« 湯島神社の大祓は十條のお富士さんの祭礼と重なる。2006年7月4日 | トップページ | 赤いアロハで母は元気になった。2006年7月6日 »

2007年3月25日 (日)

テレビ朝日取材クルーが園内をうろうろしていた。2006年7月5日

今朝は4時に目覚めて、ドイツ・イタリー戦を見た。終わった後は睡眠不足で後悔している。おかげで体調がおかしい。食事をすると顎の関節がガクガク音を立てる。痛みはないので炎症は起きていない。ストレスで顎の筋肉に異常が生じ関節がスムース動かない所為だ。2,3日、体を休ませれば治ると思うが、ワールドカップが終わるまでは無理である。

雨の中公園へ散歩に出た。大粒の雨が母のポンチョに当たる。母は雨粒の刺激がマッサージのようで気持ち良いらしい。私も雨が強いと、雨具が冷やされて、蒸れないので楽である。

雨の自然公園には、いつもの人影はなかったが、代わりにテレビ朝日の取材クルーが園内をうろうろしていた。その中、デイレクターらしき男がひっきりなしに携帯をかけている。静かな自然公園にそぐわない一群から逃げるように古民家へ行った。

「少し待っていたら、テレビに出られますよ。」と古民家の顔見知りの係が話した。昔、仕事でマスコミと絡んでいたので、彼らの気質は分っている。取材に関わると、後で気が疲れるだけだ。静かなうちに休んでおこうと土間に腰かけると、すぐに裏口から取材クルーの話し声が聞こえた。私たちは早々に古民家を辞した。

振り返ると、古民家の土間にテレビで見覚えのあるレポターの顔が見えた。係の話では、お昼のワイドショーの小さな旅シリーズの取材らしい。最近、自然公園も有名になって、色々なマスコミが取材に来るようになった。自然に手をかけず放置するタイプの自然公園はヨーロッパで生まれた先進的な公園である。地方からも度々視察が入る。高齢化時代に最適な公園で、これから各地に増えたら良いと思っている。

暑くなってからは、寝る寸前まで玄関も窓も全部開け放っている。昔の夏の下町は皆そうで、歩いていると座敷の奥までよく見えた。夕暮れには家族が囲む食卓が丸見えだった。そんな中で、顔見知り親父に見つかったりすると「上がって飲んで行け」と食卓に呼び込まれ、ビールを御馳走になったりした。

夕暮れ、そんな事を思い出しながら、玄関脇の仕事部屋でごろ寝をしていた。しかし、今は通路を行く者は殆どいない。時たま、新聞配達か運送屋が通るだけで、寂しいものだ。

|

« 湯島神社の大祓は十條のお富士さんの祭礼と重なる。2006年7月4日 | トップページ | 赤いアロハで母は元気になった。2006年7月6日 »