« 働き盛りは、病気を何とか伏せようとする。2006年9月6日 | トップページ | ハチは新河岸川の上流へ飛び去った。2006年9月9日 »

2007年3月29日 (木)

谷に雨 遍路の鐘は 軒に消ゆ 2006年9月8日

昨夜は銀座で飲み会。集まったのは絵描き仲間に編集に作家にカメラマン。と書くと立派だが、実際はそれ程ハイレベルではない。オーストリアで仕事をしている絵描きが銀座で個展をしているので、それにかこつけての飲み会である。

最近では案内状が届いても個展へは滅多に行かない。私には行く行かないの基準があって、宛先をパソコン出力しただけのものは絶対に行かない。しかし、「是非おいで下さい。」と手書きで添え書きしてあったりすると、何とか時間を作って行っている。
本当に優れた作品展ならどんな無理をして見る。昔、セゾン美術館で見たキーファーはその一人で、鉛の暗く沈んだ作品群は、今も私の作品へ大きな影響を残している。

オーストリア在の絵描きは用事があるとかで飲み会には来なかった。
久しぶりの旧知の者達との飲み会は楽しい。始め大人しくしていようと思っていたが、結局、生ビールの大ジョッキをグイグイ飲んでしまった。

遅く帰宅してから、酔い覚ましに深夜映画「死ぬまでにしたい10のこと」を見た。突然、末期がんを宣告された若いお母さんが、小さな子供たちや夫や母親にテープの遺言を残しながら、残された日を悔い無く送る、と言った内容である。お涙頂戴も無く、ストーリーは淡々と進む。アメリカの北東部らしい海のある寒い風景がいい。胸にジーンと来る佳作であった。

今朝は、頭の芯が重くて死ぬ程眠かった。しかし、幸いにも母はペインクリニックの日で散歩は無い。ヘルパーに母を頼んで、病院へ行っている間、ゆっくり二度寝をした。11時頃姉が来たので、母を頼んで買い物へ出た。歩いていると、重かった頭がすっきりした。
お昼はスーパーに山積みしてあった山芋のトロロ。他に買い置きのエビとピーマンとタマネギをオリーブ油で炒めケチャップで味付けした。朝は食欲がなく殆ど食べていなかったので、どれもすこぶる美味かった。

谷に雨 遍路の鐘は 軒に消ゆ

これは昨日午前の散歩の時、自然公園を母を歩かせながら作った。時折、小雨が落ちていた。セミの声は少なく、母の杖に付けた鐘の音が澄み切って聞こえた。
今は午後8時。下の新河岸川河畔の草むらから、虫の声が聞こえる。

|

« 働き盛りは、病気を何とか伏せようとする。2006年9月6日 | トップページ | ハチは新河岸川の上流へ飛び去った。2006年9月9日 »