« 今の政争はイソップの「カエルの王様」だ。11年8月11日 | トップページ | 敗戦特集からETV特集アメリカから見た福島原発事故。トップたちの無能さは共通していた。11年8月15日 »

2011年8月12日 (金)

NHK追跡AtoZ「過熱する日本人技術者争奪戦」の問題点。11年8月12日

日本メーカーのテレビ開発にリストラの波。その結果、優秀な技術者が行き場を失い、知識とノウハウに目をつけた韓国中国のメーカーが日本人技術者の争奪戦を繰り広げている。
「活躍の場が得られて嬉しい。」と転職を歓迎する人。
「韓中企業で力をつけて再び日本に戻りたいが、受け入れてもらえない。」と嘆く人。
番組では海を越えて働く技術者の思いに迫っていた。

しかし、中国韓国メーカーが欲しいのは知識とノウハウだけで、搾り取れば技術者たちは放り出される。それでも流出が続くのは何故か、最大の理由は日本メーカー経営陣の無能さだ。彼らには長期戦略がなく、多過ぎる国内企業同士が横並びで競争して足の引っぱりあいをしている。
かって、韓国は国家自体が破綻した時、政府指導でメーカーを統合して成功した。しかし、日本は余力があり統合は簡単ではない。

1974年創業のアップルの株の時価総額が約26兆円と世界一になった。
韓国のサムスンは10年遅れの出発だったが世界のトップ企業になった。
二つの違いは、アップルがスティーブ・ジョブズとウォズ二人の個人力で成長したのに対し、サムスンが国の手厚い保護と、東芝などから只同然で手に入れた技術とノウハウで大きくなった点だ。今のサムスンは努力しているが、製品のギャラクシーがiPadから盗用しているとアップルから訴訟されたように盗用体質は今も変わらない。ちなみに、欧米では巧妙なイメージ戦略で、サムスンは日本メーカーと思っている人が多い。日本技術で成功した会社であるが複雑な思いだ。

中韓両国が短期間で成功したのは、直ぐ隣に人材の宝庫の日本があったからだ。しかし、安直に技術者を手に入れるのは諸刃の刃だ。韓国企業が日本企業から技術とノウハウを収奪した手法を、今、中国はキッチアップして猛追している。しかし、完成した技術だけ手に入れる手法は中国高速鉄道事故で分かるように、大きな失敗を招く。同じように韓国の高速鉄道でも事故は多発している。

メーカーの技術は、膨大な失敗例がとても重要だ。人まねは日本企業も同じだろう、との意見があるがそれは違う。日本の企業が戦後長い間成功し続けられたのは、基本技術は西欧から買ってもノウハウだけは必死になって試行錯誤しながら自力開発したからだ。

NHKは番組で希望を見いだそうとしていたが、技術者流出は日本の構造的な問題で簡単には解決しない。流出先が欧米ではなく、韓国と中国だったのが大問題だった。両国には根深い反日感情があり、日本に対してなら、どんな汚い手段を取っても構わないとの意識がある。韓国企業が日本を叩き潰そうとするのも、中国が日本の新幹線技術を勝手に特許申請するのも、そのような背景があってのことだ。

これから先、流出した従来技術では、企業競争を報復戦争と見なす韓中メーカーには絶対勝てない。しかし、座視すれば日本は潰される。番組では、ソニーを退社した技術者が設立したアイ・キューブ株式会社をとりあげていたが、映像用のICC半導体では反撃の材料としては小粒過ぎた。

人は大きく失敗しないと学ばない。栄枯盛衰は世の常で、50年間トップを走っていた日本メーカーが衰退するのは歴史の必然だ。だが、日本にはその間に蓄積された膨大な人材がいる。そのごく一部の技術者が流出しただけで韓国メーカーはトップになれた。次はその日本人技術者たちが中国メーカーを成長させ、韓国メーカーを震撼させるはずだ。韓国メーカーにとっての脅威は、その日本人技術者が持つ日本と韓国の技術とノウハウの中国流出だ。それを恐れて、韓国サムスンは年間数兆円も技術開発と生産に投資している。それでも韓国は将来に渡って今の元気さを維持するのは難しい。豊かになってハングリー精神が弱まるだけではない。個人の自由な創造性に国家が関与し過ぎているからだ。発展途上では成功する手法だが、成熟すれば裏目に出る。たとえば、韓国での科学教育は母国語ではなく英語でなされている。英語のできない日本人学者がノーベル賞を受賞するなど韓国ではありえないことだ。受験競争も苛烈で、若者の創造性を奪っている。韓国ではマンガ家ですら大卒の肩書きが必要だ。韓中の文化の殆どが日本発なのは、そのような背景があってのことだ。

日本は新技術ならまだ勝ち目がある。かって日本メーカーは、家庭用ビデオ、ウォークマン、デジカメ、液晶テレビと世界の文化史を変える程に創造性に溢れていた。それは韓国中国にはない人の力だ。
先日、三菱化学が「塗る太陽電池」を開発し、2013年に発売と発表した。従来の実用型太陽光バネルの厚みが数センチ必要なのに対し、この方式では1ミリ以下で、自動車ボデイや衣服へも応用でき、発電効率は10.1%と実用レベルだ。まだまだ、世界トップクラスの創造性は日本メーカーの各分野にある。

アップルが自社でハードを生産していないのに世界一の企業になれたのは人の力だ。日本には博士号取得者でさえ失業する程に人材は溢れている。ノーベル賞受賞可能な科学者の数は世界トップレベルだ。問題は、それらの人材を生かす国家と企業の戦略の欠如だ。番組で本当に問題にすべきは指導者たちの無能さだった。

P_4

午後、激しい雷雨がやって来て去った。
赤羽台の雨上がりの駐車場。
爽やかな風が吹いていた。昔、シャモがこの辺りに住み着いていた。鶏冠が深紅で、そこら中を飛び回り、とても元気なシャモ​だった。

P_9P_10雨に濡れた椿の実。

東京北社会保険病院庭の珊瑚樹。

"廃屋の血の滴りは珊瑚樹の実"
昔作った句だ。

Ma_3

|

« 今の政争はイソップの「カエルの王様」だ。11年8月11日 | トップページ | 敗戦特集からETV特集アメリカから見た福島原発事故。トップたちの無能さは共通していた。11年8月15日 »