« 1日に体重を30グラムづつ減らす予定。2007年2月17日 | トップページ | 解決出来ないことはない。2007年2月18日 »

2007年4月20日 (金)

王子稲荷の二の午。2007年2月17日

一日中、次々と仕事と雑用に追われていた。
夜遅く、シャワーを浴びた。熱いシャワーは心地良い。浴びながらご飯を炊くのを忘れていた事に気付いた。濡れた髪を乾かしながら、ガスに鍋をかけ、沸騰するのを待つ間に洗濯機を起動させた。

午前中は王子稲荷の二の午へ母を連れて行った。
去年、初午に連れて行った時、それが最後になるだろうと思っていたが、今年は良い方に外れた。しかし、来年は本当に無理かもしれない。
例年、二の午は閑散としているのだが、今日は土曜で人出は多かった。しかし、車椅子を押すのに困る程ではない程良い混み具合だ。
王子稲荷境内脇の急坂を押し上げて本殿前に母を連れて行き、参拝させた。
その後、母を本殿脇に置いて、裏手のキツネ穴や小さな社に詣った。願い事をしながら持ち上げる願い石は軽々と上がった。私の最大の願いの生活の安定は叶うのかもしれない。

縁日は寄り道せずに真っすぐに抜けた。
予定時間が余ったので音無親水公園へ行ってみた。学校帰りの女子高生が多い。兄への葉書用の母の写真を沢山撮った。背景のアーチ型のクラシックな橋がとても良い。肌寒い所為で、母がトイレへと言うので、地下鉄南北線の王子駅へ急いだ。この線は車椅子用トイレが充実していて助かる。

しかし、車椅子用トイレは鍵がかかっていて、使用の場合は駅員を呼ぶように張り紙がしてあった。すぐに呼んで来て開けてもらうと中にホームレスがいた。トイレを使っているのではなく、休んでいたようだ。駅員とホームレスがもめているので、
「赤羽で適当に使いますから。」と言い残して、地下鉄に乗車した。駅員の話では、そのように、ホームレスが休憩場所に使うので、鍵をかけるようにしたようだ。

他所から赤羽に帰って来るとホッとする。
帰り道、緑道公園のベンチに腰かけてお茶を飲んだ。曇り空をヒヨドリが飛んで行く。目の前を赤トラが横切った。近所の飼い猫で、よく見かける子だ。母が声をかけると「ニャン」と返事をした。

昼食後、母が右腕が痛いと訴えた。しびれではなく単純な筋肉痛のようだ。ベットから起き上がる時、右腕を使うので痛めたのだろう。母は夜間に小用が集中するので、自分で起き上げれなくなると大変なことになる。何か対策を考えなければならない。

書き込んでいる内に、洗濯が終わり、ご飯が炊きあがった。次はラッキーの絵に取りかかる。

|

« 1日に体重を30グラムづつ減らす予定。2007年2月17日 | トップページ | 解決出来ないことはない。2007年2月18日 »