« お富士さんと湯島天神での大祓    2003年6月30日 | トップページ | バリアフリーの地下鉄南北線を使って病院通い    2003年7月3日 »

2006年9月30日 (土)

駒込病院での初診、バリアフリーの地下鉄南北線    2003年7月2日

朝、早出をしてタクシーで母を駒込病院へ連れて行った。
病院内で迷っていると、すぐにボランティアの案内係がやってきて親切に案内してくれた。良い病院かもしれない。都の代表病院だけに概ね運営は合理的で行き届いている。しかし、通路を兼ねた待合室は狭くて車椅子を押すのに苦労した。

待ち時間は相変わらず長く2時間程待たされた。
婦人科の医長は別室に呼んだ。彼は紹介状とデーターに目を通して病気のメインが肝臓ガンと知ると、若い医師を呼んで彼を担当にした。私はその方が良いと思った。医長と話していて、私の考えを聞き入れてくれない人に思えたからだ。だから若い医師が担当になって心底ホッとした。

その後、5時間かけて沢山の検査が行われ、帰宅すると母は疲労困憊して寝込んでしまった。
駒込病院への行き帰りはタクシーを使い1万ほどかかった。次の検査は明後日。次からは安い地下鉄を使うことにした。

翌日、母の散歩を済ませてから、地下鉄の下見に出た。
明日からの事を思うと憂鬱だった。南北線赤羽岩渕駅へは緑道公園を抜けるのが近い。公園を歩いているとベンチにアベックがいた。「蚊に刺されたの・・・」女は甘えながらスカートをたくしあげて男に足を見せた。男の鼻の下を伸ばした顔が可笑しかった。私とは別世界の光景を目にしていると、何となく気分が楽になった。

赤羽岩渕駅へはエレベーターで降りた。次はエスカレーターなので、どうしたらいいのか駅員に聞いた。駅員はインターホーンで呼べばエスカレーターに車椅子を乗せられるようにセッティングしますと、丁寧に教えてくれた。

明日からは忙しくて買い物が出来ない。帰り赤羽駅前へ出て、ディスカウントの鶴亀屋で豆乳や野菜ジュース等をリュック一杯買って大汗をかきながら帰った。

|

« お富士さんと湯島天神での大祓    2003年6月30日 | トップページ | バリアフリーの地下鉄南北線を使って病院通い    2003年7月3日 »