« 枯れ木が折れるように逝くものだ。2006年3月20日 | トップページ | 酔っぱらった二人連れの女の子に絡まれた。2006年3月26日 »

2007年3月15日 (木)

お彼岸に春爛漫。2006年3月21日

今日も暖かい。緑道公園脇の墓地から線香の煙がたなびいていた。墓地は駅からは遠く、殆どの人は車でお参りに来ている。どれも新車ばかりで高級車も多い。私に恩恵はないが、世間の景気は確実に良くなっているようだ。

自然公園の池でヒキガエルの卵を見つけた。今年はダメかと思っていたので、生き残っていてくれてホッとした。土筆は次々と頭をもたげている。いつものように舗道から手を伸ばせる範囲で、若い土筆を20本程摘んだ。今日もおばさんグループが立ち入り禁止の斜面で山のように土筆を摘んでいる。そんなに取っても袴取りが大変だし、大量に食べても美味しいものではない。20本程を丁寧に料理して食べるから美味しいのである。

3月23日

午前中は小雨。予報では午後から晴れると言っているので、散歩は午後にした。
空いた午前中を利用して池袋へ額の吊り紐を買いに行った。昔、一巻き200メートルの紐を買っておいたのが最近、殆ど使い切った。紐は1メートル50円と高いものではない。こまめに買い加える方が強度の点で安心できる。今回は世界堂で20メートルだけ買った。

既に雨は止み薄日が射していた。大物も買えるので、絵梱包用の段ボールを東急ハンズで買った。以前、東急ハンズ池袋店の天井は石綿が厚く吹き付けてあったが、今は天井板で覆われている。しかし、その内に東急ハンズ社員から中皮腫患者が出るかもしれない。そんな事を思うと、長居したくない気分になる。

サンシャイン通りは相変わらず若者で溢れていた。2,3年前は若者達に荒んだ感じがしたが、今は若干穏やかな感じがする。
帰りの埼京線は空いていた。最近スイカを使っている。カードは使わない主義であったが、この便利さは手放せない。特に急いでいる時、切符を買わないですむのは楽である。

午後3時、母の散歩に出た。日差しが戻り、汗ばむ程である。桜は赤羽も開花し始めた。今真っ盛りはユキヤナギ、レンギョウ、コブシである。散歩道は色々な花の香りが満ちていて心地良い。
自然公園は午後に散歩を変えた顔馴染みが沢山来ていた。先日産みつけられたヒキガエルの卵は子供達に持ち去られ半分程になっていた。残りがふ化したとしても次は白サギに食べられてしまう。前途多難なことだ。

|

« 枯れ木が折れるように逝くものだ。2006年3月20日 | トップページ | 酔っぱらった二人連れの女の子に絡まれた。2006年3月26日 »