« 着ぐるみに 一時の夢 風の街 12年1月15日 | トップページ | リンパ節郭清後の浮腫について、NHK番組。12年1月24日 »

2012年1月20日 (金)

現代アートは新興宗教。それらが難解なのは中身がないからだ。12年1月20日

 日本を代表する現代アート作家として村上隆がいる。彼の巨大なフィギュアは約16億円で落札された。一般には、ルイ・ヴィトンの商品に使われたお花キャラクターなどのポップな作品群がよく知られている。

一目で分かるが、それらは日本のオタク文化をコピーしたもので打ち震えるほどの斬新さはない。にもかかわらず彼は、自分の作品母体のオタク文化を含む「クールジャパン」を、朝日新聞紙上で、海外ではまったく認知されない文化で、広告会社が公的資金を得るために造り出した流言だと切り捨てていた。文化庁主導の「クールジャパン」についてはその通りだが、それが流言とか虚像とかはどうでもよいことだ。何故なら、現代アート自体も虚像だからだ。

普通の人が素直に感動できるものが芸術で、普通の人が感動できないものは芸術ではない。さらに、作品が100年も1000年も色褪せないことも、アートの重要な要素だ。その意味では、殆どの現代アートは芸術の範疇を外れている。今ニューヨークの美術市場で100億で取引されても、100年後まで、その価値を保つとは限らないからだ。

その点、アニメは立派な芸術だ。100年を経ても、アニメの評価は維持されているはずだ。対して、オタク文化をつまみ食いした村上作品が100年後に残るのは難しいかもしれない。オタク文化の価値は、美術評論家の協賛によって生まれていないことにある。それらは大衆の共感から生まれたもので、大地にしっかりと立つ力強さがある。

 私は現代アートは新興宗教だと思っている。キリスト教、仏教、イスラム教などの大宗教は、人間の本質から生まれ、その教義は誰でも素直に理解できる。しかし、新興宗教は違う。大衆をマインドコントロールし、奇をてらい恐怖心を煽って人心を取り込もうとする。だから、或る日突然に夢から覚め、支持者たちが潮が引くように消えてしまうことがある。

---新興宗教の教祖である作家も似たことをしている。昔、村上隆のドキュメンタリーを見たことがある。彼の制作の現場は、まさしくオームのサティアンで、盲従する多くの若い弟子たちを恫喝し洗脳していた---

 新興宗教である現代アートの神殿は美術館や有名画廊で、神官は画商で、教典を作り上げる学僧たちは美術評論家で、信者はコレクター達だ。実際の新興宗教との違いは神官たちが絶大な力を持っていることだろう。具体的には、ニューヨークのユダヤ人画商たちがその神官にあたり、今はそれに中国人画商が加わった。

---大半の有力画商やコレクターたちがユダヤ人なのは事実だ。巨大な財力と巧みな資産運用力を端的に示すので使ったが、ユダヤ人に対する偏見は全くない。
かって日本でも、ニューヨークのような美術市場がバブル期に芽生えかけた。しかし、日本の画商たちが資力を十分に蓄える前にバブルは弾け、貴重なチャンスは泡と消えた。
画商に巨大な資力が必要な理由は、売った作品の買い戻しの商習慣があるからだ。例えば、バブル期に有名作家の作品を1億で買ったコレクターが、バブル後に売ろうとしたら、1千万でも売れなかったと言った話をよく聞く。その結果、日本の金持ちたちは日本の美術市場から逃げ出し、国債価格のつく作品にしか投資しなくなった。---

 話を戻す。
現在世界に現代アート作家を目指している者が80万人ほどいて、斬新で切れの良い作品を産み出せる作家は5000人程だ。その中から、各国のギャラリストが作家を選び、ニューヨークの画商=神官たちが審判をして、有力コレクターの協力を得て、最終的に年間一人か二人の作家=教祖が生き残る。

選ぶ基準は、理論武装がしっかりしているとか、カリスマ性があるとかで、美術評論家に助言されたユダヤ商人やコレクターたちの直感で適当に選ぶ。その時、彼らが最高の芸術家である必要はない。5000人の候補者たちはそれぞれ実力があり、誰が選ばれても、口先巧みな美術評論家たちによって巨匠に仕立て上げられるからだ。

 北斎や、歌麿や、写楽は、江戸市民の熱烈な支持から生まれた。
彼らのように、現代アートの巨匠たちは大衆の支持から生まれたのではない。画商と美術評論家と有力投資家の共同作業で仕立て上げられたものだ。

