« クリスマスは正月準備。15歳の米国少年が開発した画期的膵臓がん検査紙。13年12月25日 | トップページ | 2013年大晦日〜2014年元旦。朝まで生テレビは未消化なれど日々是好日。14年1月1日 »

2013年12月27日 (金)

今年最後の大ニュース、安倍首相靖国参拝から一夜明けて、世界での外交上功罪は意外なほど小さかった。13年12月27日

26日の安倍晋三首相の靖国参拝は今年の10大ニュースに飛び入りしそうだ。「何と非常識な」とか「よくやった」とか賛否両論が世間を賑わしているが、それらを一切無視して、偏見と独断でこの意味を考えている。

しかし、思いつくのは、ありきたりの常識的なことばかりだ。中国・韓国を含め世界の反応も漏らさず注視しているが、どれも想定内で「なるほど」と目から鱗の反応は見当たらない。殊に反日をやり尽している中国・韓国の反応は「敗戦国のくせに生意気だ」と従来の反日姿勢を繰り返すばかりで、言葉の背後に「これ以上、何を(反日を)すればよいのだ」と手詰まり感を滲ませている。

中国は靖国参拝議員をブラックリストに載せて中国入国を禁止すると息巻いているが、大国を自認するなら反中議員を招くぐらいの度量の大きさを見せて欲しい。韓国は「静かに対応して世界の世論を味方につける」と今までの朴槿惠・パク・クネ大統領の「言いつけ外交」から急に"静かに対応する"とは信じ難い。更に両国とも「今まで日本との外交努力を誠心誠意続けて来たのに、それらを踏みにじる行為だ」と実に白々しい。

私見だが、中国・韓国の現地での反応は「またそれか」と言った反日疲れを感じる。不満が鬱積している貧困層は別にして、一般市民はそんなことより日々の生活を何とかしてくれとの気持ちが大きいのだろう。

中国・韓国のネットでは日本へ即時開戦などと勇ましい書き込みが溢れているが、ビックデータ解析では極論を排除するのが基本だ。なぜなら極論が炎上しているネット上では、現実に広く支持されている冷静な意見は反映されにくいからだ。

このように政治・外交が分かりにくい時は日経新聞を見ることにしている。この新聞社はよくも悪くも金儲け一辺倒で正義とか悪とかは片鱗もない。この社の分析は左の朝日や右の産経のような偏見がなく、意外に的確で面白い。

27日の日経ニュースでは、首相の靖国参拝は小さなサブニュースで、株価への影響を解説しているだけだった。その株価は、あの大ニュースが流れた昨日26日は120円以上の上昇。翌日27日は60円ほどの下げで、上昇機運は変わらなかった。それは世界の投機家が、今回の靖国参拝をさほど重要視していないことを示している。

野田政権の尖閣国有化以来続いた激しい反日暴動。連日の中国艦船のやりたい放題の領海侵入。慰安婦像の米国設置などの行動は記憶に残るが、参拝程度の行為では、すぐに忘れ去られるものなのかもしれない。

日本人が注目する米マスコミの反応は、26日米紙ウォールストリート・ジャーナルは「日本の軍国主義復活の恐怖を自国の権益拡大の口実に使いたい中国への贈り物だ」とあった。しかし、中国の軍拡は内乱拡大が懸念される新疆やチベットへ向けられるもので、安全な日本へ向けるほどの余裕はないし必要もない。そのことは中国政府の対日専門家は冷静に分析している。安倍政権もその辺りを読み切って参拝に踏み切ったと思われる。

ウォールストリート・ジャーナルでは更に「靖国参拝が日本外交の重荷となり、日米関係にも影を落とし、新たな非宗教的施設の建設を考えざるを得なくなる」とあった。この非宗教的施設の建設は、世界唯一の非宗教的な日本国民の考え方を知らないキリスト教徒的な見方だ。宗教へのこだわりがない国民だからこそ靖国神社は容認されていると思っている。

ワシントン・ポスト紙には「安倍首相は緊張した情勢を作り上げ、憲法改正をする意図がある」とあった。それは正しい分析かもしれない。

そのように米主要メディアはどれも靖国参拝を否定的に伝えているが、賛同する少数意見もある。ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授の意見は次のようなものだ。

「日本の政治指導者が自国の戦死者の霊に弔意を表することは外交・安保政策とは何ら関係はない。民主的な選挙で選ばれた指導者が戦死者の霊を追悼することが、平和への脅威や軍国主義への前進になるはずがない」
その例として米国のアーリントン国立墓地をあげている。
「アーリントン国立墓地には奴隷制度を守るために戦った南軍将校も埋葬されている。ここを大統領が訪れただけで奴隷制度を肯定したことにはならない。同様に靖国神社参拝も、日本が関わった戦争の全面的肯定を意味しない」

それらの意見への反論があったとしても、靖国参拝は小さな影響しか残さなかった。これから起きる中国・韓国からの制裁は、経済関係が複雑に絡んでいるのでやりたい放題は難しい。靖国参拝は政治的意図より、安倍首相の個人的な信念によるものと見るのが自然だ。

興味深いのは8月15日の終戦記念日に安倍首相が参拝はせずに玉串料を奉納した時だ。中国政府は参拝しなくても玉串料を納めれば参拝したのと同じだと強く非難していた。その時「何をしても非難されるのなら、参拝しても構わないか」と安倍首相は思ったのだろう。何をしても評価されないと得てしてこのような結果を招くものだ。

M_5

師走の公園。

M_7

夕富士。

いつもながら師走は慌ただしい。年賀状の宛名書きは殆ど終わっていないし、おせち料理の準備も面倒だ。ただし、門松だけはこの集合住宅で唯一我が家だけが飾っている。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

|

« クリスマスは正月準備。15歳の米国少年が開発した画期的膵臓がん検査紙。13年12月25日 | トップページ | 2013年大晦日〜2014年元旦。朝まで生テレビは未消化なれど日々是好日。14年1月1日 »