« 日本は尖閣において中国外交に敗北し、孤立感を味わうことになる。12年9月17日 | トップページ | 米国仲介の日中密約で日本は譲歩し、千隻の中国漁船の突入は中止された。12年9月19日 »

2012年9月18日 (火)

反日デモと尖閣問題は切り離すべきだ。尖閣は中国による緩慢な侵略だ。12年9月18日

現在、中国で反日デモが吹き荒れているが、尖閣とは切り離して考えるべきだ。反日デモは国家や民間の親善外交でやがて沈静化するはずだ。中国の良識派も中国の品位を貶めるものとして暴力デモを非難している。

見誤ってはならないのは、その良識派ですら尖閣は中国領と考えていることだ。その違いは暴力による領有ではなく、外交努力によって平和的に自国領にすべきと考えているだけのことだ。

尖閣諸島は明治以前は無人島で中国人が暮らしていた歴史的事実は皆無だ。・・・台湾原住民の高砂族や、琉球の漁民が水のある尖閣諸島を一時避難に利用していたのは自然なことだが・・・日本政府は明治初期に国際法に従って平和的に領土とした。それから、一貫して日本あるいは米国統治下の琉球が領有し、一時期は日本人が生活していた島だ。

かって、中国も日本領であることを認めている。それなのに、なぜ中国固有の領土なのか、我々だけでなく世界も理解し難い。日本政府は直ちにあらゆる方法を駆使して、この歴史的事実を世界に知らせる必要がある。

尖閣諸島の排他的経済水域にはイランに匹敵する石油。天然ガスが埋蔵されている。中国が唐突に領有を主張し始めたのは、その調査結果が発表された直後だ。今、尖閣で起きているのは資源目的の緩慢な侵略だ。中国は資源が確認されている以上、尖閣領有を絶対に放棄しない。

中国は100年単位で物事を考える国だ。今すぐ領有できなくても100年後200年後領有できれば良いと考えている。野田政権の国有化の愚行はその過程を短縮させ、中国の長期戦略に取っては好都合だったとも考えられる。

経済的に中国と深く結びき、かつ、軍事力行使ができない日本に選択肢は少ない。残された道は中国の侵略を先延ばしにすることくらいのものだろう。

安全保障上の尖閣諸島について米国の理解が乏しいのも問題だ。
国際法では領土から200カイリは排他的経済水域とされているが、外国船は公海と同様に航行の自由を持つ。
しかし、中国は排他的経済水域を独自に解釈し、すでに自国の排他的経済水域にしてしまった南シナ海においては外国船の航行を禁止している。もし、尖閣諸島を領有化したら平時であっても周辺海域に米国・日本の船舶は近づくことができなくなる可能性がある。

それがどのような意味を持つのか米国は気づいていない。
尖閣諸島は、中国の太平洋への出口の一つである宮古海峡ののど元に当たる。ここが中国の支配海域になれば中国潜水艦はいつでも西太平洋に出られ、米国本土は中国のSLBMの射程距離に入る。しかし米国は安全保障上の尖閣諸島のもつ重要性を十分理解していない。それは日本政府も同様だ。

画像は昨日夕暮れの浮間橋。

M9171

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 日本は尖閣において中国外交に敗北し、孤立感を味わうことになる。12年9月17日 | トップページ | 米国仲介の日中密約で日本は譲歩し、千隻の中国漁船の突入は中止された。12年9月19日 »