« 国会の重要案件は言葉狩り。無用の長物の政治家に日本の未来は期待できない。11年9月15日 | トップページ | ETV-原発事故への道程、前編「置き去りにされた慎重論」に原発事故の根を見た。11年9月19日 »

2011年9月17日 (土)

大切な人との死別と、浮気をしない男への考察。11年9月17日

「1日が終わるのが早くて、嫌になっちゃう。」
母が元気な頃、夕暮れになるとそう言っていた。
そして、97才と長命な最期でも
「一生が終わるのが早くて、嫌になっちゃう。」
と、逝ってしまったのだろう。

死んだ母や私の感覚では、総ての過去が今に集約していて人生に時間は存在しない。例えば、日記のページをめくるにように、タイムマシーンを使うように時間を遡ることはできない。
極めて主観的に考えれば、私の中では私が知っている総ての人が同時に死ぬことになる。何故なら、時間は一瞬に過ぎてしまうからだ。だから、60年前に死んだ父方の祖母も、36年前に死んだ母方の祖母も、30年前の父も、去年死んだ母も、私の中では同時に死んでいて、やがて私が死ぬ時、故人たちも同時に死ぬことになる。幸せな時間が一瞬で過ぎるように、辛い時間も一瞬で過ぎる。だからこそ、思い出のボリュームの大きさがその人の幸せや充実感に大きく影響するようだ。

しかし、実際に家族を亡くし、孤独になった哀しみはとても深い。今回の大災害でも、多くの哀しみを目にし、心を痛めた方は多いだろう。家族や親しい人を失うことは、同時に、故人を間につながっていた人間関係を失うことになる。例えば私が母を介護している頃、多くの方の思いやりを感じた。母を車椅子散歩させていると、多くの人が声をかけてくれた。車椅子を押しながらドアを開けようとすると、知らない人が駆け寄って手伝ってくれた。弱っていた母も、いつもねぎらいや励ましの言葉をかけてくれた。それら総てが、母が死去した7月1日を境に一瞬で消えてしまった。あの日以来、世間の関心は薄れ孤独を感じることが増えた。しかし、生活の安定と人間関係の再構築には一生懸命励んでいる。

その中で関心が強いのは男女関係だ。それに関して「浮気をしない男の選び方」の記事を先日目にした。的確な内容だったので以下に要約してみた。

 成功を目指している男性は浮気をしない。

仕事に大きな目標がある男は、無駄なく成功へ邁進するために浮気をしない。忙しいから浮気をしない訳ではなく、それに伴うトラブルや道草やマイナス感情を避けるためだ。それ以上に、仕事自体が刺激的で魅力に溢れているので、その必要がないとも言える。仕事以外でも、本命の彼女や友人たちと過ごす時間を大切にするので、結果的に浮気はしない。
しかし、成功した後は別で、お金と暇があったら浮気は必然かもしれない。

 誤解させない、期待させない男は浮気をしない

女性に淡い期待や勘違いをさせてしまう男性は、浮気を受け入れる可能性が高い。そのような男は決して自分から攻めたりしない。それでいて「君とは付き合えない」とも言えない。このタイプの男は本気にならないので、女性がしびれを切らせて追って来て、浮気を誘いこんでしまう。そして最後は、「自分から誘ってない。」との逃げ口上で去ってしまう。

浮気しない男性は、仲よくなっても、その気がない相手に誤解させる行動をとらない。そのような男性かどうか見分けるには、彼の友達関係やグループ遊びを見ればすぐに分かる。本命にしたい男に会ったら1対1の付き合いは避け、コミュニティの中で友達期間をしっかり設け、観察することが重要だ。

 誤解させる男の見分け方と対処法。

誤解させる男性があなたに言い寄ってきたら、次のフレーズを使うことだ。
「貴方はすごくモテそう。女性から告白されたこと、沢山あるでしょう。」
過去の女性遍歴を語り始めたら浮気をしてしまう可能性が高い。本命の女性がいても、言い寄られるとほかの女性を受け入れてしまうタイプだ。
逆に女性からアピールを受けても、「君とは友達」「俺は彼女がいるから恋愛はしない」というスタンスをとる男性は、その後、本気で付き合うことになっても浮気しない。

女性への提言だが、男でも使えそうな記事だった。

S_1

法事終え 鳩と眺める秋の暮れ

14日の夕日。
法事と言っても、彼岸前に済ませようと、昔亡くなった知人に普段着で線香を上げて来ただけだ。

S_7S_11S_10S_12T_1夏空に 動物雲が大騒ぎ

みんな口を開けた動物に見え、可愛くて見飽きない。

おじいさんは足元のミニウサギをいつまでも眺めていた。

昼間の商店街はお年寄りの姿ばかりだ。
若い主婦は商店街ではなくスーパーへ行く。

膝が痛いのだろう。
「がんばって、長生きして・・・」
後ろ姿につぶやいた。

一人暮らしなのか、
それとも、奥さんは動けなくなったのか、
買い物帰りの、70代の元気なおじいさん。

買い物の身支度に無駄がなく決まっていた。

Ma_3

|

« 国会の重要案件は言葉狩り。無用の長物の政治家に日本の未来は期待できない。11年9月15日 | トップページ | ETV-原発事故への道程、前編「置き去りにされた慎重論」に原発事故の根を見た。11年9月19日 »