« 子供たちの、雪の古民家でのおにぎり昼食会は一生記憶に残るだろう。08年1月23日 | トップページ | 夕暮れに、老々介護が忍び寄る。08年1月25日 »

2008年1月24日 (木)

タレント志望の若者たち。08年1月24日

冬型の西高東低の気圧配置。寒い寒風が大気の汚れを吹き飛ばし、富士から奥秩父の山塊がくっきりと見えた。入浴介助の日なので、終わった10時半から母を散歩へ連れ出した。

桜並木に秋口から1羽のハクセキレイが住み着いている。ピョンピョンと道路で餌探しをしている姿が健気でとても可愛い。人慣れしていて、かなり近づいても逃げない。私の目には何も落ちていないように見えるが、虫がいない冬の間、ビスケットのかけら等を見つけて暮らしている。今日も寒い中、ピョンピョンと探し物をしていた。

時間が遅いので東京北社会保険病院下の公園で母を歩かせた。それから生協で買い物。寒い日だが、昨日の雪で出そびれた年寄り達で店は混み合っていた。
その後、区境のいなげやへ行った。ここは魚類が充実している。食べごろの20センチ程のカレイ2枚500円を煮付け用に買った。
いなげや駐輪場の、風の当たらない日溜まりで母にお茶を飲ませていると、トレーナー姿の15,6歳の女の子がやってきた。とても可愛い。殺風景な小豆沢の町に、掃き溜めにツルの風情である。どうしてこんな所にこんな子が、と考えていたら、近くにある劇団の研修生だった。多分、タレントを目指しているのだろう。帰りがけ、劇団の前を通ると、女の子が騒ぎそうな美少年が自転車で来て建物へ入って行った。

しかし、芸能界は厳しい。可愛いくらいでは端役にもありつけない。帰り道、私が劇団七曜日の宣伝美術をしていた頃の若者たちを思い出した。女優の将来を見極めて、主婦になった劇団員は今は家族に囲まれて幸せに暮らしている。しかし、何とか這い上がろうとしていた者たちの殆どは、夢にほど遠い底辺の生活である。今日見かけた若者二人は希望に輝いていたが、将来を見極めたが良いのか、粘ったが良いのか、これだけは誰にも分からない。

☆☆写真日記更新8枚追加。
左サイドの写真日記クリックして入る。ゴールデンのルイちゃん。廃校になった桐ヶ丘中学跡地。雪景色。他・・・

Ma_3

|

« 子供たちの、雪の古民家でのおにぎり昼食会は一生記憶に残るだろう。08年1月23日 | トップページ | 夕暮れに、老々介護が忍び寄る。08年1月25日 »