« 危機に陥りつつある中国企業は今、日本の100年企業に注目し始めた。12年4月29日 | トップページ | 連休明け、40年前の白子の浜の思い出。12年5月6日 »

2012年5月 2日 (水)

半世紀前の安達太良山の甘酸っぱい思い出。12年5月2日

50年近く昔のことだ。芸大を落ちて浪人する気にはなれず、十条の彫金家に弟子入りした。その頃は「職人さん」の言葉が社会に生きていて、今と比べると職人仕事はのんびりした良い時代だった。私は、混雑する5月の連休期間中は仕事をして、終わってから旅行へ出かけた。行き先は決めてなかった。上野駅へ出かけ、適当に夜行列車に飛び乗って北へ向かった。

夜明け前、列車は郡山辺りを走っていた。間もなく左手に朝日に染まった安達太良の山塊が見え始め、山に惹かれるように二本松で早朝に下車した。一眠りしたかったので駅員に適当な宿を聞くと、あちこち電話を入れて見つけてくれた。

10分程待つと宿の若い女中さんが駅まで迎えに来てくれた。歩き始めると、「旦那さん、荷物をお持ちします。」と彼女は私の肩からリュックを外そうとした。断ったが、どうしても持つと背中から無理矢理に外してしまった。

宿に着くと、宿の主人が炬燵へ迎え入れてくれた。福島の五月の早朝は寒いくらいだった。
主人は七十半ばの頭を剃り上げた元気な人だった。東京からと答えると、長火鉢の鉄瓶からお茶を入れてくれた。主人は、二本松でも少年隊が討ち死にしたのに、白虎隊ばかり有名で残念だ。是非に二本松城を見てくれ、と維新のころの話しをした。

泊まり客たちと一緒に朝食を済ませ、安達太良山へ行くからと、弁当を多めに頼んだ。
弁当ができるまでの30分ほど、仮眠を取った。当時は若く元気で、1晩くらい眠らなくても平気だった。

安達太良へ行く前に、二本松城へ寄ってみた。まだ時間は早く城内には地元の人がちらほら散歩をしているだけだった。ぼんやり二本松の町並みを眺めていると、一人で散歩に来ていた少女がカメラのシャッターを押してくれと頼んで来た。16,7歳の色白の目の大きな子だった。私は喜んで城趾を背景にシャツターを押した。

少女とはすぐに打ち解けた。聞くと彼女は那須の開拓農家の娘で、城近くの親戚の家に遊びに来ていると話した。これから安達太良山へ行くから一緒にどうだと話すと、今日は予定がないから行っても良いと承諾した。

登り口の岳温泉までタクシーに乗った。少女はタクシーは始めてだとはしゃいでいた。岳温泉に着くと少女は同窓生の女友達が旅館で働いているから呼んでもいいかと聞いた。

当時の岳温泉は宿が十数軒だけの小さな温泉町だった。中央にだだっ広い坂道が貫通していて、どの家も斜面に建っていた。少女は旅館へ走って行き、すぐに女友達を連れて戻って来た。

三人で喫茶店へ入った。彼女も友達も喫茶店のコーヒーは始めてだと喜んでいた。少女がクシーでここまで来たと話すと、友達は目を丸くして驚いていた。二人は飲み物代を出そうとしたが、「遠慮しなくてもいい」と支払うと大変恐縮していた。

少女の友達と別れてから、二人で安達太良の中腹まで行くリフトに乗った。左右の山腹からウグイスの声が聞こえて気持ちよかった。

リフトで高さを稼いだので、頂上はすぐ近くに見えた。登山道をのんびり登っていると、少女は「こわい、こわい」と呟き始めた。どうしてこわいのかと咎めると少女は笑い転げて「こわい」は方言で疲れたの意味だと説明した。

山頂に近づくと残雪があり、彼女の運動靴が雪で濡れはじめた。登山靴の私は平気だったが、彼女には無理と思い頂上は諦めた。

見晴しの良い日溜まりで昼食にすることにした。
その前に、少女の靴下がびしょ濡れだったので、私の予備の靴下と取り替えさせた。少女は濡れて固く締まった靴下を脱ぐのに苦労していた。手伝うと素足に一瞬手が触れ、少女は耳の根元まで赤くなった。

宿で作ってもらった弁当は、竹の皮に特大のおにぎり三つに塩辛い塩鮭の切り身とたくあんが竹の皮に包んであった。二人で食べるには十分過ぎる量で、山で食べると格別に美味かった。

午後の早い時間に、二人で二本松に戻った。別れ際、彼女にいつ帰るのか聞かれたので、明日朝の急行だと答えた。見送りは良いと言ったが、彼女は私の靴下を返したいから、どうしても行くと言い張った。

夕食の給仕は今朝迎えに来た若い女性だった。
「タクシーで岳まで、可愛い子と行かれたそうですね。」
東京とは違うので、誰かが私達のことを見ている、と彼女は笑った。
その夜は、庭を隔てた大広間で地元の宴会が始まり、うるさくて遅くまで寝付けなかった。

翌朝、駅に行くと昨日の少女が待っていた。列車の時間は話してなかったので、彼女は早い時間から駅に来て待っていたようだ。彼女は恥ずかしそうに紙袋を渡した。覗くと、洗ってきれいにアイロンをかけた靴下と手紙が入っていた。彼女が山での写真を送りたいと言うので、住所を書いて渡した。

電車の中で読んだ手紙には、昨日の楽しかった思い出への感謝の言葉が並んでいた。帰京しから間もなく、彼女から山の写真が送られて来た。お礼の返事は一度だけ書いたが、それ以後は手紙を出さなかった。当時は新幹線はなく、福島はあまりにも遠く、手紙を書いても切なくなるだけと思ったからだ。

原発事故以来、福島は激変してしまった。あの美しい自然を心から楽しめなくなったと思うと、とても寂しい。

B1

上記文中の私は20歳。
画像の私は28歳で、厳冬の北海道旅行の時に撮った。
背景は安達太良山。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 危機に陥りつつある中国企業は今、日本の100年企業に注目し始めた。12年4月29日 | トップページ | 連休明け、40年前の白子の浜の思い出。12年5月6日 »