし、今回の2...

» 続きを読む

|

2021年9月 3日 (金)

仏典・観無量寿経で説く人生は飛び続ける鳥のようなもの。着地点を天国と信じる人は幸せ。地獄と思う人は不幸。2021年9月2日

人生の目的は、幸せを感じることにある。最悪の結果を生む自殺であっても、幸せを求めた結果だ。成功した人は、健康な長生きを目指す。人の寿命は125歳あたりが限界とさ...

» 続きを読む

|

2021年8月26日 (木)

パラリンピック開会式は高評価。GDP等経済指数は物の豊かさで幸福度とは連動しない。2021年8月26日

荒川土手上空には、東京一広い空が広がる。22日の満月は「君の名は」冒頭の夜空のように見事だった。流れる雲に、円形に囲まれた夜空中央に、青白い満月と木星、土星が輝...

» 続きを読む

|

2021年8月20日 (金)

日差しは強いが、空は秋めいてきた。新宿東口、巨大三毛猫。2021年8月20日

外は強い夏日差しだ。ベランダから玄関へ、乾いた風が吹き抜ける。雨の一昨日までは湿度90%を振り切って、何もかもじっとりと重苦しかった。今日は湿度60%を切って、...

» 続きを読む

|

2021年8月16日 (月)

オリンピックを終えて見えたこと。日本は二つの敗戦によって文化的な成熟を選んだ。2021年8月16日

経済視点だけなら、利潤を得られなかった今回のオリンピックは大失敗だった。しかし、文化視点で見れば、間違いなく成功だった。開会式で心に残っているのは、青と白に色分...

» 続きを読む

|

«東京オリンピックのフェイクニュース。「天城越え」「映像の世紀・パリは燃えているか」優れた音楽は真実や情熱を蘇らせる。2021年8月3日