« 母は憤ると元気になる。08年6月9日 | トップページ | 医師に診てもらう前に様子をみた。08年6月12日 »

2008年6月10日 (火)

団地のビワ。写真日記掲載。08年6月10日

散歩帰り、赤羽台団地を抜けた。途中、住人が植えたビワがたわわに実をつけていた。このビワは2年後の団地建て替えに伴い切られてしまう。以前は住人が実をもいでいたが、老齢化して誰も取らなくなった。母の杖を使って枝を引き寄せ、熟れたのを2個もいだ。このビワは小粒だが、甘味も酸味も香りもしっかりとしていて、市販品より数等美味い。

昼食後、母は吐き気を催した。吐き気は再度増加傾向にある。吐き気があると食事は苦痛になる。しかし、それでも食べなければならない。生きているのは素晴らしいが辛くもある。夕食が終わるまで3度ナウゼリンを飲ませた。即効性のあるこの吐き気止めに、母は随分助けられている。

母がベットに就くと、カリン酒を水で薄めたものを用意する。深夜、咳が止まらない時、飲ませると落ち着く。
去年の秋はカリンが店頭になく、カリン酒が漬けられなかった。今飲んでいるのは一昨年に漬けたものだ。残量が心配になり、先程、量ってみると、秋まで間に合いそうだ。秋、カリンが店頭にならんだら、母の余命は考えずに沢山漬けることにしよう。

写真日記に5枚掲載した。母の疲労感は相変わらずで、午後になると無口になる。しかし、自分なりに現実を受け入れたようで、表情が穏やかになった。

☆写真日記。左サイドバーの写真日記をクリック。5枚掲載。

|

« 母は憤ると元気になる。08年6月9日 | トップページ | 医師に診てもらう前に様子をみた。08年6月12日 »