« 少子高齢化社会では老人の休眠している能力と若者とで日本は再飛躍できる。13年2月23日 | トップページ | 春陽射しに、パックインミュージックを想い出した。13年2月28日 »

2013年2月25日 (月)

寒空に 月の砂漠の ソープ街 この冬最大の寒気が来た。13年2月25日

この冬、最強の寒気がやって来た。日曜の寒い午後、大宮の知人が内輪に公開した美術コレクションを見に訪ねた。大宮の風は赤羽より更に強く、上着を寒気が突き抜けた。いつも通り抜ける昼間のソープ街は乾いた明るさがあった。極彩色の建物の路地から急ぎ足で出て来た青年の、さっぱりした顔が輝いて見えた。

知人宅には先客がいた。作品の中に母が編んだ毛糸のパッチワークのマフラーと帽子が飾ってあったのが嬉しかった。作品を眺めてから皆でお茶をした。凝り性の彼はみんなから飲み物の注文を取った。紅茶の客には庭のレモンの輪切りが添えてあった。私はコーヒーだったが、飲み終えてから食べてみた。新鮮なレモンは皮が厚く香りも高かった。コーヒーは本格的に入れてあり美味かった。

熟年過ぎの集まりでは、話題は作品の話しからすぐにガンや脳梗塞や健康維持に変わった。私の年代が集まると大体その話題に落ち着く。最近、絵ばかり描いて過ごしていたので、こののんびりさにはホッとした。

先日から実家の庭石を処分したいと、ある音楽家に頼まれていたので、顔の広い彼に聞いてみた。庭石は佐渡の赤石と呼ばれ、実家が隆盛な頃に手に入れた希少な名石らしい。

彼は以前、庭石を処分したことがある。その時、依頼した造園業者の説明によると、庭石は古色が付いていないと商品価値がないらしい。言われてみると確かにそうだ。作り立ての庭の新しい庭石は風情がない。そのため、造園業者は手に入れた庭石を何年も空き地に放置して、陽光や風雨に晒して年代を経た古色に仕上げるそうだ。専門分野には一般には分からないことがあると感心した。

客のデザイン系教授のF氏とは絵の話しに終始した。彼は私より年上で作家活動もしていて話しが合った。
「フリーの絵描きの生活は大変で、いつも天国と地獄を行ったり来たりしています」と話すと「人生は上がったり落ちたりがあるから良いですよ。何もなく平々凡々では、死ぬ時後悔します」F氏の返事は妙に説得力があった。

黄昏に辞した。夜空を寒風が洗い清め満月が煌煌と美しかった。寒さは更に厳しく、この冬初めて耳が痛くなった。
帰りもソープ街を抜けた。

 寒空に 月の砂漠の ソープ街

ソープ街を歩きながら・・広い沙漠を ひとすじに 二人はどこへ 行くのでしょう 朧にけぶる 月の夜を 対の駱駝は とぼとぼと・・の歌詞が想い浮かんだ。

明朝の食材がなかったので、高崎線で赤羽駅へ向かった。上り電車は空いていて、暖房の効いた座席が心地良かった。向かいには足がすらりとした綺麗な人が腰掛けていた。彼女は一心に携帯メールを見ていた。

 冬の街 夜汽車の人は 麗しき

浦和駅を過ぎると赤羽まで停車駅はない。暗い住宅地を爆走する音を心地よく聞きながら一瞬眠った。すぐに赤羽駅に着き、イトーヨーカ堂で鶏肉を買った。

帰り道は更に風が強く寒かった。建て替え中の赤羽台団地の暗いシャッター通りを抜けた。昔は有名人が多い団地で、俳優の平幹二朗氏母子も住んでいたことがあった。昔の活気を思い出しながら、一時も留まることなく変化して行く年月を想った。

M132251

一夜明けても寒い風は止まなかった。玄関を開けると雪の雲取山が見えた。
寒くても、陽射しに春の気配を感じた。ユキヤナギの新芽も桜の莟も膨らんで来た。ふいに、子供の頃の海の煌めきや、レンゲソウの甘い香りが蘇った。蘇る記憶は死者への思い出に似ていると思った。

ブッダは輪廻転生を信じていたが、それは生まれ変わりや極楽地獄とも違っている。正確に理解するのはとても難しいが、このリアルに再現する思い出のようなものだと思っている。死者たちは思い出のように遺族の心の中に生き続ける。今は存在しないのに、心の中に生き続けることが、ブッタの言う輪廻転生なのかもしれない。

M132252

樹木の間から桐ヶ丘を見上げた。右の瀟洒な建物は銭湯だったが今は廃業している。

今日も、散歩をしているとふいに母が語りかけて来た。
「死んでから、もう3年が過ぎたのね。嘘みたい」
母は明るい声で話しかけた。それから「死んだ年の桜は綺麗だった」と続けた。

言葉は実際に聞こえる訳ではなく、記憶が合成したものだ。しかし、妙にリアル感があって、これがブッタの言っていた輪廻転生なのだと確信している。私の体の半分は母の遺伝子を引き継いでいるのだから、それは自然なことかもしれない。

母の遺品は死んだ日に殆ど処分し、思い入れが深い数点を残しているだけだ。一時は、処分しすぎたことで喪失感が深まったが、今はそれでよかったと思っている。2年8ヶ月を過ぎて、ようやく楽しい思い出が蘇るようになった。

最近、今置かれている状況はすべて覚悟の上だったことを思い出した。絵描きに転進した時、意外に生活が維持できたために、野たれ死を覚悟したことを忘れていた。そのことを考えながら、昨日のF氏の言葉を思い出した。
「人生は上がったり落ちたりがあるから良いですよ」・・・「その通りだな」と歩きながら納得した。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 少子高齢化社会では老人の休眠している能力と若者とで日本は再飛躍できる。13年2月23日 | トップページ | 春陽射しに、パックインミュージックを想い出した。13年2月28日 »