« 公園のベンチに腰掛け、さわやかな風を感じていると、ホームレスの至福の気持ちが分かる。14年6月16日 | トップページ | 東京北医療センター屋上庭園の真昼の幻影たちとミントティー。14年6月23日 »

2014年6月19日 (木)

W杯サッカーにて、日本では当たり前の習慣が海外からは特別なことに見える。14年6月19日

W杯サッカーは日本戦に拘らずに、他国の試合を見ている。おかげて昼間は眠い。

過去の日本のコートジボアール対戦成績は2勝1敗だった。今回はザック采配の失敗と言われているが、確率に心理的弱さを加味して、私は日本の負けを予想していた。

それは戦いの前にコートジボアール現地取材を見たからだ。現地の子供たちは、凸凹の空き地で裸足でサッカーに熱中していた。そのような厳しい環境で鍛えられたコートジボアール選手たちは日本選手にない強さがあった。

明日のギリシャ戦は引き分けを予想している、と書いたが・・・20日朝、この予想は残念ながら当たった。原因は慎重過ぎたことだろう。

今後のC組の予想は、コートジボアールはギリシャに1-2で負けて1勝2敗で予選敗退。根拠は実力のあるギリシャの無得点試合はそうそう続くものではなく、1点入れれば勢いで2点目も入ってギリシャは1勝1敗1分で勝ち残る。

予選通過決定のコロンビアはラテン気質なので無理はせず、気のゆるみもあり、ギリシャで無得点だった日本は何とか1点を取って1-0で辛勝。

ギリシャと日本は並ぶが、得失点差で日本はギリシャを抑え、かろうじて予選通過。この予想が当たる確率は75%。外れる要素はいつもの決定力のないメンタル面の弱さと、コートジボアールにギリシャが負けることだ。

優勝候補のスペインは、まさかの予戦敗退だった。主催国ブラジルは予選通過したが危うさがある。優勝予想は、ドイツかオランダあたりか。両国とも堅実で得点能力が突出している。ラテン系はむらが大きく決勝に残るのは難しいが、コスタリカは別で台風の目になりそうだ。


日本サポーターの、試合後のゴミ拾いが世界で賞賛された。それに対し、英国在住の元国連職員の日本人女性が掃除担当の人たちの仕事を奪うものだと非難していた。英国での経験で、他人の職域を侵すべきでないとの考えを拡大解釈しての日本非難だ。欧米を正しいと妄信する姿勢は、いかにも日本人的な本末転倒の発想に思える。

世界の現実を知らせるだけなら良いが、これは社会に、どのようなモラルを期待すべきかの問題で、非難すべき問題では絶対にない。例えば「警察が失業しないために泥棒を捕まえるな」と言っているようなものだ。日本人サポーターのゴミ拾いは世界のあるべき姿で賞賛に値する。ちなみに世界や現地の、ゴミ収集人たちからの非難は起きていない。


それに関して、先日、アーモンドを買いにアメ横へ行った時のことだ。
買い物を済ませ、レジ横の台で商品をバックに詰めていると、傍らで中国人らしい母娘が段ボール箱に荷造り紐をかけるの苦労していた。二十歳程の娘は可愛い。どうやら彼女たちは梱包などやったことがないようだ。

「縛って上げるよ」
声をかけて、段ボール箱に手早くしっかりと紐をかけ、同じ紐の取手を付けてあげた。
母娘は嬉しそうに段ボール箱を下げ、「サンキュー」とその場を去ろうとした。
しかし、紐の断片が台の上に散らかったままだ。
「自分で出したゴミは片付けな」
声を掛けると母娘はすぐに意味が分かった。
二人は紐の切り端をゴミ箱へ捨てて、お辞儀して行った。


日本人が当たり前と思っていることが、世界では当たり前ではない。
先月の韓国のフェリー転覆事故でも、日本人の多くは違和感を感じた。それについての日経新聞の解説が興味深かった。

日本の小学校ではプールがあるのが当たり前で、日本人の殆どは水泳の訓練を受けている。しかし、中国や韓国の小学校の殆どにはプールがないので泳げない人が多い。その結果、驚くべきことに、訓練を受けているはずの韓国の海洋警察の3分の1が泳げなかったと言う。

