« 新発見のゴッホの絵。  2003年2月8日 | トップページ | 早春賦   2003年2月11日 »

2006年9月18日 (月)

ドバト    2003年2月10日

朝から冷たい雨。
駅のコンコースで鳩が餌探ししていた。
駅の鳩は飛び廻らず、人間たちの足をかわして巧みに歩き回っている。その内、ニワトリみたいに飛べない鳥に進化するのかもしれない。

自然公園へ粟やヒエを持参する。
私達が着くと、見張りのスズメが私に気付いて次々と4,50羽が寄ってくる。その後、スズメに気付いたドバトもやってくる。

スズメは決して満腹するまで食べない。
しかし、ドバトは満腹するまで食べる。もっともっとと餌をねだって私達の後ろをゾロゾロついてくる。まるでドバトの学校の先生になった気分である。

先日、駅近くの焼鳥屋で餌をねだっているドバトがいた。
焼き鳥を食べている客に餌を催促していた。

同じ鳩族でもキジバトは餌をねだらない。
草むらで1羽で黙々と餌探ししている。
私が声をかけると不思議そうに見る。そのしぐさは凛として可愛い。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Ma7

Ma_8

|

« 新発見のゴッホの絵。  2003年2月8日 | トップページ | 早春賦   2003年2月11日 »