« 四季劇場秋で「夢から覚めた夢」を観た後、船でお台場へ行った。11年5月12日 | トップページ | 原発に新緑の美しさを穢されてしまった。11年5月18日 »

2011年5月16日 (月)

NHK ETV-福島原発事故後-ネットワーク-放射能汚染地図を思う。11年5月15日

福島原発事故2ヶ月間に、科学者グループが自発的に放射能汚染地図を作って行く過程を記録したNHK番組を見た。汚染地図はすでに知識があったが、絶えずガイガーカウンターの針が振り切れる映像を目にすると汚染の深刻さが伝わり、ずしりと重いものが残った。

事故後間もない赤宇木地区の公民館には浪江町から避難して来ていた数グループの家族がいた。公式の避難場所は安全地区に設けられているが、飼い犬や飼い猫の為に遠くへ行けない事情があってのことだ。非公認のため、公的援助はなく大変な苦労をしながら赤宇木で生活していた。

今は赤宇木地区が高レベル汚染しているホットスポットであることは一般に知られている。しかし、撮影当時は住民に知らされていなかった。高レベル汚染については、文科省は早い時期に掌握していたが、混乱を招き風評被害を増すことを理由に非公開にしていた。避難住民たちは赤宇木地区が自宅より遥かに高く汚染していると調査グループから知らされ愕然としていた。ちなみに、その地域の野外に1年間居続けた場合の積算被爆量は400ミリシーベルト。外に居続けることはあり得ないので、実際は200ミリシーベルト/年くらいだろう。それで高まるガンリスクは1%ほどとされている。

原発から西北30キロ圏外の飯館村が高レベル地区であることが一般に知られてからも、行政は同心円の危険区域設定にこだわっていた。実際は原発間近でも低レベルだったり、離れていても高レベルだったりとまだら模様になっている。番組では、風に乗った放射性物質が山にぶつかって雨雪に溶け込んで降下し、点状にホットスポットが生じる経緯を説明していた。

今は、原発から遠い箱根東北部の茶畑にホットスポットが見つかり茶葉が販売禁止になっている。番組では100メートルの違いで汚染度が大きく変化していることがあった。この現状では、国の雑な発表はあてにせずに、地方レベルできめ細かく放射線測定をして詳細な汚染地図を作り、自主対応をする他ないようだ。

見終えて感じたことは、年間被爆規制値20ミリシーベルトが医学上の意味を無視して一人歩きしていることだ。学者によっては子供のガンが0.5%増える言っているが、それ以上に危険と、それほどではないとの説が混在していて、どれを信じて良いのか迷う。20ミリシーベルトの制限ラインが正しいか間違っているか、今程度の疫学調査で断言できる学者はいないはずだ。

参考に記すと、自然放射能の年間被爆量の最高値はブラジル(ガラパリ)とインド(ケララ)の10ミリシーベルト。その地域には昔から人が生活しているが、他と比べ子供のガン発症率は高くはない。それを参考にすれば、年間被爆10ミリシーベルトなら子供でも安全と言える。
学者の中には4ミリシーベルトでも危険との意見があるが、それなら年間4ミリシーベルトのアメリカのデンバーは危険になる。日本でもラドン泉やラジウム泉が湧出する地域では10ミリシーベルトに達するホットスポットがあるが、そこの住人が他より多く発ガンする訳ではない。

以上から、感受性が鈍感な大人なら20ミリシーベルトが許容範囲で、感受性の鋭敏な子供は10ミリシーベルトを制限値にするのが妥当かもしれない。ある番組で放射線医学の専門家が1年1ミリシーベルト以下であるべきと言っていたが、聞き間違いでなかったらバカバカしい非科学的な意見だ。たとえば、原発事故前の日本の平均被爆量は1.5ミリシーベルト。イタリーとイギリスは2.2ミリシーベルト。地球全体の平均被爆量は2.4ミリシーベルト。歴史上、1ミリシーベルト以下の環境で生活した人類は殆どいないのに、1ミリシーベルト以下であるべきとの数値はどこから出て来たのだろうか。あまりにも非現実的であぜんとする。

