« 基準値越えの牛乳野菜の販売摂取制限は暴挙だ。破棄しなくても無毒化する方法はある。11年3月24日 | トップページ | 福島第一原発事故の解決への道筋。11年3月30日 »

2011年3月27日 (日)

原発事故と津波以来、パンダとスカイツリーが話題から消えた。11年3月27日

朝食の食材がなかったので、スーパーが開店する10時まで待って川向こうのライフへ買い物へ行った。テレビを点けると憂鬱になるが、見ない訳もいかない。11日の午後3時以前の平和な日本が懐かしい。地震以来、消えたものが無数にある。第一が平穏無事。パンダもスカイツリーも話題から消えた。津波だけの被害だったら、一致団結して努力すれば日に日に復興する。しかし、原発事故は違う、ただ不安なまま遅々として進まない作業を見守るほかない。最近、その不安感が国民全体に瀰漫しているように感じる。

A_1

写真は環八と新河岸川。富士は雲がかかって見えない。

原発事故の避難地区で、寝たっきりのおじいさんを世話しているおばあさんが、絶対に避難しないと頑張っていた。もし、避難させたとしても、十分な介護は受けられない。知らない場所でのストレスも大きく死ぬ確立が高い。今の汚染規模なら老人は避難地区に残っても影響はまったくない。担当者たちが責任逃れに規則を押し付けているだけにしか思えない。退避したくない老人は自宅へ残し、物資と医療だけ提供すべきだ。

福島第一原発タービン建屋内に溜まった放射性物質の高濃度汚染水は厄介だ。しかし、漏れている個所が特定できれば対処方法は必ずある。その前に溜まった高濃度汚染水を排水し、安全な容器内に閉じ込めておく必要がある。汚染水中の放射性ヨウ素は半減期が短いので2ヶ月も放っておけば、ほぼ消滅する。半減期が30年と長い放射性セシウムは吸着剤で除去することになりそうだ。放射性セシウムは周囲に拡散しても植物は殆ど吸収せず、動物が食べても体内にも留まりにくく実害は少ない。更に一カ所に集めて密封しておけば危機的状況は避けられる。

これからの経緯として、高度汚染水の排水と後の洗浄作業に2週間くらいはかかりそうだ。平行して必要な作業は進められているとしても、安定化のめどがつくのは5月辺りだろう。相変わらず、ネットやマスコミの一部は日本の終末期だと不安を煽っているが、私は絶対に解決すると信じている。

1143年前に三陸地方で貞観の大津波が起きた時、前後して15年くらいの間に富士山爆発、東海東南海地震、関東地震と連続した。これから、あちこちでそれらの不安を煽る者が増えそうだ。しかし、東海東南海地震については今の予知技術で三ヶ月前辺りに予知ができる。火山爆発については更に正確な予知が可能だ。ただし、関東の直下型地震だけは、よく分からない部分が多く、運に任せる他ない。いずれにしても、冷静に対処すれば被害は少なくて済むはずだ。

昨日は出版社へ出かけて、「介護日記」の代わりの企画を相談した。いずれにしても生き残りは厳しい。今、時代の潮目が大きく変わっているのを肌で感じている。土曜夜の教育テレビで舞台の「赤毛のアン」を放映していた。良く知っている筋書きで見たいとはとは思わなかったが、何となく見ていたら意外に安らいだ。子供役たちの会話が素朴で健気で胸がジーンとするほど平和で胸を打つ。これから世間が求めるのは、のびやかで素朴なものかもしれない。

出版社の帰りに銀座へ出た。噂通り、街から欧米系もアジア系も外人が消えて何となく寂しかった。数寄屋橋でライオンズクラブが募金していたので、ポケットから札を出すと5千円だった。千円と取り替えようとしたが、おじさんたちがニッコリ笑っておじきしたので、そのまま募金箱へ入れてしまった。その後、スクラッチ宝クジを買うと五枚中二枚当たりの700円で、募金したことで金運が付いたようだ。

夏場までの華やかなイベントなどがキャンセルされ、イベント会社は大変な苦境らしい。今の精神状態はあと1ヶ月は続けられない。いつか、開放させないと精神を病んでしまいそうだ。若者たちのためにディズニーランドの再開が急務かもしれない。11日は液状化で5万人が園内に取り残されたようだが、5月の連休までには復旧しそうだ。平行して自家発電設備を設ければ、夏場にも営業が続けられるだろう。

ギャラリーオカベで二人展を見てから、青木画廊のグループ展へ行き二次会に参加した。バカ話しをしていると気分が紛れた。メンバーの一人の江本君はさほど裕福ではないが募金で4万円を寄付した。上には上があると尊敬してしまった。私の経験では寄付すると運が向いて、百倍になって戻って来る。

11時まで飲んで、家には12時近くに帰った。大勢でバカ話をしていると気が紛れるが、誰もいない家に帰ると寂しい。この寂しさにはなかなか慣れない。

A_2_2A_3_2A_4緑道公園で会った子。人懐っこく近づいても逃げなかった。

スカイツリーがいつの間にか高くなっていた。

野菜が意外に暴落していた。江戸川産の小松菜の束はいつもの二倍の大きさだが200円代で売っていた。下の箱は生のタイム。鶏の胸肉の臭み取りに使う。

Ma_3

|

« 基準値越えの牛乳野菜の販売摂取制限は暴挙だ。破棄しなくても無毒化する方法はある。11年3月24日 | トップページ | 福島第一原発事故の解決への道筋。11年3月30日 »