« 届くメールは詐欺ばかり。 2003年4月6日 | トップページ | メロドラマとお昼の支度    2003年4月7日 »

2006年9月22日 (金)

桐ヶ丘の桜。2003年3月30日

暖かい休日で、赤羽自然観察公園は花見の客が多く、人混みを敬遠したのか常連は少なかった。自然公園の母の散歩は早めに切り上げ帰路についた。帰りは桐ヶ丘生協で買い物をして、桐ヶ丘団地を抜けた。住人の大半は長く住む老人で、小さな古い建物が豊かな緑中に建っている。旧軍施設跡なので桜の古木も多い。

団地は起伏が多く、丘を越える都度、古い石垣の上に桜の枯木が咲き誇る。新緑を背景に咲く桜は息をのむ美しさだ。記憶を辿っても、これ程見事な桜は思い出せない。しかし、花見に歩く人は皆無で、その静寂さが更に桜の美しさを純化させている。

路上に花が軸ごと落ちている。花が散るには早すぎるので、母の車椅子を止め桜を見上げると、スズメたちが楽しそうに桜の花の蜜を吸っては一輪づつ落としていた。人が枝を折ることと比べ、スズメたちの悪戯は可愛い。
桐ヶ丘から坂を下り、旧国立王子病院下の桜並木へ出た。いつもは静かな桜並木だが、桜の期間中は、ぼんぼりが飾られ見物人で混み合う。
北区の区花は桜で、殊に、赤羽界隈は隠れた桜の名所である。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 届くメールは詐欺ばかり。 2003年4月6日 | トップページ | メロドラマとお昼の支度    2003年4月7日 »