被爆の疫学調査が大規模に行われたチェルノブイリでは、放射性ヨウ素に汚染された牛乳を飲み続けた子供たちに甲状腺がんが多発した。しかし、その他の小児ガンについては非汚染地区との差はなかった。更に子供と大人ではがん発症率に大きな違いがあり、20ミリシーベルトが危険なのは子供に限定されたようだ。子供の甲状腺がん多発はソヴエト時代の特殊事情によるもので、今の日本では食物規制が厳しく、半減期8日の放射性ヨウ素の持続的な被爆は考えにくい。

汚染地図では20ミリシーベルト以上の高レベル地区は赤で表し、低濃度へは黄緑青と変化する。この表現は分かりやすい反面、その意味を明確に定義しないとまったく意味が違って来る。このような番組は1時間半では短く、被爆疫学調査と汚染除去策を組み込んだ長時間番組にしないと誤解を生みそうだ。

現時点ではっきりしているのは、福島県を中心にした住人は放射線汚染と共存して行く他ないことだ。番組では安全地域の福島市内であっても高レベル汚染地区が見つかっていた。未知のホットスポットの住民の子供が、被爆によって年間200人に一人がガン死することは将来的にあり得る。それは原発を推進した歴代政府と安全神話を作り上げた東電と、湯水のように潤沢な利権に群がった政治家と産学官と地方自治体と、それらを黙認し原発電力を浪費し続けた日本国民の責任である。

今からできることは、子供が遊ぶ校庭や公園の地表から3〜10センチの土壌を剥ぎ取り、立ち入り禁止地区まで運んで野積みしてシートで覆うことだ。その措置で子供たちの被爆は半分以下になる。主要な汚染物の放射性セシウムの半減期は30年。今の子供たちが老人になる頃には殆ど無害になる。野積みでも、セシウムは土壌に強く吸着されているので、地下水への浸透は起こりにくい。

もう一つは、環境と食物の徹底した放射線測定と公表だ。環境規制は難しい側面があるが、食物に関しては基準値以下であることを明示し、時間をかけて信頼を得れば風評被害は消えて行くはずだ。
農地については、チェルノブイリで行われたように、放射性物質を良く吸収する菜種を植え、油は燃料にし、茎葉根は汚染土と同じように集めて野積みする。それで、早い時期に安全値へ持って行けるだろう。

殆ど無策のまま大事故へ至らせた東電と政府には今も怒りが込み上げる。原発を推進して来た清和会系の議員と御用評論家たちが責任に頬被りして現政権を攻撃して政局に持ち込もうとしている姿勢にも怒りを覚える。彼らが今やるべきことは、挙国一致して国民の安全を図ることだ。

被爆以前に、慣れない避難生活の心労から多くの死者や病人が出ている。美しく豊かな故郷と田畑を奪われ、家族同様の家畜やペットたちとの絆を引き裂かれた住人の苦痛を思うと、やりきれない怒りが込み上げる。先日の原発事故以後の浪江町のドキュメンタリーで、案内した地元の人が「自然災害の津波は受け入れるが、原発事故は受け入れられない。」とつぶやいていた。その言葉が殆どの日本人の心情だろう。

C_000

夕暮れの浮間地区。

C_00

夕暮れの環八。
中央の高層の13階に我が家がある。

C_2C_1A_4A_3A_1緑道公園のカラス。カメラを構えたら慌てて逃げて行った。

都営桐ヶ丘団地のネギ坊主。
子供の頃から、童話のようなネギ坊主の姿が大好きだ。

緑道公園のヘビイチゴ。

緑道公園の入り口に止めた自転車の下でスズメが餌探ししていた。

東京北社会保険病院下で見つけた四葉のクローバー。
四葉のクローバーは、特定の株に集中する。
いつも見つける株は、先日、ともちゃんが5枚も見つけてしまい、今は一枚もない。
その後、若い女性が真剣なまなざしで探していたが、見つけられなかった。

最近、この公園で四葉を探す人が増えた。世の中が不安で、そのような形で幸せを求めているのかもしれない。

ともちゃんとは今年成人式を迎えた可愛い女の子だ。時折、一緒に散歩をして、食べられる木の実や、男の騙し方など実用的なことを教えている。

Ma_3

|

« 四季劇場秋で「夢から覚めた夢」を観た後、船でお台場へ行った。11年5月12日 | トップページ | 原発に新緑の美しさを穢されてしまった。11年5月18日 »