« 母の体調は日替わりで激変する。終末期の特徴で一喜一憂はしない。10年5月31日 | トップページ | 菅直人氏が首相に決まった日、議員たちの顔から品格を思った。10年6月4日 »

2010年6月 2日 (水)

鳩山首相退陣報道を見ながら、ホリエモンのマスコミ不要論を思い出した。10年6月2日

夕刊1面に、鳩山首相辞任の大活字が踊っていた。政治資金の贈与税問題での辞任は仕方がないとして、普天間基地県外移設の失敗への責任を取らされるのは釈然としない。確かに彼は政治家としては未熟だが、米軍基地のあり方を考え直そうとする考えは正論だ。
沖縄県外移設が失敗したのは、米国の意向と本土国民の拒否によるものだ。鳩山氏が失敗させたのではなく国民の総意だった。

昔、杉並区と江東区の間でゴミ戦争があった。杉並区区民が区内にゴミ焼却場建設を反対し、江東区に押し付けて起きた争いだ。今も、杉並区区民のエゴが言われ続けているが、普天間基地移設問題はそれを全国規模に拡大したものだ。今は、日本全国どの県でも徳之島と同じ大規模な移設反対運動が起きる下地がある。

鳩山氏は、民主党が大勝利した時、普天間基地県外移設を国民が支持していると錯覚したのかもしれない。国民は自分の住んでいる所以外なら移設賛成だが、近所に移設なら断固反対だ。彼はあまりにも理想主義すぎて、本土国民の身勝手さを見誤ったようだ。

普天間基地県外移設が出来ない真相にマスコミは口をつぐんでいる。国民の身勝手さが移設を失敗させたと、マスコミが指摘しないのは何故だろうか。
一般国民は今も、沖縄は米軍基地で食べているのだから受け入れて当然、と思い込んでいる。実際は観光収入が大部分で、基地収入は5%ほどだ。それを、しっかり周知させていないのもマスコミの責任だ。

ライブドア代表ホリエモンが元気な頃、マスコミ無用論をブチ上げていた。私は冷静で偏らない報道のために専門家は必要と思っていたので納得できなかった。しかし、偏向した大マスコミ報道を目にした今、ホリエモンにも一理があったと考え直している。

街頭インタビューで、「鳩山氏は普天間基地移設問題で国民の期待を裏切った。」と多くの人が言っていた。しかし、裏切ったのは国民の方だ。報道は、大量のインタビューの中から、その答をどんな基準で抽出しているのだろうか。

鳩山氏の金の問題で、有名マスコミ人があれこれ言うのも釈然としない。大マスコミに黙殺されているが、元官房長官野中広務氏の「官房機密費」の使い道の中で、有名マスコミ人の多くに金が渡されていたと週刊ポストが暴露していた。そのマスコミ人たちが、鳩山氏の政治資金を厳しく追求しているのだから、実におかしな構図だ。

今の日本人は身勝手になった。たとえば、福祉手当ての充実を求めている国民が、財源のための増税には大反対する。地方が生活に窮するとすぐに公共工事を陳情する。
我が家下の新河岸川に対岸とこちらを繋ぐ浮間橋がある。今は建て替えられたが、以前、コンクリート製の優雅な橋が架かっていた。戦前、対岸の浮間地区の住民は、大水のたびに木造橋を流され困り果てていた。そこで、住民は金を出し合い、近くの近衛師団工兵隊に頼んでコンクリート橋に建て替えてもらった。そのように、日本人は元来自助努力の強い国民だった。それがいつの間にか、補助金ばかりねだる三流国民に変わってしまった。それが今の日本の衰退を招いているように思えてならない。

Haha3June上写真、緑道公園。

夏に入ったのに爽やかな晴天だ。
このような夏なら大歓迎だが、明日から蒸し暑くなりそうだ。

下写真、緑道公園のジューンベリーが熟し始めた。
今年は10日ほど遅れているが、木に付いている期間が長かったせいか、味も香りも例年より良い。

桐ヶ丘生協で食材を買って、都営桐ヶ丘団地を抜けて帰った。
高齢化した団地は静まり返って誰一人歩いていない。
北中裏の木陰で、生協で買ったかき氷の宇治金を母と食べた。いつも抹茶を持ち歩いているので、それをかけると更に美味い。食欲のない母も美味しいと喜んでいた。
今日のような爽やかな夏日、静かな木陰で、緑豊かな公園を眺めながら食べる宇治金は最高の贅沢だ。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 母の体調は日替わりで激変する。終末期の特徴で一喜一憂はしない。10年5月31日 | トップページ | 菅直人氏が首相に決まった日、議員たちの顔から品格を思った。10年6月4日 »