« EMS国際エキスプレスでタイへポジを郵送した。2005年8月18日 | トップページ | 波音とマティーニ。2005年8月22日 »

2007年1月20日 (土)

びんつけ芋とは安納芋のこと。2005年8月21日

最近、銀座の高給焼き芋店で1本千円焼き芋を売っている。南九州育ちの私としては、その焼き芋の話題は看過できない。
42年前、上京して驚いたのは九州と東京の食べ物の違いだった。西日本では青ネギ主流だったのが白い長ネギへ。ねっとりタイプの黒皮カボチャ--武者小路氏の色紙に描かれているもの--が北海道のホコホコタイプへ。殊にねっとりと甘味の強いびんつけ芋が手に入らず、川越産の薄味ホコホコ芋ばかりなのにはがっかりした。

しかし青ネギは水耕栽培の品がすぐに東京に普及し、黒皮カボチャは高級食材店へ行けばいつでも手に入った。だが、びんつけ芋だけはどこにも売っていない。それが最近、1本千円の高級焼き芋として話題になった。それで始めて知ったのだが、びんつけ芋の正式名称は安納芋らしい。びんつけとはお相撲さんの髷や日本髪を固めるのに使う、松ヤニと蜜蝋を練り合わせ丁字で香りを付けた、日本伝統の堅い整髪剤である。見た目は半透明の黄金色で、ふかした安納芋に似ているので、私達はそう呼んでいた。

安納芋は平均気温が低い土地では甘く美味しく育たないそうだ。それで、南九州以外では手に入らなかった。昔、知り合いの八百屋に聞いたところ、あんな水ぽい芋は不味くて食えないと言っていた。それは寒い関東で作られた芋で、そのように誤解したのだろう。

安納芋の糖度はサツマイモの中で最高に高い。ホコホコ感はなく、クリームのようにねっとりしている。子供の頃、私たちは、その焼き芋は軽く揉んで端を噛み切り、チューブ入り練り歯磨きのようにクリーム状の中身を押し出して食べていた。

昔、びんつけ芋が手に入らないと聞いた日南市の友人が送ってくれた。大変美味しかったが、涼しい場所に保管したのが間違いで、大半を腐らせてしまった。

この芋は保管するのも注意が必要だ。最近、スーパー店頭に並んでいた安納芋は高価だったが、どれも痛んだ斑点がついていた。この痛んだ部分は苦くて不味い。売る側もまだまだ商品知識が足りないようだ。
---------
昨日は暑かったが、今日は風が強くて過ごしやすい。汗は昨日の3分の1である。ベランダから開け放った玄関へ強い風が吹き抜け、綿埃を全部吹き飛ばしてくれて部屋が綺麗になった。

毎朝、緑道公園でホームレスの3人グループと安酒で酔っぱらっている。通る都度、その一人が他の二人に熱弁をふるっている。
「そんな生活態度でどうする。みんな頑張っているんだ・・・」
ろれつの回らない泣き出しそうな声だ。
「朝から酔っぱらって、どう頑張っていると言うんだろうね。」
母は言ったが、それは多分、良いことが起こるのを耐えながら待つ、と言った意味だろう。しかし、あの様子では、絶対に良いことは起きそうにない。その内肝臓がパンクして行き倒れになるのが落ちだ。元ホワイトカラーと言った風体の、薄汚れたトレンチコート姿の彼を見ると気の毒になる。

Ma_3

|

« EMS国際エキスプレスでタイへポジを郵送した。2005年8月18日 | トップページ | 波音とマティーニ。2005年8月22日 »