« 福島第1原発事故原因は地震ではなく津波だった。関連ニュースは音を止めて見ている。11年3月16日 | トップページ | 放射能検出の福島牛乳と茨城ほうれん草より、不安をあおるマスコミと風評が人体に危険だ。11年3月21日 »

2011年3月18日 (金)

福島第一原発事故現場に、やっと東京消防庁が登場した。11年3月18日

今まで、福島第一原発事故に東京消防庁が出動しないのが不思議でならなかった。しかし、ようやく本命が登場して心強い。放水に関しては消防庁以上の技能を持っているところはない。海水を連続して汲み上げる装置に、はしご車やアーム上から遠隔操作で放水する屈折放水塔車などの特殊車両も豊富だ。

それに加えて、今日から始まる外部からの送電が始まれば、根本的な冷却が可能になる。それでもだめなら、送水装置を作れば良い。国家壊滅の危機だ。日本の製造業が協力して総力を注げば短期間で実現は可能だ。

たとえば高さ50メートルまで伸ばせる作業車がある。その上にロボットアームとテレビカメラをつけて、遠隔操作でホースを使用済み燃料のプールまで伸ばすことは技術的に可能だ。更に手っ取り早い方法として、コンクリート打ち作業車の転用がある。以前、目撃した時は10数階建てのビルに生コンを送り込んでいた。このホースは遠隔操作で、クネクネと現場まで筒先を伸ばすことができる。

東電と役所関係の発表は相変わらず散漫で曖昧。殊に、仲間と話す時の笑顔は腹立たしい。あれは国民目線ではなく、内部協調を最優先する典型的な小役人の姿勢だ。同じ国家公務員でも、航空幕僚長の記者会見は軍人らしく簡潔な言葉で率直に答えているように見えた。
余談だが、原子力安全保安院の会見に出てくるメガネの人は前髪を偽装しているように見える。

朝日新聞はようやくバランス良い報道をするようになった。平常時ならセンセーショナルな報道が必要だ。しかし、全国民と世界中が不安に駆られている時だ。殆どの国民は朝日新聞が思っている程バカではなく、楽観視などしていない。

意外なのは、米軍空母がいち早く逃げ出し、一部の国のレスキュー隊が国外退去を始めたことだ。逃げ出した時の放射能レベルは原子力空母内と同レベルかそれ以下だったはずだが。
しかし、他国の災害に巻き込まれたくないのは、日本国民も同じだ。たとえば、チェルノブイリ原発事故の時、遠い安全地帯から日本人はいち早く逃げ出した。そのような国としては、文句を言える立場ではない。

欧米マスコミも政治家も、口を揃えて日本政府の無能ぶりを囃し立てている。それでも国民の秩序は保たれていて混乱は起きない。役人がいなくても、いつのまにか組織が作られリーターが生まれる。ある意味で、我が国は本当の無政府主義を実現している国かもしれない。

今の計画停電のやり方は実に拙い。このやり方では産業界までしぼんで、被災地の復興も遅れてしまう。むしろ、今回は国民一人一人の節電で解決すべきだ。幸い、今は春へ向かう季節。暖房機を止めて厚着をして、被災民の苦しみを共有すべきだ。

被災地の避難場所では、危惧していたように老人や病人が次々と死に始めた。歩いて避難場所に辿り着いた老人が、数日で寝たっきりになった例も多い。この劣悪な環境では寝たっ切りから肺炎を起こし亡くなる人が日に日に増える。母を介護していたので、老人の急激な変化は身を以て経験した。このだめ押しのような悲劇は救い難くて辛い。

それにしても、都民の買いだめにはうんざりする。相変わらずトスレットベーバーが払底していた。日本人は世界で希な尻拭き好きな国民性のようだ。
東北からの出荷が多い牛乳と卵は、物流が回復すれば、元に戻るだろう。今日は、博多の兄から米が送って来た。私は玄米食なので、そのまま被災地に送りたいが、個人からの受付は東京都庁だけだ。近い場所で受け付けてくれるシステムができるのを願っている。

もし生活にゆとりがあったら、すぐにでもボランティアに出かけたい。しかし、私自身の生活が破綻寸前で到底無理だ。

Ufo11318

本日夕暮れ前、新河岸川上空で出会った。
UFO研究家橋本氏によると、災難に会った日本人を元気づけるために訪れた希望型UFOだと言う。
なるほど、遭遇した後、清々しい気分になった。

Ma_3

|

« 福島第1原発事故原因は地震ではなく津波だった。関連ニュースは音を止めて見ている。11年3月16日 | トップページ | 放射能検出の福島牛乳と茨城ほうれん草より、不安をあおるマスコミと風評が人体に危険だ。11年3月21日 »