« 太るのは総カロリーで、チーズ、糖質、内容は無関係だ。07年10月25日 | トップページ | 母は車椅子は最高の乗り物だと思っている。07年10月27日 »

2007年10月26日 (金)

亡父の深夜のタバコに困っていた。07年10月26日

先日、生協でカリフォルニア産種抜きプルーン320グラムが300円弱で売っていたので10袋買いだめした。通常価格は400円弱なので1000円の得だ。一昨年まで、同じ品が400グラム350円ほどだった。それが去年、不作を理由に一気に値上がりし、今年も高値で推移している。母の便通と健康はこのプルーンのワイン漬けで維持しているので、更に値上がりしないことを願っている。

食べ方は干しぶどうと一緒に1,8リットル800円の安物赤ワインに漬ける。プルーンは3日ほどでワインを吸って膨らみ大変美味しくなる。食べ物に飽きやすい母でも、1日9個を5年以上食べ続けて飽きない。これは便通を整えるだけでなく、ポリフェノールと鉄分も多い。おかげで母の便通はほとんど毎日あり助かっている。私は日に6個食べているが、トイレは3分以内に快調に終わる。老人の便秘は、力んで痔になるだけでなく脳出血を起こすことも多いので避けたい。

亡父はタバコを吸って便意を催させていた。
困るのは、深夜、トイレで新聞紙を読みながらタバコを吸うことだ。一度、新聞に引火したことがあり、すぐに私が気づいて消し止めた。もし、私が寝入っていたら、そのまま衣服に燃え移り大変なことになっていた。

父の寝たばこにも困っていた。父の布団は焦げ目だらけで、厳しく注意しても止めない。困り果てて、身につけた職人技で灰皿の中央にタバコを立てるホルダーを作り、ホルダーからビニールチューブを延ばした中東の水タバコ様の道具を作った。それで寝たまま吸ってくれることを期待したが、父は操作が面倒で不味いと言って使わなかった。
それで次に、タバコ全体をカバーで覆うアルミ製のパイプ状のものを作った。灰はカバーの中に留まり、火と可燃物の間の空間で引火を防ぐ形状だ。しかし、老いた父は手先が震えうまく火がつけられず、それも使わなかった。

父の寝たばこは、傍らに母が寝ていて注意していたので大事には至らなかった。しかし、父が一人暮らしだったら確実に火事を起こしていた。タバコ好きの老後は寝たばこに要注意だ。火災原因の1番はタバコの不始末である。

そんなな父が、若い頃は祖母の寝たばこがだらしないと怒っていたのだから可笑しい。後年、タバコを吸う姉達へも、だらしのないタバコの飲み方はするなと注意していた。しかし、老いると親の悪い癖を踏襲するようだ。
そんな父を反面教師にして育った私はタバコを吸わない。吸わないもう一つの理由は、職人仕事をしている頃、アスベストを多く吸引したからだ。アスベストにタバコが加わると、高率に肺ガンを発症する。事実、その頃の愛煙家の同業者の多くが肺ガンで死んだ。
「仕事で若輩に見られないように、好きでもないのに無理してタバコを吸っていた。今思うと馬鹿なことをしたものだ。」と、その一人が亡くなる前に話していた。

|

« 太るのは総カロリーで、チーズ、糖質、内容は無関係だ。07年10月25日 | トップページ | 母は車椅子は最高の乗り物だと思っている。07年10月27日 »