« 福祉だけでは、派遣も失業者も救えない。10年2月28日 | トップページ | トヨタ・リコールを発端に、他社にもリコールは拡大しそうだ。10年3月4日 »

2010年3月 2日 (火)

オリンピック・人は不可解な価値観で生きていた。10年3月2日

オリンピックが終わってくれて安堵している。
今日の朝日夕刊の小さな記事に、キム・ヨナ非難を掲載した2チャンネルが韓国側から攻撃された、とあった。対して、竹島領有権を主張する韓国サイトが日本側から報復攻撃され、一時アクセスが難しくなったようだ。

匿名による、誹謗中傷合戦は気味が悪い。ホームページやブログをやっている人なら、似たことを経験している。それが厭で、ブログを止めた人が私の回りにもいる。

先日、ブログ機能の一部がハングル表示に変わった。キャッシュを空にしたり、再起動したり、いろいろやって、やっと回復した。原因はキム・ヨナについてのニュースを書いたからだろう。ちなみに私の記入内容は、"フィギュアは採点方法が不明瞭なので、昔から見ない。むしろアイスダンスの方が断然大人で、色っぽくて楽しめる"、と言った他愛のないものだ。もしかすると、誤爆されかけたのかもしれない。今回の出来事で、日本のサイトは韓国から常にチェックを受けている、と分かった。キム・ヨナは韓国国民にとって神聖な存在だ。軽々しく触れるのは避けるべきだ。

オリンピックが終わり、今度は金メタル無しの総括でにぎやかだ。原因は選手強化費がドイツの10分の1、韓国の3分の1だから、と言ったことだ。
本当は日本のスポーツ関連予算は膨大だ。ただし、自民党の箱もの重視で、大半は競技場建設に使われた。これは選手を大豪邸に住まわせて、アルバイトさせながら三食インスタントラーメンで練習させる本末転倒の予算配分だ。むしろ、日本選手は厳しい状況の中で、よくぞ頑張ってくれた、と讃えるべきかもしれない。

私は民主党支持ではない。しかし、自民党よりましだと思っている。高度成長期には自民党の存在意義があったが、バブル以降、赤字国債に頼る財政に陥らせてしまった。それでも、その間に建設された膨大な箱ものが日本国民に役立っているなら許せるが、その逆だ。今は第三の党の出現を待っている。

KirigaBoke_2上写真。改装された桐ヶ丘中学裏門。
裏門は二つあり、こちらは殆ど使われない裏門。
以前は樹木が鬱蒼と茂っていて気持ちの良い場所だった。
当然、改装の必要はなく、大きな無駄遣いだ。
この建設費を教育の方へ配分すれば、大きな成果があげられた。
使わない裏門を立派に作っても人は育たない。
これも、箱もの重視で選手に金を惜しむ、スポーツ予算配分にそっくりだ。
これからは、使えるものはそのまま使う合理的な予算配分をしないと、北区財政も日本の将来も危うくなる。

下写真。緑道公園のボケ。
これは白味が強いが、本来は淡いピンクを最上とする。
日本では珊瑚も淡いピンクが最上とされ、ボケと呼ばれている。
海外では赤味の強い珊瑚が珍重される。

ボケの花を車椅子の母に見せると、"珊瑚のボケの帯留めを持っていたけど、父に質に入れられ流れた"、と話した。私の子供の頃の記憶では、桃と小鳥を組み合わせた江戸時代の古い品だった。父は何度となく事業に失敗しているので、その時質入れしなくてもいずれなくなっていたはずだ。
それでも、昭和は活気があって良い時代だったと、母は話した。自分も若く、私たちも元気で、少々の厭なことでも跳ね返すエネルギーがあったからだろう。

最近の母は1日中眠っている。椅子に腰かけ、テレビを見ていると思っていると居眠りしている。起きているのは散歩中と朝昼晩の食事をはさんだ短い時間くらいで、総計しても7,8時間だ。これは心機能低下と関連がありそうだ。これからは更に寝ている時間が長くなりそうだ。

ものを持たない生活に憧れている。絵描きは道具や作品ががさばり身動きがとれない。その点、物書きは原稿用紙と筆記具だけあれば良い。今は更に進化して、大作家でもブルーレイディスク1枚に全作品を入れておける。ハイチの大地震では、被害は都市部に集中し、郊外では殆どなかった。これももののあるなしの違いだろう。

不要なものは増やさず、片っ端から捨てているが、それでも家中ものだらけだ。このままでは、私の死期が近づいた時、始末に苦労しそうだ。厚生労働省発表の私の平均余命は18年。それも老いた中での18年だ。10代の若者から見ればとてつもなく長い年月だが、私たちから見ると一瞬で終わる長さだ。気がついたら死が目前に迫っているのだろう。だから今は、1日1日を真剣に暮らしている。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 福祉だけでは、派遣も失業者も救えない。10年2月28日 | トップページ | トヨタ・リコールを発端に、他社にもリコールは拡大しそうだ。10年3月4日 »