« 田舎者になってしまった。07年5月9日 | トップページ | 終わりよければ総て良し。07年5月12日 »

2007年5月11日 (金)

携帯と昔の電話。07年5月11日

風が強く、夜半から気温がグングン下がった。夜中、タオルケットだけで寝ている母に毛布を掛けておいた。その前の夜、母は寝付けず寝不足だったので、ぐっすり寝ている。掛けていると、母は何か文句を言った。「何だ。」と聞いたが返事は無く、どうやら寝言のようだった。

今朝はペインクリニックに母を整形外科へ連れて行った。治療は予約どおり開始してくれるので、到着と同時に母を置いてとんぼ返りした。外は猛烈な風だ。そよ風は爽やかだが、ヒューヒューうなり続ける烈風は可愛げがない。

治療が終われば携帯に電話がかかって来るので、今はのんびりパソコンに向かっている。
昨夜、版画の菊池氏に電話をした。用事はないが、定期的な情報交換である。パソコンの事になって、パソコンが出来ない彼がどうしようかと聞いた。画像資料を集めるのに、これ程優れた道具はないから、と薦めた。だが彼は、最近になってやっと携帯を買ったぐらいのIT音痴である。それでまだ、決めかねているいる様子だ。

最近メールばかりで電話をしなくなったことを話した。
電話だと相手の状況を配慮しなければならず、かけるのがストレスになる。最近はそんな経験はなくなったが、以前は、若い女性に電話して、父親が出て気まずい思いをしたことが幾度もあった。そのことを話すと、「今は本人の携帯宛に電話するから、それはないだろう。」と菊池氏が言った。「しかし、携帯だと掛けて来た相手の名前が表示されるから、無視もあるだろう。」と答えると、彼は深く頷いていた。
それから、最近知りあった妙齢の女性に電話をしてもなかなか通じなかったが、それは、無視だつたのかな、と彼は話した。若い頃は、逆に女から逃げ回る事もあったのに、そのような歳になったのかと、互いに切ない話になった。

昨日のブログのアクセス推移を見ると、午前7時〜午後2時の間のみが700を越えていた。異常事態が起きているのでは、と調べてみると、原因はniftyホームページ「いま話題のブログ」で「残された家族は、世間に忘れられた頃から哀しみが深くなる。2006年6月7日」を推奨されていたからだった。これは8時間限定でniftyのエディターの選ぶもので、推奨時間帯が終わればいつものアクセス数に戻っていた。

それは小さな項目だが、マスメディアの力をまざまざと思い知った。
知人に怪獣の立体作家がいる。彼の作品が雑誌に紹介された時も、その1ヶ月でアクセスが3万を越えたと話していた。ただ、この手のアクセスは一過性で、レギュラーになってくれるのは微々たるものだ。今回の新規のアクセスの中で、引き続きブログを読んでくれるのは、多く見積もっても4,5人だろう。だから、定期的に読んでくれる人は本当に有り難い。

|

« 田舎者になってしまった。07年5月9日 | トップページ | 終わりよければ総て良し。07年5月12日 »