« 我が家の回りから人が消え「みんなどこへ行った」と叫びたい衝動に駆られる。11年3月22日 | トップページ | 原発事故と津波以来、パンダとスカイツリーが話題から消えた。11年3月27日 »

2011年3月24日 (木)

基準値越えの牛乳野菜の販売摂取制限は暴挙だ。破棄しなくても無毒化する方法はある。11年3月24日

政府は放射線が基準値を越した牛乳と野菜の販売摂取制限と、とんでもない暴挙をやってしまった。汚染と言っても、1年間食べ続けた場合に、極めて希に起きる程の低いリスクだ。まして、数ヶ月間大量に食べ続けたくらいではまったく無害だ。汚染を明示した上で売ってくれるなら、私は喜んで買う。放射線への感受性が鈍い老人ならリスクは極めて低い。もし、この馬鹿げた政策を続ければ、店頭から野菜や牛乳は消えて高騰を招き、低所得者は栄養不足に陥る。どちらの弊害が大きいか、政府は事前に冷静に考えるべきだった。

せめて、基準値を超えた野菜牛乳は加工用に回して、8日間と半減期が短い放射性ヨウ素の性質を利用して一定期間置いて、無害化してから出荷する方法があったはずだ。水洗いをしっかりして、放射線量をきめ細かく計って出荷する方法もある。ガイガーカウンターを農業団体に配布して、農家に任せるのが最善の方法だ。大雑把に地方単位でくくる今のやり方では、関東東北の野菜農家と酪農家の息の根は止められてしまう。例えば、原発から10キロ地点でも安全値の地域がある。半径10キロとか30キロと言った危険区域の示し方は大雑把過ぎて現実的ではない。

すでに放射線値が僅かに基準値を越えた水道水に対してヒステリックな反応が起きている。中には洗面や風呂までミネラル水を使うと言っているバカ主婦も現われている。もし心配なら、ポリタンクに入れて、冷暗所に20日程放置すれば、放射性ヨウ素は安全基準値内に収まる。なぜ行政はその方法を教えないのか、怒りを覚える。
放射線は光りと同じように狭い場所に閉じ込めることはできず拡散してなくなる。放射性ヨウ素は放射線を放出して無害なキセノンガスに変わり拡散して消える。

野菜類は良く洗って茹でて、腐らないように半月程冷凍保存しておけば無害になる。半減期が30年と長い放射性セシウムは量が少ない上に、摂取しても特定の器官に留まりにくい物質だ。放射性ヨウ素が問題になるのは甲状腺に特異に取り込まれるからだ。今の状況は風評と政策がタッグを組んで、野菜農家と酪農家と我々の息の根を止めにかかっていると思えてならない。

この分では、牛乳野菜の次のターゲットは海産物だろう。繰り返すが、規制値なんかくそくらえだ。たとえば、魚類は冷凍するか、加工して保存しておけば無害になる。海草類は乾燥させて出荷するころは放射線の基準値を遥かに下回るはずだ。始めから破棄ありきではあまりにも拙速に過ぎる。そして、消費者たちは放射線を無くす方法があることを是非知って欲しい。政府機関は直ちに、放射線量が減る方法を実験して、テレビで公開すべきだ。破棄、摂取禁止では社会混乱を招くばかりだ。

S_0_2

荒川向こうの川口方面の計画停電。いつもは高層マンションが明るく輝いていたのに不気味に暗く静まり返っていた。

電力不足には日本人の創意工夫を期待している。一番早い発電回復にガスタービンがあり、すでに計画は実行に移される寸前だ。産業界が話し合って、夜間電力や休日電力を有効に使う方法がある。さらに家庭の節電を加えれば、必ず乗り越えることができる。

今回の大津波で、大勢の人たちが突然に肉親や伴侶を奪われ深い哀しみにくれている。そして、せっかく津波から助かった老人たちが避難場所で次々と死んでいる。比べると、私の母の死は実に平和で幸せな死だった。生木が引き裂かれるような、大量の死の前では、病院のベットや、在宅での十分な介護のもとでの穏やかな死は霞んでしまう。

津波は受け入れる他ない圧倒的な自然災害だが、原発事故は明らかに人間の驕りと文明の脆さが招いた人災だ。今、社会に澱のように天災や被爆などに対する不安が満ちている。今の時代が求めるのは個人的な小さな幸せではなく、謙虚さ、生き抜く力、他人同士が助け合う心のようだ。小さな幸せに閉じこもっていられた時代は終わった。勇気をだして外へ打って出なければ押しつぶされてしまう。今は容赦なく侵入して来る禍々しきものたちと戦う時代に変化した。

S_1東京北社会保険病院下のスミレ。

人間のすることと比べ、自然は何と清らかで美しいことだろう。

買い物へ出かけて、今日も空の食品だなや高騰した野菜を見せつけられるのかと思うと恐怖を感じる。

Ma_3

|

« 我が家の回りから人が消え「みんなどこへ行った」と叫びたい衝動に駆られる。11年3月22日 | トップページ | 原発事故と津波以来、パンダとスカイツリーが話題から消えた。11年3月27日 »