« 穏やかな秋日和。07年11月21日 | トップページ | 二の酉。三ノ輪、竜泉、浅草と、レトロと近未来を旅した。07年11月23日 »

2007年11月22日 (木)

食後2時間血糖値に糖尿病合併症は深く関わる。07年11月22日

今日は母のシャワー介助の日で散歩はない。しばらく、朝食後の血糖値を測っていないので、食後2時間値を計ってみた。食後時間は食べ始めからの時間で、食事の長さは関係ない。

朝食は、五穀米のご飯小ぶりの茶碗軽く1杯。鯖の味噌煮。卵2個をエビの佃煮で味付けしオリーブ油でトロトロにスクランブルしたもの。ほうれん草のおひたし。グレープフルーツ1個。オリーブ油入りアイスクリーム。胡麻クリームをかけたプルーンの赤ワイン漬け。
以上に含まれる糖質は約85グラム。総カロリーは900kcalで朝昼晩の3食中1番多い。いつもは朝食後3時間ほど母の車椅子を押すのでそれくらいの熱量を必要とする。血糖値に影響するのは糖質量だけで総カロリーは無関係である。

朝食をしっかり食べることは大切だ。朝食抜きは太ると言われている。人の身体は朝食量の多い少ないによって、その日のインシュリンの働きが決まるらしい。例えば朝食量が少ないと、身体は危機感からエネルギー節約スイッチを入れる。そのため、昼食夕食の余ったエネルギーは脂肪になって蓄積される。しかし、朝食量が多いと、節約スイッチが入らず、インシュリンの働きが良くなり太りにくい。

先の私の2時間値は102mg/dlと正常値で安堵した。
昔は食後1時間の最高値を問題視していたが、今は2時間値を重要視する。数値140mg/dlあたりから軽い糖尿病合併症が出現し、200mg/dlを越えると、不可逆的な糖尿病合併症を起こして後悔することになる。殊に血管の損傷は重大で、動脈硬化とアテロームの蓄積の結果、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす。長期的には腎不全から人工透析、網膜症から失明に至る。糖尿病は病気のデパートと言われ、免疫低下により、結核などの感染症、ガンを引き起こす。神経の損傷による不快感に苦しむ人も多い。歯周病も起きやすいが、むしろ、歯周病が出す毒素がインスリンの効き目を抑え、糖尿病を引き起こすと言われている。心当たりがあるなら、早めに歯科にかかり、治癒させたが良い。
糖尿病ではHbA1c6.5以下が目標とされている。しかし、近年は更に正常範囲を目指すのが重要とされている。

知人は60歳代で糖尿病起因の壊疽で両足を切断し、人工透析、失明と、三重苦の末亡くなった。彼は、重篤な合併症を起こしてから厳しい節制に勤めたが遅過ぎた。無症状の40代から節制に努めていたら快適な老後を全うできたはずだ。糖尿病は治療より予防の方が簡単で、心当たりがあるなら肝に銘ずべきだ。

空腹時血糖値については興味深い調査結果がある。例えば、食後血糖値の高い人の比較で、空腹時血糖値が正常な人と高い人を比べると、不思議なことに正常な方が合併症が出現しやすい。血糖値の大きな落差が毛細血管にダメージを与えているのかもしれない。その辺り、心当たりがある人は注意が必要だ。いずれにせよ、食事制限と運動は車の両輪のように必須だ。

私は姉がⅡ型糖尿で、十分にその素質があると考え定期的に自分で血糖値をチェックしている。その経験では、軽度のジョギング15分で血糖値は100mg/dl以上軽々と下がる。強い運動はアドレナリン分泌を促し、かえって血糖値が上がるので要注意だ。測定器は安価にネットで購入できる。様々な条件下での血糖値を把握できるので、血糖コントロールに極めて有効である。

血糖値の安定には、総カロリーだけでなく、糖質の制限が重要だ。たとえば糖質を完全に排除するだけで血糖値は驚異的に下がる。しかし、この方法は動脈硬化を起こすとの研究結果がある。アメリカでは最低1日130グラム以上の糖質摂取は必要とされている。既に糖尿病性腎症を起こしている場合は蛋白質を制限し、糖質をエネルギー源にしなければならない。医師のチェックなしで糖質制限をすると腎症を悪化させる。

自然公園で顔馴染みになったSさんは進行した糖尿病で、足の血管に梗塞を起こし、鉄板のズボンをはいているみたいに足が重いと訴えていた。食事内容を聞くと3食菓子パンで済ましている。糖質を減らし、野菜中心の副食を増やした食事に変えるように薦めると、素直に実行してくれ、みるみる元気になった。私と同年輩の彼のケースでは食事内容を是正するだけで好転する。しかし、一人暮らしの彼はストイックな生活を我慢出来なくなって元の甘いもの中心の食生活に戻り、心筋梗塞で緊急入院した後、音信不通になった。

昨日、「人の皮膚から万能細胞」の大ニュースが世界を駆け巡った。この画期的な再生医療で、真っ先に実現しそうなのがインシュリンを分泌するランゲルハンス島の再生だと思っている。今の猛烈な実用化競争を見ると、それは10年後あたりには実現しそうだ。血糖値に問題のある方は、実現まで節制に努め合併症を防ぐことを切に薦める。

Ma_3

|

« 穏やかな秋日和。07年11月21日 | トップページ | 二の酉。三ノ輪、竜泉、浅草と、レトロと近未来を旅した。07年11月23日 »