« 電動ブラシとヒキガエル    2003年9月3日 | トップページ | 母の肝臓ガン  2003年9月6日 »

2006年10月 8日 (日)

モネとツクツクホーシ    2003年9月4日

昨夜、深夜放送でモネ特集を見た。
目覚めると好天で光溢れ、モネの世界の延長にいるような気がした。彼晩年の作品「睡蓮」シリーズは高く評価されているが、日本人の私にはむしろ壮年期の日傘をさす婦人シリーズに惹かれる。あの明るい溢れる光は石造り文化の特質で、柔らかな陰影に富む木造文化の日本には無いものだ。比べて睡蓮のほの暗い静けさと陰影は東洋的である。だから、西洋人は「睡蓮」を新鮮に受け入れたのかもしれない。

散歩道にツクツクホーシが鳴いていた。この声を聴くと、50年前の自分に引き戻される。子供の頃から私は散歩が好きで、一人で遠くの田舎道を歩き回っていた。夏が終わった今頃は、抜けるような青空の下にツクツクホーシが溢れるように鳴いていた。それは昨日のことのようで、その時の少し心細い気持ちがありありと蘇る。人は成長しても子供の頃と少しも変わらないようだ。

|

« 電動ブラシとヒキガエル    2003年9月3日 | トップページ | 母の肝臓ガン  2003年9月6日 »