« 福島第一原発事故現場に、やっと東京消防庁が登場した。11年3月18日 | トップページ | 我が家の回りから人が消え「みんなどこへ行った」と叫びたい衝動に駆られる。11年3月22日 »

2011年3月19日 (土)

放射能検出の福島牛乳と茨城ほうれん草より、不安をあおるマスコミと風評が人体に危険だ。11年3月21日

ニュースを見ながら、牛乳とほうれん草から検出された放射線量より、マスコミと風評の過剰反応が危険だと思った。これから、テレビ、週刊誌、新聞各紙、ネット等は、ここぞとばかり恐怖を煽りたてるだろう。敢えて私は牛乳を飲み、ほうれん草を食べて福島と茨城を支援したい。このくらの放射能なら体に入れてもまったく心配はない。

今は、国難の時だ。原発現場で命がけで働いている、自衛隊、消防隊、東電作業員、の立場を思ったら、牛乳やほうれん草から出た僅かな放射能など屁みたいなものだ。危機を煽って売り上げを伸ばそうとするマスコミは火事場泥棒と同じだ。

ただし、退避地区の住民に対しは、妊婦や子供たちは僅かな放射能でも影響を受けやすいので政府は万全の安全策を講じるべきた。それについて、チェルノブイリ原発事故の前例がある。その時は今の日本と比べものにならないほど、大量の深刻な汚染を招いた。それにもかかわらず周辺住民は大量の放射性物質に汚染された牛乳を飲み、食物を食べ続けた。その結果、甲状腺が放射性ヨウ素による持続的な体内被爆を受け、子供たちに甲状腺がんが多発した。しかし、それ以外のガンの増加はなく、大人の甲状腺がんの発症も増加しなかった。

まして、今回の汚染はチェルノブイリと比べたら小さく微々たるものだ。もし、本当に危険ならヨウ素剤が広範囲に配られるはずだ。今の所、原発周辺一部でそのような報道があるが、あくまで準備段階で実施される予定はない。しかも、日本の放射線量の基準は世界一厳しい。

放射能による甲状腺がんは、ヨウ素剤を服用することで完全に防止できる。甲状腺はヨウ素を必要とする器官で、集中して取り込む性質がある。この防止方法は、甲状腺に十分なヨウ素分があることで、新たに放射性ヨウ素を取り入れない働きを利用したものだ。

チェルノブイリではその予防措置を取らなかったために、子供たちに甲状腺がんの発症を招いた。日本は世界二位のヨウ素産出国で、その分野は万全の備えがある。更に、神経質過ぎるほどに厳しい基準を適応している。この現状ではまったく心配ない。

今、酪農家は基準値を超えた牛乳を破棄している。しかし、放射性ヨウ素の半減期は8日。半月も放置すれば減衰する計算だ。捨てずに加工して、半月保管しておけば放射性ヨウ素はなくなることを知って欲しい。政府はそのことをふまえ、加工乳に回して、基準値内に減ったところで出荷する、と発表すべきだった。それは野菜も同じだ。これ以上、農家を痛めつけるのは止めて欲しい。

細胞の新陳代謝が鈍くなった熟年以上では、今程度の放射線の影響は全く受けない。ましてIAEAの調査でも、首都圏の放射能は通常範囲だ。私は66歳だが、この年齢では放射能が今の100倍に増えても影響を受ける前に寿命が尽きてしまう。むしろ、心配し過ぎのストレスからの病気の危険が遥かに大きい。その意味で、不安を煽るマスコミやネットや、生半可な知識で情報を垂れ流すマスコミの方が、放射能より遥かに危険だ。

絶対にあり得ないことだが、万一、東京が汚染地区になって退避勧告を受けても、私は踏みとどまるつもりだ。国民は生涯に一度くらいは、国難を自分のこととして受け止めたらどうだろうか。今、福島第一原発事故現場で懸命に働いている人たちは、家族と水杯を交わし決死の覚悟て働いている。彼らは無事に生還しても、これから死ぬまでガン発症の不安を抱いて生きて行かなければならない。それを知りながら奮闘している彼らを見ると泣けて来る。

更に、故郷を捨てさせれた膨大な住民がいる。老いて故郷を捨てさせられる苦しみを思うと気の毒でならない。老いた避難者たちが慣れない異郷で暮らすストレスは命を縮めるほどに危険だ。責任追及は原発事故が片付いてから、ゆっくりすれば良いことだ。

今は挙国一致救国内閣が必要な時だが、野党の谷垣総裁が入閣を断った。国難を乗り越えるのに管内閣では心許ない以上、是非受け入れ、協力して国難に立ち向かって欲しかった。この段になっても党利党略優先なのは残念。断った理由に唐突だから、とあった。そもそも、大災害は唐突に起き、迅速に対処しなければならない。互いの政策協議など、この非常時の中じっくりできることではない。嫌な政策は絶対協力しない、と宣言して入閣すれば良いことだ。そのあたり、自民党はけつの穴が小さ過ぎる。与党内に入って、管内閣を食ってしまうくらいの気概が欲しかった。
かって自民党は原発推進に熱心だった。責任の一端を取る気があるなら今からでも遅くない。誰かが入閣し、国のために命がけで働いて男気を見せて欲しい。

H_0

東京北社会保険病院の庭のベンチ腰かけて青空を見上げていた。日射しは暖かく実に平和だ。遠くで、柴犬の花ちゃんと遊んでいる子供たちの声が可愛い。

H_1_2H_2_2H_3_2アジサイが芽を出した。

ニンニクの花。

四葉のクローバー。今年始めて見つけた。
こんな時代なので、これから良いことが起きそうで嬉しかった。

人は右往左往しているが、自然は確実に移り変わって行く。

被災地にもやがて草木が芽吹き、桜が咲くだろう。
東北の人たちは粘り強く逞しい。苦難を乗り越えて、必ず復興してくれると信じている。

Ma_3

|

« 福島第一原発事故現場に、やっと東京消防庁が登場した。11年3月18日 | トップページ | 我が家の回りから人が消え「みんなどこへ行った」と叫びたい衝動に駆られる。11年3月22日 »