« 春の淡雪とクッキーモンスター脅迫事件とギニアワーム。13年2月6日 | トップページ | 土曜9日は王子稲荷の初午へ出かけた。13年2月10日 »

2013年2月 8日 (金)

自己中の無法国家中国とのつき合いは難しい。13年2月8日

午後から青空が広がったが北風が強い。風圧で重くなった玄関ドアを開くと冷たい強風に体が揺れた。
尖閣近海も波乱含み。思った通り、中国政府は公式に海上自衛隊の護衛艦へのミサイルや砲撃準備のための射撃レーダー照射を強く否定した。もし、中国が国際的に禁止されているこの行為を認めたら立場が悪くなるからだ。

中国はこれからも徹底的に否定し、捏造だと日本を激しく攻撃し続けるだろう。しかし、中国国民の反応は違っていて射撃レーダー照射を賞賛している。「よくぞ攻撃レーダーを浴びせた」「次はミサイル発射だ」と威勢がいい。だから、照射していないとの政府の公式見解は大衆との意識のずれを生んでしまった。

中国政府は射撃レーダー照射を知らなかった節がある。中国艦船の装備は日本より遅れているロシア技術の旧型が多い。中国側に通常レーダーが壊れたので代わりに射撃レーダーを使ったとの言い訳があるが、事実とすれば重要なレーダーが頻繁に故障していたことになる。

今回の射撃レーダーはロシアから買い入れた新型で、実戦形式で海上自衛艦に試してみた、のが真相との見解もある。日本側発表が統一されているのに対し、中国側見解が様々あるのが気になる。そこから、新しい習体制の権力掌握は確立しておらず、強硬な軍と経済重視の政府方針のすれ違いが生んだ事件との憶測も生まれている。

何れにしても、中国政府が公式に射撃レーダー照射否定を発表した以上、今後は射撃レーダー照射は出来なくなった。結果的に一触即発が避けられた訳だ。絶対に戦争をしたくないのは中国も日本と同じだ。中国将兵の多くは一人っ子で、大切な子供の戦死を親たちは絶対に許さないからだ。

それにしても、信頼にほど遠い危ない国だ。こんな国に経済依存するのは危険すぎる。経済界は逃げ道を作りながら、巧くつき合って行く方法を模索しているようだ。

中国の去年の成長率は8%弱。地方政府が競争して粉飾水増しした統計を中央に上げた結果で、この数字の信憑性は少し怪しい。国営優遇で民間企業が疲弊しつつあるとの調査結果もある。加えて、所得格差の拡大に軍部や役人の横暴。それらに対して民衆の不満暴発が頻発している。その不満解消に反日カードの重要さは更に増したようだ。

今の中国の姿は理性を失った巨象が辺り構わず踏み荒らしているように見える。とは言え、日本の中国投資は突出している。今後7,8年は重要な貿易相手であることにかわりはない。その後、中国が日本以上の少子高齢化による低迷が始まるまでは、既得権益を失わない為に日本は難しい舵取りを続けることになりそうだ。

M13271

暖かい写真だが、寒い強風が吹き荒れ最高気温は7度だった。
日溜まりで熱いお茶を飲んでいると、遠くの遊歩道に先日の大雪で折れていた枝がドスンと音を立てて落下した。

今朝は喉が少し痛かった。風邪の前兆なのでマヌカ蜂蜜をゆっくり嘗めて、葛根湯を飲んだ。おかげで喉の痛みはすぐに取れた。マヌカ蜂蜜はニュージーランド特産のマヌカの木の花の蜂蜜だ。先住民のマリオはマヌカを「復活の木」と呼んで、その蜂蜜を抗菌薬として珍重して来た。ニュージーランドでは風邪や解熱の治療薬として薬局で売っている。私は最初にマヌケ蜜と覚えたので今も言い間違える。今常備してあるのは私の体を心配した姪が送ってくれたものだ。

M13272M13273M13274公園では紅梅が満開だった。

都内の至る所で見かけていたツグミも来月には山へ帰るだろう。

ジンチョウゲのつぼみも膨らんで来た。寒いが確実に春は近い。

今日も面白いニュースがあった。

一つは空中を飛ぶイカの子供の写真だ。
2年前、北大のチームが東京から東600キロの海上で遭遇し連続写真撮影に成功した。外洋性のアカイカかトビイカの20センチほどの子供たち100匹ほどが、海面すれすれに2〜3秒間、30メートルほど飛んで着水した。

イルカかマグロに追われ、水管から海水をロケット噴射して飛んで逃げたようだ。頭の三角ひれと足の粘膜を飛行機の羽のように広げた群青色の胴体は実に美しい。イカが飛ぶことは子供の頃から漁師たちに聞いていたが、写真で見ると感動する。見たい方は「飛ぶイカ」で画像検索すると沢山表示される。

もう一つは葛西臨海水族園にいる血液が透明な魚、コオリウオのニュースだ。
この種の魚は血液にヘモグロビンが無いので赤みがなくて透明だ。住んでいる南極海は酸素濃度が濃くて、皮膚から直接酸素を取り込むことが出来る。

そのような生活を長年続けている内に酸素を運ぶ赤いヘモグロビンが不要になって透明になったようだ。飼育は大変で、水温が3度以上になると死ぬ。飼育に細心の努力を重ねた結果、先月産卵した。今行けばメスと卵を観察できるが、見た目は地味で水底にいつもじっとしていて退屈な魚らしい。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 春の淡雪とクッキーモンスター脅迫事件とギニアワーム。13年2月6日 | トップページ | 土曜9日は王子稲荷の初午へ出かけた。13年2月10日 »