« 朝日朝刊の菅元総理への原発事故インタビュー記事。11年9月6日 | トップページ | 中央官僚とマスコミと放射線医学者たちが復興の足を引っ張っている。11年9月10日 »

2011年9月 8日 (木)

天使去り ペパーミントの夢醒める 11年9月8日

朝食後の散歩前、少し眠った。母の介護のころから、夜、十分に眠れず5時間ほどで目覚めるので、補うように昼寝をする。殊に午前中の昼寝は悪影響が少ないので努めてしている。

眠った30分ほどの間に母の夢を見た。私は車椅子の母と喫茶店でコーヒーを飲んでいた。それから帰途につくと、石ころだらけ海辺の道に変わって車椅子は押せなくなった。それから先はどうしても思い出せなく、突然に死んだ母が私を呼ぶ声で飛び起きた。一瞬、虚しさがこみ上げたが、呼んだ母の声がとても元気だったことは嬉しかった。

目覚めてからふいに、父親を長年介護して亡くし、喪失感に囚われていた知人のことを思い出した。
彼女が父親と死別から4年過ぎた頃、父親の夢を見たと彼女から手紙が来た。彼女は父親と夢の中で会話し、目覚めたら喪失感が薄れていたとあった。どんな会話なのかは説明はなかったが、その救われた気持ちは何となく分かった。

私も目覚めてから、少し心が軽くなっている気がした。一度の夢くらいで喪失感がなくなるものではないが、そのような夢を何度か見るうちに、彼女のように解決して行くのかもしれない。

先日、NHK「明日へ再起への記録 "みんな一人じゃないからな" 閖上中学校の仲間たち。」を見た。津波の被害を受けた宮城県名取市立閖上(ゆりあげ)中学校は、別の学校を間借りし授業を再開している。中学校は生徒14人を失い、生き残った生徒も家や家族を失ったものが多い。半年が過ぎて、ようやく生徒に笑顔が戻り始めたが、災害を思い出すと辛さが蘇るようだ。

番組では7人の同級生を亡くした3年生45人とその家族を長期取材していた。その中で、息子を亡くした母親の姿は心を打った。一人の時は涙に暮れていたが、息子の野球仲間の前では笑顔で気丈に振る舞っていた。
グリーフケアによる統計では、子供を亡くした母親の哀しみが一番強くて長引く。時には一生引きずることも多い。その次は妻を亡くした夫で、私のケースは一番小さい。取材された遺族たちは皆、人前では明るくふるまい涙は見せなかった。しかし、見えない分、一人の時の哀しみが画面から伝わって来た。

散歩の行き帰り、外に面した非常階段を上り下りしている。まだ暑い今は風が抜けて心地良い。階段の踊り場で、夏の最後を生きたアブラゼミたちが力尽きている。彼らは空を見上げ、幸せそうに寝ているように見える。
蝉の臨終はあっさりしていて、医者だ酸素吸入だ一切ない。見送る親族もいない。一人さっぱり死んで行く。羨ましい程の死に様だ。そして葬式もなく、遺体は掃除のおばさんがさっさとゴミ袋へ片づけてしまう。

K_1

日中の日射しはまだ暑いが朝夕は涼しい。
夜は蝉に代わって、新河岸川の護岸の草むらで鈴虫やコオロギたちが鳴き始めた。

 天使去り ペパーミントの夢醒める

薄雲が天使の羽のように見えた。絹雲の一種だろう。雨雲の前兆だが、この量では雨は来ない。

K_3K_4K_6K_7この百日紅は紅色が濃く目立つ。緑道公園。

 グラウンドに 人影絶えて夏去りぬ

若者が二人キャッチボールをしていた。
赤羽自然観察公園。

イヌビワの実。
蜜が滲んでいてとても甘い。
熟したのを沢山食べた。
赤羽自然観察公園

赤羽自然観察公園の古民家
旧知の係員と会い、お喋りした。
それから、少し横になった。
涼しい風が吹き抜けて心地良かった。

帰りに、母を散歩に連れて行っていた頃の知り合いと次々と会った。
皆、年を取って、足取りが悪くなっていた。

「みんな、歳取ったね。」
あの世から母が話しかけたような気がした。

Ma_3

|

« 朝日朝刊の菅元総理への原発事故インタビュー記事。11年9月6日 | トップページ | 中央官僚とマスコミと放射線医学者たちが復興の足を引っ張っている。11年9月10日 »