« 野田政権の尖閣・愚行は次期最高指導者習近平には助け舟で、反日政策を強く打ち出す。12年9月20日 | トップページ | 最期の日にしたいこと。12年9月23日 »

2012年9月21日 (金)

残された対中国政策は、依存から脱却するか、必要とされる国に進化するか二つの道だけだ。12年9月21日

中国の対日経済制裁は更に強化された。日本製品の税関検査強化で日本製部品を必要とする日系企業は苦境に追い込まれる雲行きだ。フィリピンが南シナ海領有で中国に抵抗した時も、フィリピン産のバイナップル・バナナが大量に保税倉庫に溜まって腐ってしまいフィリピンは大損害を受けた。

今の中国経済は日本が手を引いてもさほど困らない。日本の代わりになる国はいくらでもあるからだ。しかも、日本人の人質と日本の資産を大量に抑えている。いざとなればスパイ容疑で日本人技術者は逮捕され、資産は没収されるだろう。

中国が遵法国家ではないことを日本人はしっかりと認識すべきだ。今の中国の行動は、戦前の、へ理屈で理由を作って力ずくで侵略する日本軍部と同じ、と考えると理解し易い。

だから、尖閣諸島は国際法が認めた日本固有の領土だと、いくら日本が正論をふりかざそうとカエルの顔に小便で痛くも痒くもない。声を上げても聞く耳は持たず、中国は力づくで押し入って来るはずだ。

しかし、世界が「尖閣は日本固有の領土」と認めればほんの少しは対抗できる。それは一途の光で、米国が尖閣に日米安保を適用と中国に伝達したのもその一助だ。ただし、米国からの伝達は非公式なもので、同盟国日本へのリップサービスと見られている。

野田政権が愚かだと繰り返すのは、中国の戦略にまんまと嵌まったからだ。
昨日のNHKでは「国有化は中止して欲しい」と野田総理に話す温家宝の深刻な顔が映し出されていた。そのシーンを見ていると、温家宝首相が強硬な野田総理にお願いしているように見えた。

しかし、本当は違う。温家宝は野田政権が思いとどまるなど微塵も考えていない。あの深刻な表情は国有化で強硬カードが切り易くなったと喜んでいる気持ちを抑えた演出だ。なぜなら、国有化で現実に中国が失うものは皆無で、日本は多くのものを失っているからだ。

野田政権の愚行に中国が思いあまって今回の騒動を起こした訳では絶対にない。強行カードは昔から決まっていた既定路線で、野田政権のおかげで実行が早まっただけのことだ。

ではどうすれば解決するか。簡単なのは尖閣諸島を中国に貢ぎ物として明け渡すことだ。しかし、それには国内の極右から極左まで一致団結して猛反対するだろう。

だが、よほど大きな貢ぎ物をしなければ中国は納得しない。貢ぎ物が用意できなければ残された道は二つ。中国依存から脱却するか、中国に必要とされる国に進化するしかない。その為に為政者は自己中な政争は止め、無駄な役人の肥育を止め、かっての技術立国に立ち戻ることだ。

世界が必要とする国に変身する・・・今の世界の文化を振り返ると、スマホ・タブレット・薄型テレビ・ビデオ・エコカーと多くが日本発祥だ。この国難をきっかけに、再び、世界の注目を集める国に変身することが、もっとも合理的な日本の進む道だ。

中国は自己中心的な実利主義が行き着いた国家で、百年かけても近代国家にはなり得ない。
中国が対話を受け入れるのは利益があるかないかそれのみだ。利益があれば乗って来るだろうし、無ければ撥ね付けられる。今、中国と穏やかに心の対話、などを言っている者が多くいるが、実にノーテンキで牧歌的過ぎる。それが通用するのは日中の個人間だけのことで、国家間にはまったく通用しない。

かっての侵略と戦争責任に対して日本が未来永劫謝り続ける・・・
それは日中和解の早道で国際的に通用する正論でもある。しかし、はたしてそれを中国政府が望むだろうか。何の実利も生まない謝罪より、これから先も有効に使える反日カードは手放したくない。それが中国政府の本意だ。

歴史的事実と違うことが多く含まれている反日教育。平和友好を望んでいる日本の姿を中国マスコミが意図的に報道しないことが、それらを実証している。

M9182

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 野田政権の尖閣・愚行は次期最高指導者習近平には助け舟で、反日政策を強く打ち出す。12年9月20日 | トップページ | 最期の日にしたいこと。12年9月23日 »