« 夏木立 少女のうなじ 憂い増す 12年8月2日 | トップページ | 初秋のような涼風が吹いた。12年8月8日 »

2012年8月 4日 (土)

母往きて 花火の音は静かなり 12年8月4日

今日は板橋・戸田合同花火大会をメインに、埼玉が2ヶ所に江戸川方面に2ヶ所、合計5ヶ所の花火が住まいから見える。
傍らの窓から次々と大輪の花火が見えるが、仕事をしている私は音だけを聞いている。
花火が終われば夏の終わりは近い。

母往きて 花火の音は静かなり

音だけ聞いていると、玄関の椅子に腰掛けて花火を眺めていた母の後ろ姿を思い出す。
お昼、驟雨が通り過ぎた後の涼風に秋を感じた。その涼しさに麻痺していた脳の回路が回復し、忘れていたことを思い出させたのかもしれない。

画像・・・夏休みは 残り少なくなった
その日の散歩は 近くの丘で 休んだ
丘には海風が 吹いていた
森やススキの原が 生きもののように ゆれていた

「海風は どこへ行くのだろう」
つぶやいていると 森の方から 声が 返ってきた
「海風は 山へ 帰る ところさ」
森の梢をピョンピョンはねながらウサギたちが話しかけた

さらに大きな 海風が やって来た
ウサギたちは 海風に乗って 山の方へ ピョンピョン はねて 行き やがて 遠い ススキの 穂並みの中に 見えなくなった

いつのまにか 草木は 秋の気配を 帯びていた
「もうすぐ 夏は 終りそう」
おばあちゃんは 遠い 山々を ながめながら つぶやいた
ぼくは おばあちゃんも ウサギたちのように
遠くへ 行ってしまいそうな 気がした・・・

海辺の町は、郷里のイメージをデフォルメしたもので、私の絵に繰り返し登場する。

X8x1

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 夏木立 少女のうなじ 憂い増す 12年8月2日 | トップページ | 初秋のような涼風が吹いた。12年8月8日 »