« 師走、ビルの端に月疾走す寒の風   2003年12月6日 | トップページ | 慌ただしい母の退院    2003年12月10日 »

2006年10月17日 (火)

間違いだらけの病院ドラマ    2003年12月8日

術後、母の肺に影が出て肺炎かと心配したが、3日前に影は消え酸素吸入も外されていた。こうなると回復は早い。グングン顔色は良くなって、腹から出ていた2本のチューブも抜かれ、抜糸も終わった。

今日行くとシャワーを浴びさせてもらったとすっきりした顔をしていた。担当医からはいつ退院しても良いとに言われたようだ。退院はこちらの都合で木曜にして貰った。
退院を控え、努めて母に外に連れ出して外気に慣れさせている。今日は家から持って来たダウンのジャケットを着せて車椅子で30分程庭をぐるぐる回った。母は冷たい外気がとても気持ち良いようで、笑顔が絶えなかった。

だが、他の患者さんで外に連れて行って貰える人はいない。
今、放送中の白い巨塔では、病院庭に看護婦さんの押す車椅子や、肩を借りて歩く松葉杖の患者さんが必ず登場する。しかし、このような風景を現実に見たことはない。今まで何度も色々な病院を訪れているが、そのような風景を見たことがない。第一、この近代的な駒込病院でさえ、庭はバリアフリーではなく、段差だらけで車椅子は危険である。

夏の頃、駒込病院の庭で母の車椅子を押していると、看護婦が段差を車椅子で乗り越えられなくて困りはてていた。私はすぐに駆けつけ、彼女に代わって病棟入り口まで押して行った。新人看護婦はドラマで見た病院風景をイメージして、好意で患者さんを連れ出したのだろう。もし、このことが婦長に知られたら大目玉を食らうと思う。

病院ドラマで、手術室の入り口に手術中と赤ランプがつき、廊下の長椅子で心配そうに家族が待っているシーンがある。このシーンも私は見たことがない。大きな病院なら、専用の待合室があり、手術室のあるエリアそのものが外と隔絶されている。

診察室で家族に医師が病状をドイツ語の専門用語で話すシーンもあり得ない。今は、普通の人が理解出来る言葉で病状を話して貰える。素人でも専門用語の知識があり、解らないだろうとうっかり喋ると、患者を不必要に悩ませるだけである。

何れも、シナリオライターや演出の誤ったイメージのようだ。

|

« 師走、ビルの端に月疾走す寒の風   2003年12月6日 | トップページ | 慌ただしい母の退院    2003年12月10日 »