« 正しい生き方の意味。12年10月6日 | トップページ | 幸せな頃、私はマーと呼び捨てで呼ばれていた。12年10月11日 »

2012年10月10日 (水)

赤色成分アスタキサンチンとリコピンの老化防止作用・ビタミンDの筋力強化作用。12年10月10日

今朝のNHKで鮭の赤色成分アスタキサンチンを特集していた。
アスタキサンチンはヘマトコッカスと言う藻類に含まれる抗酸化作用が最強の赤色成分だ。魚介類はそれを摂取することで体内に取り込む。エビ・カニ・金目鯛の赤色成分もアスタキサンチンだ。
アスタキサンチンの抗酸化力は疲労回復だけでなく、シワたるみ・動脈硬化・眼精疲労などに強力な老化防止の働きがある。その強さはビタミンCの6000倍というから強力だ。
しかし、抗酸化力ではトマトのリコピンもアスタキサンチンの6割くらいの効果がある。日常的に摂るにはこちらが容易だろう。アスタキサンチンやリコピンは脂溶性で油と同時に摂取すると体内に吸収しやすい。

先日のNHKの「ためしてガッテン」ではビタミンDを取り上げていた。
「アルプスの少女ハイジ」で都会に住む金持ちの娘クララがハイジの住むアルプスに来て車椅子から解放される劇的なシーンがある。
クララが歩けなくなったのは、都会で部屋に閉じこもりビタミンD不足になったからだ。クララはハイジの住むアルプスに来て日光を浴びてD不足が解消し、筋力が回復して歩けるようになった、と番組で説明していた。

ビタミンDが不足すると筋力低下だけでなく、骨粗鬆症・高血圧・結核・癌・歯周病などの罹患率を上昇させる。
番組ではD不足にならない適切な方法を紹介していた。
それによると、Dが豊富な食物を摂取するより、日光浴が一番簡単で確実な方法のようだ。
日光浴は日に焼けた肌は紫外線を遮断するので効果がない。メラニン色素が少ない手のひらを夏場で15分、冬は30分晒すだけで十分なDが得られると言う。

しかし、私は日光アレルギーがある。
困ったと思いながら、今日、手のひらを太陽にかざしながら散歩してみた。30分くらいは日光を手のひらに受けたが、気のせいか元気が増したような気がした。手のひらだと心配していた赤発や痒みも起きず、これからも続けられそうだ。

私の日光アレルギーは母の遺伝だ。母は若い頃から日光アレルギーがあり、外出に日傘を欠かさなかった。
私は40代まで日光アレルギーはなく、好んで強い陽射しの中を歩いていた。アレルギーに気づいたのは50過ぎで、原因に気づくまで、肌を露出する夏場は毎年酷い湿疹に悩まされていた。

日光アレルギーのために母は若い頃から紫外線対策を怠らなかった。そのおかげで、母は95歳過ぎても色白でシワがほとんどなかった。
その前の「ためしてガッテン」のテーマは紫外線による肌の老化だった。番組では日本一紫外量が少ない秋田に美人が多い理由を説明していた。母も秋田と同じ条件で過ごして来た結果、肌の老化を防げた訳だ。

私は50代から紫外線対策をした。しかし、日光アレルギーのない姉は浴び放題で、60代の姉の肌は90過ぎの母よりも荒れて老化していた。しかし姉は年を重ねるに従い、髪を赤く染め肩にかかるチリチリのロングにして若作りし始めた。
「若作りすると却って年寄りに見えるよ」
母が姉に注意したことがあった。
「自分を美人だと思って、私を馬鹿にしている」
その時、姉は激怒した。しかしやがて、元のすっきりと纏めた髪型に戻した。

母は97歳で死んだ。
終末期の心肺機能の衰弱で起きた浮腫は死とともに引いて、死に顔はとても若々しく見えた。
「最期まで綺麗だね・・・負けたわ」
母の死に顔を見ながら姉はつぶやいた。娘には男は分からない母親に対する女の競争心があるのかと、その時思った。

先月のお彼岸にあわせて開花していた彼岸花も萎れ始めた。陽に照らされた残骸は寂しげだ。
御諏訪神社近くに書店が開店した。本だけでなく文房具も扱っている雑貨屋みたいな小さな店だ。それまでは赤羽台団地商店街で書店を経営していたが、建て替えでこちらへ越して来た。

覗くと女主人が暇そうにしていたので週刊誌を買った。
「赤羽台の風景もすっかり変わったし、体が悪くなるのも仕方がないわね」
お釣りを渡しながら彼女はしみじみと言った。私が赤羽へ引っ越して来た頃、彼女は初々しい新妻だったが、あっと言う間に40年が過ぎて彼女の髪も白くなった。
個性的な建物が多くあった赤羽台団地は次々と取り壊されて、味気ない真四角の高層アパートばかりに建て変った。ヨーロッパの都市風景は数百年変わらない。子供の頃から老人になるまで、風景が変わらないのは羨ましい。

画像は「夏の終わり」
43歳で絵描きに転向して、1年間の試行錯誤の末、この絵が完成した。
絵は評価され、それをきっかけに絵描きで食えるようになった。
母がこの絵が好きだったので、売らずに手元に置いた。晩年、母はこの絵の前で1日手芸をして過ごし、疲れると、絵の中へ入って楽しんでいた

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 正しい生き方の意味。12年10月6日 | トップページ | 幸せな頃、私はマーと呼び捨てで呼ばれていた。12年10月11日 »