« 向日葵の疎らに咲ける野辺の風    2003年8月7日 | トップページ | お茶擦り器とネコ型ロボット   2003年8月11日 »

2006年10月 5日 (木)

母の元気な写真    2003年8月9日

桐ヶ丘の散歩道脇の石垣は厚く苔むしている。母の車椅子を日影の涼しい場所に置いて、冷たい石垣に寄りかかり蝉時雨を聴く。樹木が見上げるように大きく育ち、涼風の中に山の香りを感じる。

昼食後、業者がADSLのモデムを持ってきた。作業員は接続が下手である。自分ですると言ったが、それが規則らしく作業員は苦労して繋いで帰った。

すぐにインターネット接続を試みたが接続できない。原因はISDNの解約とADSLの登録をホームページでやっていなかったからだ。仕方がない、友人に電話して、niftyのHPを開き手続きをしてもらった。手続きがすむと簡単に繋がった。24メガのスピードは出ていないがISDNの10倍は早い。文字で書くとこれだけのことだが、実際は接続まで5時間を費やした。
配線がスパゲッティ状態になっているので整理をした。ついでに大掃除を始めたら夜中になってしまった。台風の影響で生暖かく汗ばんで気持ちが悪い。現在30度湿度80%。不要になったISDNのモデムは捨てた。ISDNの名称も、すぐに死語になることだろう。

大容量送信を試そうと母を撮った10メガの動画をメール添付で姪に送った。母が元気な頃の、リハビリで歩いている姿を撮ったものだ。後ろ向きに歩きながら撮っていると、「転んじゃうよ」と母が言った。このフレーズは懐かしい。4,5歳の頃、遊んでいる私に、母はよくそう言っていた。
私のホームページも開いてみた。重い写真日記がサクサク開いた。中に元気な頃の母の姿があった。これから、肝臓ガンの手術がある。もう一度写真のように散歩をさせやりたい。

|

« 向日葵の疎らに咲ける野辺の風    2003年8月7日 | トップページ | お茶擦り器とネコ型ロボット   2003年8月11日 »