« シミ取りに皮膚科へ行く。 2006年2月28日 | トップページ | 古民家のひな祭り 2006年3月2日 »

2007年3月11日 (日)

引き時の判断はいつも難しい。2006年3月1日

今日のような寒い雨に風が加わると散歩は大変である。母のトイレと散歩の都度、雨具の脱着が必要で、風があると雨具がはためいて濡れやすい。おかげて今日は、雨具着脱の時に膝掛け毛布を濡れた地面に落としてしまった。毛布は帰宅してすぐに洗濯して、ベランダに干した。最近深夜まで仕事をしているので、そのように少しでも仕事が増えると辛い。だからと言って母の散歩は欠かせない。去年、私がお腹を壊して2,3日母の散歩を休んだことがあったが、覿面に母の体力は低下した。これは神棚や仏壇の花を変えるのと同じで、少々面倒でも目をつぶって強引に続ける他ない。

昨日は買っておいた座椅子を母の椅子に取り付けた。椅子は30年以上前に買った品だ。座席と木枠が取り外せる作りで、座席はとっくの昔に古びてしまい捨てた。その代わりに座椅子を置いていたが、背もたれが低いので新しい品に変えた。昔の品は丁寧な作りで、このように後で作り替える事が出来るから良い。
母のベットも私の手作りである。ケアマネージャーが介護用ベットを薦めたが断った。スチール製は手すりの改造が難しいからだ。その点手作りの木製だと、手軽に位置を変えたり、長さを調整できる。

母にとって椅子は1日の大半を過ごす大切な場所である。新しい座椅子は背もたれが高く心地良さそうだ。母は姿勢が自然になって小用の出が良いと満足していた。

昨夜12チャンネルのWBSで興味深い株式ニュースを流していた。出ていたのはアメリカのカリスマ投資家で、彼によると、株投資の引き時は、主婦が買い始めた時だそうだ。異論もあると思うが、もし当たっているとすれば、年末辺りが引き時かもしれない。

|

« シミ取りに皮膚科へ行く。 2006年2月28日 | トップページ | 古民家のひな祭り 2006年3月2日 »