« 猛暑は生き甲斐を麻痺させたが、冷涼な秋が復活させてくれるだろう。10年9月13日 | トップページ | 失うのを潔く受け入れるのが良い老い方だ。10年9月17日 »

2010年9月15日 (水)

米国に喧嘩を売ってでも円安誘導は必要だ。10年9月15日

ようやくドル買い介入で円安。
菅政権は何もできないとたかをくくっていた投機筋は、裏をかかれて大慌てだろう。しかし、内外のアナリストは一時しのぎだと批判的だ。それなら他にどんな手があると言うのだろうか。答えがないなら「黙っていろ。」と言いたくなる。

すでに、円高により日本の存続は危うくなっている。国内企業の海外移転が進み、このままでは空洞化して雇用の場がなくなり、失業率が10%を越すのは時間の問題だ。それだけでない。海外移転に伴い先端技術の流失も止まらず、国際競争力はなくなる一方だ。

以前、圧倒的な競争力を誇っていた電子、家電、車、工作機械と総ての分野での中韓の追い上げは凄まじい。それが公平な技術競争の結果なら納得できるが、その背景は、技術流失、模倣、盗用と道義のかけらもない。それでも国内産業は歯を食いしばって頑張って来た。しかし、今回の円高は息の根を止めかねない。これでは日本は座して死を待つだけになる。

今はなりふり構わず、少々荒っぽい方法を取っても円安を誘導すべきだ。方法はシンプルで、海外の投機筋に円買いをすれば大損すると思わせることだ。その際、経済理論は役に立たない。これは度胸と力の格闘技の世界だ。有能な相場師を雇って、日銀券を大増刷して為替相場に思い切って介入すれれば、投機筋は警戒して円買いを控えるはずだ。
そうなればドル安政策を押し進めている米国政府は反撃に出て泥仕合になるだろう。それにはかまわず突き進めば、米国は解決の対話に乗る他なくなる。今の状況は実体のない円を投機筋が買いまくって円高誘導をしている。禁じ手かもしれないが、増刷した円をドルに替え、米国の農地を始め海外の資源を買いまくればいい。再度円が高騰するなら、世界の経済システムを破壊するくらいのインパクトが必要かもしれない。

中国が何か言えば米国首脳は右往左往して特使を派遣する。しかし、日本だと無視するか恫喝する。米国が民主党政権に変わってから殊にその傾向が強い。日本が思いやり予算で米国につくしても、クリントンを始め米国首脳の対応は日本蔑視ばかりだ。

誠実に対応しても聞き入れられなければ、喧嘩を売るくらいの荒っぽさが必要だ。中国でもヨーロッパでも、そのくらいのことを平気でやっている。日本が弱腰になったのは、自民政権時代、対米追随で何も言えない体質になってしまったことだ。今の日本は米国を始め世界に舐められ切っている。気が弱くて何も言えない優等生は今こそ脱皮すべきだ。

総裁選は菅総理に決まったが、負けた小沢派議員が政権に協力しないと言っているのが腹立たしい。今は厳しい国政を挙国一致で解決しなければならない時なのに、まったく分かっていない。小沢氏へ義理立てしているのだろうが、そのような大局が見えない議員は即刻辞任すべきだ。

日本に一番必要なのは潔さのようだ。政治家から大衆までまんべんなく自己中に欲ボケしていて、公に対する潔さを忘れてしまった。「潔く生きる」は、今の日本では死語のようだ。

Nyudo

昨日の空。素晴らしい積乱雲が見えた。

ようやく涼しくなった。まだ猛暑の名残で水道の水は驚くほど温かい。
散歩途中、小次郎君を訪ねた。彼も気持ちが良いようで、お腹を撫でろと玄関の石畳にゴロリと仰向けになった。ワンコを触っていると、のんびりした気分になる。この感覚は半年以上記憶を遡っても思い出せないくらい久しぶりだ。現代人にとってペットは、必須な特別の存在のようだ。

Usagi買い物帰りはいつものように師団坂を上った。

東京北社会保険病院近くに処方箋薬局が数軒ある。
その中の1軒はウサギの着ぐるみが客引きをしている。

今日は星美学園小学部の下校時間に重なり、悪童たちがウサちゃんの口に草を押し込んで「食べろ。」といじめていた。

着ぐるみの中は女の子だろう。わーっと抱きつく小さな子供たちは可愛いが、悪童たちに困りきっていた。ウサちゃんの困った目が可愛い。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 猛暑は生き甲斐を麻痺させたが、冷涼な秋が復活させてくれるだろう。10年9月13日 | トップページ | 失うのを潔く受け入れるのが良い老い方だ。10年9月17日 »