« 震災被災松の京都大文字送り火中止と円高無策。11年8月7日 | トップページ | 今の政争はイソップの「カエルの王様」だ。11年8月11日 »

2011年8月 9日 (火)

米国発の株暴落でも未来は暗くない。原発代替えエネルギーは日本近海に鉱物資源と共に大量埋蔵。11年8月9日

米国債券評価下落に伴う世界同時株安に加え、円高で日本経済に暗雲。それでも日本の未来は明るいと見ている。

前回書いたが、円高はインフレを異常に恐れるあまり通貨の発行を抑えている日銀に責任がある。主要先進国の殆どが通貨を増刷しているに円の発行量は少ない。そこを投機筋に狙われて円高が起きた。
対策は日銀が円を増刷してだぶつかせることだ。それができないなら、高い円の戦略的な運用だ。現物でも、先物でも資源を買いまくる。海外の有力企業を買収する。それによって資源高騰を招き、世界経済に混乱を招けば、主要各国は円安に協調介入する他なくなる。日本政府と日銀の経済政策は荒々しさに欠ける。そこを投機筋につけ込まれ円高が恒常化してしまった。

不景気の根底には必ずエネルギー問題がある。もし、エネルギーが安く安定供給されるなら、どのような経済危機も乗り越えられる。何故なら、食料も資源もエネルギーによって支えられているからだ。食料と資源が安定していれば、国民生活は保障される。かって日本が戦争に突き進んだのは、エネルギーと資源を米国に止められたからだった

円高是正はしばらくは難しいが、エネルギー需給はこれから先も安定維持される。だから今回の株暴落は確実に回復すると見ている。しかし、原発事故による電力不足は問題だ。その反省の上に脱原発が言われているが、実現を難しくさせている事情がある。毎年、原発関連予算が5000億以上投じられて来た結果、原発に依存した産業や官僚や政治家が多く生まれ、脱原発に抵抗しているからだ。

それでも脱原発は難しくない。再生可能エネルギーは問題が多いとしても、従来の火力発電なら楽観できるからだ。日本の火力の発電効率は70%を越えて、世界トップ水準にある。しかも、温室効果ガス排出量が石炭石油の半分の天然ガスの供給は極めて安定している。

今、天然ガスで注目されるのはシェールガスだ。それは中国米国両大国の頁岩層に大量分布している。以前から大量埋蔵は知られていたが、シェール(頁岩)から取り出す技術がなかった。それが頁岩層に細かなひび割れを作る事で、シェールガスを容易に取り出せるようになった。
そのおかげで米国はカタールからのLPG-液化石油ガス輸入の必要なくなり、困ったカタールは大震災で需要が急増した日本へ輸出先を代えた。

北米の天然ガス生産量の半分は2020年までにシェールガスに置き換わると予測されている。中国も天然ガス輸入は激減する。そうなれば10年後には世界のエネルギー地図は大きく変化するはずだ。ロシアとペルシャ湾岸諸国からのガス輸出価格は大きく下落する。そして、米国の中東政策は激変し、アルカイダ問題から手を引くことになる。

日本で期待されているのはメタンガスだ。九州四国和歌山沖の海底にメタンハイグレードの形で日本が必要とする100年分が埋蔵されている。採掘の実用化時期は2018年辺りからだ。

再生可能エメルギーの普及については、天候に左右される弱点がある。もし、安価で大容量の電池が開発されればその問題は解決する。今考えられているのはリチウム電池だが高価過ぎる。将来は安価で高密度のマグネシウム電池が有力になる。マグネシウム電池はリチウム電池より重量比で7,5倍のエネルギー密度があり、マグネシウムは海水中に無尽蔵に含まれている。

マグネシウムは電池だけでなく、火力発電所で直接燃料にでき、燃えカスの酸化マグネシウムは100%回収できる。私が子供の頃、マグネシウムは細片にして写真撮影のフラッシュで燃していた。登山用のマグネシウム片は削って焚き火の着火に使った。

マグネシウムはリチウム、石油、ガソリンと比べ、はるかに取り扱いは簡単で、コンビニで扱うことさえできる。加えて、マグネシウムは特定の国に偏在するリチウムより海洋国家の日本では確保が簡単だ。

最大の問題点は精錬コストだ。従来技術ではマグネシウム1トンを精錬するのに、10トンの石炭に相当するエネルギーが必要だ。そのため、CO2削減の制約がない中国が世界一のマグネシウム生産国になっていた。しかし、東工大の矢部孝教授は太陽光をエネルギー源にした強力なレザー光での効率的なマグネシウム精錬方法を確立している。オーストラリア、サウジ半島、アフリカの砂漠地帯、などで太陽光精錬をすればコストは安くなる。

レアアース等の鉱物資源は沖縄付近と伊豆・小笠原諸島周辺の熱水鉱床に5000万トン発見されている。陸上の金鉱石は通常1トン当たり数10グラムしか金を含まないが、日本近海の鉱床は銅、亜鉛、鉛、金を含み図抜けて品位が高い。金の陸上確認埋蔵量は7万5000トンで30年後には枯渇する。もし、今のまま金相場が上昇を続ければ海底からの採掘は採算が取れようになる。

近年鹿児島湾で発見されたアンチモニー鉱床は日本の必要量の180年分もある。水深200メートルの2万5千年前に噴火した姶良カルデラの主要火口に厚さ5メートル直径1.5キロの円形に埋蔵している。含有量は6%で金属換算すると90万トンもある。現在、アンチモニーは中国から95%以上を輸入している。中国の品質は0.5%なので鹿児島湾の鉱石12倍の高品質だ。但し、ヒ素を含むので海洋汚染を防ぐ新たな採掘技術開発が必要とされる。
近い将来、日本は間違いなくエネルギーとレアアースが自給自足できる資源国となるはずだ。

これからの株価の動向はが、エネルギー価格が安定しているので必ず安定回復するはずだ。現在の大幅下落は狼狽売りのせいで、将来を冷静に見通しての結果ではない。米国国債も評価が下がったのに買い進められているのは、投機筋が必ず回復すると見ているからだろう。

Kumo6

住まいから、東京北社会保険病院方面を遠望。

DaiNaK_1ダイヤモンド砥石を買った。
荒砥並によく研げてきめが細かい。
これからは気軽に包丁が研げる。
とても軽い力で研げるので、女性でも使いやす。

次写真。
上から精密作業用カッター、
セラミックカッター・ダイアモンド砥石付き。

必要ではないが、店で見つけると欲しくなる。

共に切れ味は良い。
セラミックの方はサンドペーパーを切るのに使えそうだ。

子供の頃こんなのを持っていたら消し​ゴムも鉛筆も机も彫刻だらけだった。

道具は本当に楽しい。
上のカッターの切れ味が鈍っ​たら、5000番のサンドペーパーで軽く研ぐと切れ味が​復活する。
下のセラミック刃は段ボール箱をバラすのに​使う。
スチールのカッターでははすぐに切れなくなりるが、セラミックは衰えない。

昨日、またケセランパサランを捕まえた。

先日、捕まえた時は三日後に絵の注文が入った。
幸運は本当かもしれない。

伝承では1年に1回しか見てはいけないことになっているので、
箱を作って、白粉と一緒にしまった。

御縁があるように5円切手を貼った。
東京では最近舞​っているのをよく見かける。
本当に軽やかで、捕​まえるのはとても難しい。

Ma_3

|

« 震災被災松の京都大文字送り火中止と円高無策。11年8月7日 | トップページ | 今の政争はイソップの「カエルの王様」だ。11年8月11日 »