« 米国仲介の日中密約で日本は譲歩し、千隻の中国漁船の突入は中止された。12年9月19日 | トップページ | 残された対中国政策は、依存から脱却するか、必要とされる国に進化するか二つの道だけだ。12年9月21日 »

2012年9月20日 (木)

野田政権の尖閣・愚行は次期最高指導者習近平には助け舟で、反日政策を強く打ち出す。12年9月20日

正直言って尖閣について触れたくない。しかし、嫌でも次々と飛び込んでくる情報を目にすると黙っていられない。
「中国漁船の突入はなく反日デモも収まった。中国も日本の気持ちを分かってくれたようだ・・」
そんな空気が世間に漂い始めているが、実際は尖閣を巡る緊張感は急速に高まっている。

中国政府は尖閣周辺に漁業監視船の常時巡航を決めた。更に大型船5隻の建造も進行中だ。
中国漁船団は尖閣近海で操業中で、今も政府の指令待ちの状況だ。もし、指令があれば漁業監視船に守られて領海突入がある。

中国国内での反日政策は一段と強化された。日本製品不買運動・レアアースの日系企業半数への売却禁止、それらは政府主導で行われ、中国国民も熱烈に支持している。
平和日本をよく理解している知識階級はいるが、その勢力はとても小さい。

次期最高指導者の習近平国家副主席は尖閣奪回を過激に表明して、日中対立を恐れる米国に牽制されていた。次期最高指導者が反日なら日中の先行きはとても厳しくなりそうだ。

本当のところ習近平にとって野田政権の愚行は助け舟だった。
これで、大っぴらに尖閣領有への強攻策が次々と打ち出せ、彼は中国国民へ大きなプレゼントを用意できた。中国人にとって日本を痛めつけることほどの快感はない。支配者が失政をごまかすのにサディスティックな大衆心理を利用するのは古代ローマから行われて来た常套手段だ。

対して日本は殆ど対抗策を打ち出せないでいる。実際、日本のできることは少ない。地道に尖閣領有の歴史的経緯を世界に正直に伝え、判断は世界の良識に任せる他ない。

それにしても野田政権は無能だ。政府は国際的な日本支持を待って国有化すべきだった。そうすれば中国は今回ほどの反日運動はできなかった。野田政権が国有化を急いだのは、党利党略のためのスタンドプレーで国のためではなかった。

「ここまで強い反発を受けると思っていなかった」
今、野田総理の言葉を聞くと無能さに唖然とする。
総理が国有化を発表した時、
「今の時期になんと馬鹿なことを・・タイミングが悪すぎる」
都知事を始め多くの国民は思った。
しかし、覆水盆に返らず、日本は今の事実から出発する他ない。

私見だが、この問題は近い将来、尖閣の排他的経済水域の資源開発を日中共同で行うことで決着すると思っている。日本は権益の範囲を国際的に一般的な日中中間線としている。そして中国はその中間線上で天然ガス採掘を実施している。

しかし、中国は1970年代までの国際法上の解釈に基づき、大陸棚の先端沖縄トラフまでの採掘権を主張している。ちなみに尖閣諸島は中国の大陸棚上にある。

現在、排他的経済水域に関わる問題は関係国の合意に委ねられている。仮に、裁判所で判決が出ても強制力はなく国家間の平和的解決を求められている。

画像は昨日の夕日。壮大で広角でも捉えきれなかった。

M1291

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 米国仲介の日中密約で日本は譲歩し、千隻の中国漁船の突入は中止された。12年9月19日 | トップページ | 残された対中国政策は、依存から脱却するか、必要とされる国に進化するか二つの道だけだ。12年9月21日 »