« 点々と 眠りし蝉の 道しるべ 13年8月13日 | トップページ | 新富裕層 vs 国家・富をめぐる攻防・NHKスペシャル、それは利己的に世界を崩壊させる。13年8月18日 »

2013年8月16日 (金)

校内暴力と日本の防衛力増強と改憲問題との類似点。13年8月16日

私の世代は「武装放棄すれば平和になる」と、聞かされ続けた。それは、校内暴力で、弱い子がいじめられっぱなしの状態を、喧嘩がなくて平和だと言っている教師の感覚と似ている。

一部の平和主義者たちのそのような非現実的な言葉は、彼らの意図とは逆に平和憲法を危うくしている気がする。いじめをなくすために平和的努力などを講じるべき、は正論だが、現実にいじめっ子が優しい呼びかけに応えてくれることは少ない。実際は、外部の力を背景に解決する他ない。

校内暴力を日本の対外案件に置き換えると、日本の防衛問題は理解しやすい。優しい呼びかけは外交努力で、外部の力は日米同盟だろう。では、日本の隣国は優しい呼びかけに応じてくれる物わかりの良い国だろうか。日本が再三謝罪しても、賠償金を払っても、中韓、いずれも反日カードを国民の不満を反らすのに利用して来て、反日を捨てる気配は皆無だ。

「軍備を持てば攻撃されるが、放棄すれば攻撃されない」との宣伝文句を信じている国民は殆どいない。中国や北朝鮮がそのような民主国家ではないことは、国民は肌で感じているからだ。これは「死んだ振りをすればクマが襲ってこない」と同じくらいの迷信だ。クマの主要な動物性食物は鹿などの死体で、死んだふりをすれば喜んで食べてくれる。

平和の呼びかけは常に必要だ。しかし、日米同盟を解除して日本が武装放棄をしたら、排他的経済水域はたちまち中国の漁船やガス掘削船で溢れてしまう。中国の胃袋は年々巨大化して、旺盛な食欲を満たす為に、既に東シナ海で中国漁船は韓国の経済水域を蹂躙し魚は枯渇している。更に、西日本の経済水域も極めて危うい状況だ。

中国政府が強権を発揮すれば中国漁民を押さえることができる。しかし、押さえれば反政府の芽を生むことになる。反日を国民を押さえるカードに安易に使いすぎた中国政府は、反日を大義名分にした国民の暴動を制御しきれなくなっている。反日カードは諸刃の刃で、中国は軍事力の大半を自国民へ向けざろうを得ない状態だ。

大戦で戦った米国国民に反日感情は薄いのに、なぜ韓中だけが反日なのか。それは、米国には完膚なきまで日本を叩き潰した満足感があるからだ。そして、台湾・東南アジアが親日なのは、反日教育をしなかったことと日本の平和外交の成果だ。

日中は戦争を続けたが、中国は独力では勝てなかった。高齢の知人は大陸で戦い続けたが一度も負けなかった。彼の部隊は中国国内で戦い勝ち続けて南下し、ハノイに到着したところで敗戦を迎えて投降した。だから、殆どの日本陸軍軍人は中国に負けた意識は戦後一貫してなかった。

日本の一部だった韓国の事情は更に複雑で、朝鮮は日本と戦って独立を勝ち取った訳ではない。第一に日本の一地方であった朝鮮と日本は交戦関係にはなく、北朝鮮の一部が抗日パルチザンとして満州国境の山中で小規模の戦いを続けて来ただけだ。韓国の知識階級に北朝鮮シンパが多いのは、抗日の戦いをしなかったことへの罪の意識があるからと言われている。

もし、中国と南北朝鮮が死力を尽くして日本と戦い勝利していたら、今ほどの反日感情は生まれなかったはずだ。今の反日運動は、欲求不満に終わった第二次大戦の延長戦と思えば理解しやすい。反日暴動が起きても、本当の戦争ほどの人的経済的損失はない。反日運動はゆったりとやり過ごすのが日本の取るべき大人の対応だと思っている。

尖閣問題は現状維持しかない。先日、NHKで防衛省幹部と中国軍幹部の非公式会談の記録を見たが、現実的な意見交換会だった。そこで見え隠れした中国軍の本音は、一人っ子政策で貴重になった兵士からは一人の戦死者も出せないことだ。中国軍と防衛庁、双方の幹部は戦死者を出して親たちから猛反発を受けることを恐れていた。

政治家と違い、前線で実際に戦う双方の軍人の本音は一致している。問題を複雑にしているのは、建前が一人歩きしている日中両国政府のようだ。

日米同盟は相互主義である以上、原則では米国が攻められて困っていたら日本は助けなければならない。しかし、米国は強い日本が武力で助けてくれることを望んでいない。日中のパワーバランスの変化は米国の国益に反するからだ。その代わりとして、沖縄の軍事基地と世界一の掃海能力などを求めている。

沖縄は日米同盟における人身御供だが、それを日本政府が明言しない所に問題の根がある。沖縄問題は日米間にあるのではなく、日本の国内問題だ。本当は全国民が基地負担を分かち合うべきなのに、他県民の受け入れ絶対反対が問題を複雑にしている。

M_2

写真は昭和20年代に計画された道路拡幅工事。6,7年前からやっと工事が始まったが、中央のビルが移転に応じないのでこの状態が続いている。現在は地下に巨大な排水管を設置する工事を進めているが、ビルが移転しないので大きく迂回して設置されることになった。この計画変更でビル移転の必要はなくなり、補償金のつり上げは難しくなったと近所で噂している。

フッ素配合の歯磨き剤の正しい使い方は意外に知られていない。
正しくは、まず何も付けない歯ブラシと歯間ブラシで丹念に汚れを落とし、その後で歯磨き剤を使って仕上げ、軽く水でゆすぐだけにして完全に落としてはならない。フッ素は一定時間、歯に付着させておかないと効果が出ないからだ。私は5年前にそれを知って実行したおかげで、それ以降の虫歯の発生はない。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« 点々と 眠りし蝉の 道しるべ 13年8月13日 | トップページ | 新富裕層 vs 国家・富をめぐる攻防・NHKスペシャル、それは利己的に世界を崩壊させる。13年8月18日 »