« カリンジャムを作った。09年11月18日 | トップページ | 老人介護も政治も、分からないことばかりだ。09年11月22日 »

2009年11月21日 (土)

家庭医を見つけられない老人たち。09年11月20日

昨日は母のシャワー介助日。
母を起こしに行くと、「今日は死にそうだから、このまま寝ている。」と憂鬱な顔。
「人はそんなに都合良く死んだりしないよ。」
無理に背中を押しておき上がらせた。
「いやだと言っているのに、どうして無理させるの。」
母は大きな声で不満を言う。また、欝が始まったようだ。この状態では、慰めや励ましは効かない。黙って淡々と、いつものように歯を磨かせ、冷たい水で手を洗わせ、熱い蒸しタオルを渡した。そのような物理的な刺激は気分転換の効果がある。母は次第に、いつもの母に戻った。

ヘルパーのOさんが9時半に来た。
「今日は、少しお静かなようですね。」
Oさんは母が無口なのを心配している。
「今朝、今日死ぬ、と言っていたから、今さら元気な様子を見せるのは照れくさいのでしょう。」
小声で説明していると、母にも聞こえたようだ。
「そんなことはないです。元気ですよ。」
母は笑顔でOさんに言った。

シャワーは無事に終わり、母をベットに寝かせて散髪へ出かけた。
御諏訪神社辺りで寒い雨が降り始めた。緑道公園のカリンは、斜面の下に完熟した実を沢山落していた。その中から、黄色く綺麗に熟れた実を3個選んで拾った。

床屋さんの奥さんはジャム作りが趣味である。拾ったカリンを見せると、「まあ、立派。」と興味を見せた。上げると早速奥で調理が始まり、散髪が済む頃にジャムは完成した。

散髪の帰りに駅前で食材を買った。デフレの影響で野菜も魚も安い。安いのは助かるが、そのために社会が低迷して行ったら、今の僅かな生活費も稼げなくなる。

赤羽駅前で弁当を3百円で売っていた。たっぷりのご飯に、揚げ物に、少々の野菜。値段は安くてもボリュームはある。自分で同じものを作ったら、3百円以上かかる。

イトーヨーカ堂に寄り、地下食品売り場で鳥の胸肉を買った。広告の品で3切れ280円は安過ぎる。円高で輸入飼料が安くなっても、これでは養鶏業者は利益を出せない。生まれて始めてデフレを経験するが、漠然とした不安を感じる。米国では、満足に食事のできない貧困層が増加しつつあると報道していた。食料大国でこんなことが起きるとは信じ難い。

世間で言われているような来年早々の二番底はないと思っている。しかし、景気低迷は長引きそうだ。対して中国は元気が良い。中国内陸部に多数の貧困層がいる限りは上昇は続くだろう。しかし、貧富の差は開く一方で、その歪みが暴走したら日本経済にも影響が出る。今の世は、考えれば考える程に不安が尽きない。

写真、緑道公園にて。
今日は昨日と打って変わって好天。母を散歩へ連れ出すと、心地良さそうだ。

Haha

赤羽自然観察公園で、母は夏前の元気な頃と同じ距離を歩いた。老人の体調は日替わりで変わる。昨日の母とは別人のようだ。

帰り道、長く入院していたMさんと会った。
最近、やっと散歩に復帰できた、と嬉しそうだ。彼女は私たちと歩きながら、ご主人のことを話した。ご主人は、夜、不安感が増して眠れず、彼女はそれに付き合わされて困っていると言う。
「担当医に相談して、安定剤を処方してもらったらいかがですか。」
助言したが無理のようだ。ご主人はご子息の仕事関係の大学病院にかかっていて、偉い先生相手では相談しづらいと言う。
「それなら近所で家庭医を見つけたが良いですよ。これから先、往診も必要になりますから。」
しかし、彼女は浮かない顔。往診については彼女も気がかりで、近所で家庭医を見つけたいと息子に相談したようだ。しかし、息子は「顔を潰す気か。」と怒り、以来、相談出来なくなった。

子供の世代は概して老いに無知で、このような軋轢を生んでいるケースは多い。
Mさんは、更に老いれば息子の世話になるつもりだ。それで強いことも言えず、言いなりになっている、と力なく答えた。

Violin
----------------

下手な音だが、
楽器の扱いの間違いを気にせず、楽しんでいるポチたちを見ていると、小春じいは和む。

芸術は、上手い下手より楽しむことが大切だ。

Ma_4

Ma_5

|

« カリンジャムを作った。09年11月18日 | トップページ | 老人介護も政治も、分からないことばかりだ。09年11月22日 »