« 物事は決まったようにしか動かない。09年9月7日 | トップページ | 老いた母の望みは、毎夜、静かに寝入ることだ。09年9月11日 »

2009年9月 9日 (水)

母の惚けを案じながら、お台場から帰った。09年9月9日

9日
ネットで山形から鬼グルミを取り寄せた。月曜深夜に頼み、今日夕刻に配達された。1キロ1500円送料500円の代引き。商品名は和クルミ。鬼では印象が悪いと名を変えたのだろう。

鬼クルミは非常に堅く、普通のクルミ割りでは歯が立たず金敷の上で金槌で叩いて割る。身離れも悪く、食べるのに苦労する。煎ると割れ目が入る。それを茹でれば身離れが良くなるが、味は悪くなる。
私は生のまま殻を砕きながら食べるのが一番美味い。
殻付きクルミは母の頭と指先の老化予防に取り寄せた。量が多いので、少しずつ食べることにした。

昨日8日
午後に、お台場の東京ビックサイトで仕事の約束があった。
午前中、早めに母を散歩に連れ出し、赤羽駅前で買い物をして帰った。大型の台風12号が近づいている。帰りの桜並木で猛烈な驟雨に会った。家は近いので、濡れるのをかまわず車椅子を押していると、乗用車が止まり、中年男性が私たちを追って来た。
「どうぞこれを使って下さい。使い捨てしてかまいませんので。」
男性はビニール傘をさしだした。断るのは非常に申し訳ないが、傘をさしては車椅子が押せない。母も手の力が弱り、風の中、家までさし続けるのは無理だ。
「ご好意はとても有り難いのですが、家はすぐそこですので・・・。」
何度も礼を言いながら、傘がさせない理由を説明した。このような好意を断るのはいつも心苦しい。
実は、母を炎天下で待たせる時、日よけに使うため、折り畳み傘はいつも持ち歩いている。

「申し訳ないことをしたね。」
母と話しながら家近くまで来ると、雨はピタリと止んだ。地面はカラカラに乾き濡れた形跡がない。幅100メートル程の小さな雨雲が猛スピードで通り過ぎたようだ。

早めに昼食を済ませ、午後1時に飛び出した。台風12号は通り過ぎ暑くなった。
埼京線上りは5分待ちで来た。赤羽駅で乗り換えた京浜東北線快速もすぐに来た。車内は空いていて、冷房が心地良い。深夜、母に起こされるのでひどく眠い。席に着くと直ぐに寝入った。

Pant突然、田端で目覚めた。目の前に可愛い女性が座ろうとしている。超ミニで黒いパンツがはっきりと見えた。いわゆる見せパンで、恥じらいもなく堂々と見せられると見る気にならない。しかし、私の隣に座った40代のサラリーマン風男性は食い入るように見ている。お昼に餃子でも食ったのか、ニンニクとニラの臭いが強烈で閉口した。

女性は白黒ストライプの服の下にやや生成りの白Tシャツ。この組み合わせはまずい。白同士では生成りのTシャツが負け、薄汚れて見える。ゴールドの大きな耳輪は似合っているが、ネックレスとペンダントはお母さん世代の地味なプラチナ製でバランスが悪い。焦げ茶のルイヴィトンのバックも生真面目過ぎる。この明快なストライプには原宿辺りのビビットなラメ入りなどの遊び感覚が欲しかった。ブルーゴールドの編み上げヒールサンダルはマアマアの選択だ。しかし、浅いレースの靴下が小母さんぼく、綺麗な素足を台無しにしている。足指を隠したいだろうが、思い切って素足にして欲しかった。
色白のスタイルの良い子なので残念、と思っている内に快速電車は東京駅に着き、山手線に乗り換えた。

Yurik

新橋駅で下車しユリカモメに乗った。打ち合わせ相手は関西の会社。担当者が東京ビックサイトで開催中のギフトショーに来ている。その打ち合わせより、この沿線風景を楽しみ来た。無国籍で広大で、次々と素晴らしい風景が広がる。多国籍の乗客たちも風景に感嘆していた。

フジテレビを過ぎた辺り、右手の森の向こうに巨大なガンダムが見えた。近くのガンダム世代らしい男女グループが指差して騒いだ。急いで携帯カメラを構えたが、シャッター反応が極めて悪い。一瞬で通り過ぎ、撮り逃してしまった。

ギフトショー会場の喫茶室で打ち合わせをしたが、小ぶりな仕事で期待感は薄い。早々に辞して、帰路に着いた。帰りもガンダム撮影を試みたが、遠過ぎてズームが追いつかず失敗した。デジカメを持ってくればと後悔した。

新橋に着くと直ぐに母に電話を入れた。
「どこへ行っていたの。朝ご飯もお昼ご飯も食べていないよ。」
母はとんでもないことを言う。冗談を言ってはダメだと言ったが、本気の様子だ。このような場合、慌てても無駄だ。いよいよボケが進んだか、と対策を考えながら帰りの電車に乗った。

40分後、北赤羽駅前で買い物をして帰宅した。
「変なことを言って、ごめんね。」
母は私を見るなり謝った。電話がかかった時、寝惚けていて錯覚したようだ。今回は母の頭がしっかりしていて安堵したが、これから何度も同じ思いをしそうだ。

Yamab_2今日の散歩帰りに摘んだヤマボウシの実。
今年は大きく実り30ミリほどある。
シャキシャキ感のある皮と一緒に食べた。
オレンジ色の果肉はトロリとして甘い。

|

« 物事は決まったようにしか動かない。09年9月7日 | トップページ | 老いた母の望みは、毎夜、静かに寝入ることだ。09年9月11日 »