逆に言うと、作家志望の若者たちは直接か代理人を立ててニューヨークの神殿に詣で、神官の気を惹くために目立つパフォーマンスを繰り返す。その姿は、オーストラリアの青いプラスチック片や小枝でモダンなオブジェを作ってメス鳥の気を惹くオス鳥の行動と似ている。と言っても、純粋無垢のオス鳥たちの作品に比べ、現代アーティストたちのパフォーマンスや作品はやや薄汚れて不純ではあるが・・・

かくて偶然(幸運)に選ばれた作家は、神官と信者が豊富な財力を駆使して、神殿に新たな教祖として祭り上げられる。先の村上隆もその運の良い一人だ。
選ばれた作品は莫大な財力を持ったユダヤ人グループが保証する有価証券化し、強欲な投機家たちが争って買うことになる。実際、選ばれた作品が5,6年で10倍100倍に高騰することは珍しくない。このシステムは政府がお札の価値を保証しているシステムと似ている。違いは、作品は年々価値が上がるお札で、金持ちたちにとって、こんなに好都合な投資対象は他にない。だから現代アートは、うさん臭く強欲な錬金術に奉仕する新興宗教に過ぎない訳だ。

 そうは言っても、村上隆の作品を良いと思う人はいる。なぜなら無数にいる同程度の作家たちが人目に触れることがないからだ。もし、消えて行く膨大な作品群を目にする機会があったら、認められている現代アートが、それらの中では凡庸であることに気づくはずだ。

内容空疎な新興宗教である以上、教祖、神官、有力信者たちは様々な手を使って権威を保とうとする。村上隆が朝日新聞でクールジャパンを批判するのは、その象徴的な行動だ。しかし、作品の中身が空疎なことは作家自身が薄々気づいている。だから常に突っ張って権威を保とうとする。しかし、空っぽのものを中身が詰まっているように理論武装し戦い続けるのは大変なストレスだろう。

 最後に、鑑賞する側はどのように現代アートに接したら良いか。
マネーゲームに明け暮れる米国の神官や信者たちに同調せず、それぞれが自由な審美眼を持って行動し、気に入った作家を発掘すべきだ。多くの美術愛好家がそのように行動すれば、北斎や歌麿や写楽が生まれたように、自然に千年は残る本物の現代アートが生まれるはずだ。

とは言え、芸術に誰が一番などと序列をつけることは不可能だ。
スポーツなら誰が一番早いか明快に決められる。
数学や科学もどれが優れた発見かは明快に分かる。
しかし、芸術には物差しがない。
勝手に誰かを一番にしても、何の不都合もない。
だから、村上隆を巨匠の一員に加えても何の不都合もない。

K1
 住まいから妙義方面を遠望する。---妙義より オレたち偉いと送電塔---

K2
 赤羽自然観察公園、管理棟前の広場。---冬日射し 母子優しく かくれんぼ---
幼い子供が可愛い声で「もーいーよ」と母を呼んでいた。母親と話す子供の声は天使の声だ。心まで暖かくなる。

K3
K4
 東京北社会保険病院下の冬木立。ぼんやり木立を見上げながら、67歳になった記念写真を撮った。

K5
---上野駅 アーチ行き交う 寒き群れ---

上野駅で英国での心理学の学会から帰国した知人と待ち合わせして土産を受け取った。
その後、湯島での佐藤修氏主催の「伝統技術の継承」交流会に参加した。普段、会うことのない業種の技術者たちと歓談できて楽しかった。


K6
 ---老いた足 すくみて止まる冬の坂---

 おばあさんが小さな段差を越えられず立ち止まっていた。
「大丈夫ですか」
声をかけると手を引いてくれと言う。
それで、手を引いて坂上まで連れて行った。
声をかけた時、おばあさんはビックリしていた。今まで、困っていても声をかけられたことはなかったようだ。 
今はおせっかいが町から消えて寂しい社会になった。
昔が総て良いとは思っていないが、どの町内にも必ずいたおせっかいは戻って欲しい一つだ。もしそうなれば、公的負担は軽減し、本当に必要な人への福祉が充実するはずだ。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 着ぐるみに 一時の夢 風の街 12年1月15日 | トップページ | リンパ節郭清後の浮腫について、NHK番組。12年1月24日 »

文化・芸術」カテゴリの記事