« 満開の桜の下にて、過ぎ行く歳月を想う。10年4月3日 | トップページ | 通販で取り寄せた母のLサイズパッチに日本の未来を思った。10年4月7日 »

2010年4月 6日 (火)

散歩を休むと母の惚けが進行する。10年4月5日

朝から冷たい雨。この寒さで桜は散るのを踏みとどまってくれたようだ。

母を散歩に連れ出すのが大変になった。玄関まで、休ませ休ませ連れて行き、車椅子に乗せると決まってもう一度トイレと訴える。外出着に着替える前にトイレは済ませてある。しかし、これだけは止めようがなく、休ませ休ませ引き返す。それで母は疲労困憊し、長い休息を取る。だから、さあ出かけようと思ってから、散歩を始めるまで1時間はかかる。雨が降れば、更に準備は煩雑になって、1時間半はかかる。

昨夜は母に何度も起こされ、寝不足で気怠い。しかも外は雨。朝食後、散歩前に10分だけ寝ておこうと横になったら小1時間眠ってしまった。すでに、散歩に出るには中途半端な時間で、散歩は休むことにした。母に伝えに行くと、椅子に腰かけたまま、死んだように居眠りしていた。最近、母が起きている姿をあまり見ない。私が傍にいると、昔の思い出を話したりするが、仕事部屋へ戻るとすぐに居眠りを始めてしまう。

Sakura

明日の食材がないので、母をベットに寝かせて、夕食前に買い物へ出た。
雨は止み、霧がかかっていた。川向こうのライフで買い物をすませ、浮間橋を引っ返していると、新河岸川上流の船着き場の桜が霧に霞んで美しい。それで、住まいを通り過ぎて、船着き場へ行ってみた。花見客は誰もいず、寂しいくらい静かだ。この寂しさは遠からず必ず訪れる。今から慣れようと、この辺りをゆっくり散歩した。

帰宅すると、母は起きると言った。テレビ前の椅子に腰かけさせ、私も一緒にテレビを見た。
「ベットの上に湯のみがないけど、落したのかしら。」
母はふいに変なことを言った。布団の上に湯のみなど置けない。また、錯覚が始まったようだ。いつもは夜10時ころからおかしくなるが、今日は散歩を休んだので早くおかしくなったようだ。
「明日は春らしい暖かさだって。
お鮨を買って、東京北社会保険病院屋上のカイドウの花を見ながら食べよう。」
母が気にしている湯のみのことは無視して、明日の予定を話した。
「穴子鮨があったら、食べたいね。」
母は湯のみのことは忘れて、嬉しそうに食べたいものを並べ始めた。そう言っていても、小さな鮨をせいぜい2個ほどしか食べない。食が細くなったのも、居眠りばかりしているのも、終末期の特徴だ。その傾向は2006年から始まっているが、散歩の効果で緩慢にしか進まなかった。明日、散歩へ連れ出せば、母の頭は少し回復する。


米国で3日発売の多機能携帯端末iPadが初日に30万台を超えたようだ。更に、iPad用電子書籍も25万冊ダウロードされた。これからは出版界も書店も相当の覚悟がないと、とりのこされてしまう。しかし、液晶画面のiPadでは電池が半日も持たない上、目も疲れる。
電子書籍の本番は、電池の持ちが良い光反射型だ。今は白黒しかないが、その内カラーが出るだろう。それを開発したメーカーが、真の覇者になる。

iPadの部品の殆どが韓国台湾製で日本製は僅かだった。iPhoneまでは日本製部品が多用されていたが、部品がコモディティ化された今、同じ性能なら安い方に流れる。今は韓国台湾の部品メーカーが強くても、10年後はベトナムやインドネシア辺りに追い抜かれる。それが歴史の必然だ。それより、堅実に大地に立って誠実に生きることが大切だ。

与謝野氏が自民を離党して平沼氏と新党結成へ。今日一日そのニュースばかりだった。
与謝野氏はリベラルで優秀だが金がない。それで政治資金の潤沢な平沼氏と組んだのだろう。しかし、組む相手を間違えたようだ。新党の党首になる平沼氏を始め、協賛者はナベツネに慎太郎とガチガチに古臭い保守ばかりだ。これでは無党派層を取り込むのは無理だ。かく言う私も無党派層で、あの古臭さには拒否反応がある。これからアジアの時代だと言うのに、靖国参拝とか、日本はアジアを侵略しなかったとか、こだわっていたらアジアは日本を見放してしまう。それは与謝野氏自身が一番承知していることだが、そうする他ない、しがらみがあったのだろう。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 満開の桜の下にて、過ぎ行く歳月を想う。10年4月3日 | トップページ | 通販で取り寄せた母のLサイズパッチに日本の未来を思った。10年4月7日 »