« 1998年ブラジル映画「セントラルステーション」は長く記憶に残る名作だった。11年11月7日 | トップページ | 様々に冬支度。嫌われる年賀状について。11年11月15日 »

2011年11月11日 (金)

生活危機を切り抜けてみたものの内憂外患・・TPP。11年11月11日

今日は11年の11月11日。滅多にないことで、世界中で話題になっている。
さらに、米国での11日はテロ。日本では大震災。記憶に深く刻み付けられた数字だ。

先日まで生活は危機的状況だったが奇跡的に切り抜けた。
「正喜が困っていたら、あの世から必ず助けてあげるよ。」
母が生前言っていた言葉は本当だったようだ。

金がない先日までは、やりたいことだらけだったのに今は意欲が失せている。母の介護をしている頃は、切り抜けられると心底嬉しく、母と一緒に喜んでいた。しかし、今はただ気怠くて眠いだけだ。

今日はあてもなく電車に乗ろうと赤羽駅まで行ったが、結局、駅傍のスターバックスでコーヒーを飲んで、明日の食材を買って帰宅した。共に喜んでくれる人がいないとは、こんなことだ。介護の大変さは終わってからも続く。もし義理の親の世話なら開放感があるかもしれないが、肉親ではそうはいかない。一生懸命やれば喪失感が残るし、手を抜けば後悔が残る。いずれにせよ、辛さに変わりない。

今日はタンスの整理をした。母の残した着物の良いものは姉に持たせることにして、残りは殆ど捨てた。しかし、死んだ時着ていた寝間着と、母が散歩に着て出ていた数着とストールと帽子はどうしても処分できなかった。数年後か、あるいは数十年後か、私の終わりが近づいたら、私の手で焼却処分するつもりだ。

殆ど手を通していない新品同様の私の服も、この数年着ていないのは思い切って捨てた。明日はゴミ集めの日なので、先程まで何度もゴミ袋を下げて何度も階段を降りた。タンスの中身が3分の1になると気分がいい。心に余裕が出た感じだ。

連日、TPPのニュースばかりだ。米国は日本の参加を゜熱望しているようだが、その割には情報も出さないし、妥協の姿勢もみせず、脅しまがいの事ばかり言っている。参加に前向きな経産省の試算では10年で2.7兆円の効果。これは年換算で2700億と微々たるものだ。経産省の試算は多めに見せるのが常なので、実際はマイナスだろうと言われている。それでも産業界が積極的なのは、拒否した場合の米国の仕返しが怖いからだろう。

TPPの正確な内容をいまだに政府関係者に至るまで誰も知らない。
韓国と中国は始めから入る意志はないので、実質上、これは日米間の自由貿易協定と考えて良い。先に米韓で締結された自由貿易協定を考察すると、韓国は悲惨なくらい不利な状況に置かれている。米国企業の利益が優先され、米国に不利な事例は総て訴訟の対象になり、最終的に賠償金を払わされることになる。米国は二面性のある国家だ。ピューリタン的な公平さと、ウオール街の見せる非情な程の強欲さだ。TPPは後者が推進している交渉で、日本はそれを肝に命じなければ大変な事態を招く。
先日の米韓首脳の蜜月会談を羨ましがる声がTPP推進論者たちから聞こえたが、オバマ大統領にしてみれば、言う事を聞いてくれる韓国は実に可愛いヤツなのだろう。

TPPでの最大の問題は農業で、対策としてこれから農業改革をすると政府は言っている。しかし、今まで大規模農業を規制し、抜本的施策をせずに農業高齢化を放置して来た政府にそれができるとは思えない。食料が戦略物資であることを政府は忘れている。熱心な米国がそれについて何も言っていないのも不気味だ。米国の考える自由化とは米国に有利な基準を日本が受け入れる事で、互いに話し合う公正さは少ない。もし、参加により日本側が危惧していた事態を招くとしたら、日米関係は危ういことになる。日本での反対運動は米国も承知していて、無言の圧力になるはずだ。

V2

昨日の夕日。華麗さはないが心に染み入るような空だった。

V3V8W_10V11先日銀座の知人の作品展へ行った。
会場はすぐに辞して、買い物をした。

数十年前から、まとまったお金が入ると写真の店でストールやマフラーを買う。店の名は20年以上使っているのに、今も知らない。商品を選ぶ時、メーカー名と値札は絶対に見ない。そうするのは純粋に欲しいものを選びたいからだ。

その時買ったのはストールで、15000円と想定内で安堵した。メーカーも産地もまったく興味はないが、ここに書くためにタグを調べるとフェアファクスとあった。

真っすぐは帰りたくないので、夜の銀座を歩いた。夜のお勤めの女性達とすれ違うのが楽しい。

 百合の香も 気づかず急ぐ夜の蝶

さすが、後ろ姿がいい。でも、疲れている感じもした。

赤羽に帰ると、月が雲間に顔を出していた。外階段を13回まで上りながら、何度かデジカメで撮った。

昨夜は手作りリースにクリスマス飾りをした。
これから2ヶ月間、飾っておく。
リースには、いつもは森の妖精が棲んでいるが、クリスマスシーズンはサンタに代わる。松ボックリは先日、東京北社会保険病院庭で拾った。手作りリースは身近な自然とリンクしていて安らぐ。

Ma_3

|

« 1998年ブラジル映画「セントラルステーション」は長く記憶に残る名作だった。11年11月7日 | トップページ | 様々に冬支度。嫌われる年賀状について。11年11月15日 »