« 経済危機が芸術を進化させる。08年10月29日 | トップページ | 豊かさが消えた時、人の本当の姿が見える。08年11月2日 »

2008年10月31日 (金)

マーフィーの法則。探しものは、探すのを止めたら見つかる。08年10月31日

先日の散歩の出がけ、住まいの鍵が見つからない。
予備はあるが行方が気になる。開けた後に鍵を抜き忘れ、翌朝気がつくことがある。もしかして、抜き忘れた鍵を誰かに抜かれたのかもしれない。そう考えると気味が悪く、結局、鍵を取り替えることにした。

8年前、ピッキングが頻発していた。その時、新しく取り替えたのが今の鍵だ。しかし、その鍵もドライバー1本で数秒で開けられるようになった。だから、取り替えは丁度良い機会だと思った。

散歩は止め、母の車椅子を押して赤羽駅近くのビバホームに行き、新式の鍵シリンダーを買った。一緒に、郵便受けの錠前も新しくした。錠前はレバーを数値だけカチカチと回転させる方式なので、手探りで開錠できる。住まいの鍵を総て一新すると気分がすっきりした。

Magoピッキング窃盗団は見張り役を交えて素早く行動する。
彼らが好むのは、通路が複雑で死角の多い住まいだ。その点、今の住まいは見通しが良く、ピッキング被害は聞かない。

それでも無くした鍵の行方が気になり、取り替えた後も探し続けていた。すると、長い間探し続けていた死んだ姉の指輪や、ポイントカード数枚が見つかった。放ってあったGパンのポケットからは500円玉が見つかった。

昔考えたマーフィーの法則に「待っている電話はかからない」がある。世の中、思い通りはいかない、と言うことだ。今回の法則は「探しものは、探すのを止めたら見つかる」となる。

蛇足だが、「電話が通じにくい相手とは、絶対に付き合わない方が良い」がある。今なら当たり前だが、電話に相手の名を表示する機能がない昔の法則だ。

その頃、一人が寂しくて、通じない相手にやっと連絡を取って付き合い始めた。すると、超自分勝手な女で、出版社を紹介しろと言う。無理を言って編集長を呼び出して待ち合わせたら、すっぽかされた。

彼女は他の出版社にも声をかけていて、約束の日には、そちらを優先していた。おかげで、その編集長から絶交されてしまった。

他に、「悪口は必ず相手に通じる」「取り逃した幸運は本当の幸運ではない」「良い友達を持つている人は良い人が多い」「本当に好きな事をしていると、良い友達ができる」など、自作の法則がある。

紛失した鍵だが、今日、冷蔵庫の野菜を使い終わったので、入れていた買い物袋をゴミ箱へ捨てるとチャリンと音がした。底を覗くと探していた鍵があった。

買い物袋はいつも母の車椅子の取手に下げて帰る。鍵を開けた後、母が降りる介助をしようと、鍵を入れておいたことを忘れていた。まさしく「探しものは、忘れた頃に見つか」であった。


Akabane赤羽駅前風景。傍らの派手な男性は街頭宣伝マン。

ところで超自分勝手女だが、それまで没交渉だったのに、去年突然、年賀状で、不動産で儲けている実業家と結婚したと知らせて来た。30代後半になり、最後のチャンスと思ったようだ。今年は年賀状は来ていない。今、不動産は厳しい厳冬期に入っている。
上手く行っていれば良いのだが。

毎年の年賀状に、旧姓に戻った女性が必ず2,3人はいる。不景気になると離婚が減ると言われているが、来年はどうだろうか。そろそろ私も、年賀状の準備に入る。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 経済危機が芸術を進化させる。08年10月29日 | トップページ | 豊かさが消えた時、人の本当の姿が見える。08年11月2日 »