世界一の災害国日本の小中学校での避難訓練は当たり前のことだ。しかし、韓国の教育現場では軽視されている。そのような教育環境にいた韓国高校生が、フェリー転覆事故で咄嗟に行動できなかったのは当然かもしれない。


日本人は知らぬ間に社会適応力を付ける教育を受けている。学校給食では子供たちだけで衛生的に配膳し片付けまでできる。学校の清掃も子供たちだけで行っている。それは世界ではきわめて特殊なことだ。海外では配膳や清掃は専門の大人が行っている。

家庭でも、家前の道路が汚れたら住人たちが進んで清掃をする。我々には街にゴミが落ちていないのは当たり前だが、海外からはとても不思議な光景に見えるようだ。日本人サポーターたちがゴミを片付けたのも、知らず知らずのうちに身につけた教育の結果だった。


来日中国人が感じていることだが、孔子の思想は中国には根付かず、世界で日本と台湾だけに根付いていた。韓国は儒教の国と言われているが、それは私的環境だけのことで、社会的モラルとしては根付かなかった。戦前の儒教的な日本教育を否定しなかった台湾と、反日によって良いものまで否定した韓国の違いかもしれない。

韓国のフェリー事故で、船内から助けを求めている高校生たちを海洋警察が黙殺したのも、儒教が社会モラルとして根付かなかったからだ。だからこそ、そのような国民の気風に朴政権は危機感を感じているのだろう。

日本は世界一の災害国家だ。2011年3月の大地震では東京でもかなりの揺れだったが、それで倒壊した家は皆無だった。もし、ソウルや上海が東京並みに揺れたとしたら、おそらくビルの殆どは倒壊し、瓦礫の山になっていたはずだ。

安心して食べられる食品。そのまま飲める、ミネラルウェーター並に美味しい水道水。女子が一人で歩ける夜道。時刻表通りに発着する交通機関。忘れた財布が無事に返されるモラル。社会に対するこの信頼感や安堵感は日本人特有なものだ。だからこそ、移民受け入れは難しい。


M_12


今年はヤマモモが豊作で、しかも甘く美味しい。
散歩道の公園のこの木から、毎日、摘んで食べている。東京にいてこの贅沢できるのは素晴らしい。


平成元年から絵描きに転向したので、平成には思い入れがあるが、懐かしいのは昭和だ。
先日、志村けんのお茶の間コントを見た。昭和の匂いが満ちていて、とても懐かしくて面白かった。庭が見える畳の座敷で食卓に並んでの食事。ちょっと猥雑で、和気あいあいとした雰囲気はとても良い。

同じように、寅さんシリーズの「とらや」の土間横の座敷も良かった。近所の人が自由に出入りして、共に故人になったタコ社長と寅さんの絡みが懐かしい。この楽しさはダイニングキチンのテープルと椅子では生まれない。テーブルと椅子ではどうしても孤独感が漂う。


S_1S_2この5日間に四葉のクローバーを50枚以上見つけた。

今までの新記録かもしれない。

早春の頃は目が慣れないので見つけにくいが、今頃になると適応して、クローバーの群落からすぐに見つけられる。

一枚見つけると、写真のように、その近くに数枚はある。

見つけた内に五つ葉のクローバーは2枚あった。

五つ葉には諸説あって、悪魔のクローバとも超幸運のクローバーとも言われている。

私は以前、2枚連続見つけた後すぐに、300万程の仕事が舞い込んだ。

だから、五つ葉は超幸運のクローバーだと信じている。

四葉のクローバーは日当りが良い場所ではまったく見つけられない。

しかし、木陰になる場所には多い。

植物学者によると、陽光が大好きな植物なので、木陰では日光を少しでも多く受けようと四葉が生まれやすい。私は夕暮れの斜めの光だと、葉の輪郭が明瞭に見えるのでよく見つける。


黒アゲハを見つけた。死んだ人の魂の化身と言われている。

 忘れ道 目眩のように 黒アゲハ

黒アゲハがゆらゆら飛ぶ様は、夢うつつの幻のように思える。


M_13


ハーレーの絵を描いている。

下描きなしで、5分程で一気に描いて、敢えてその日は描くのを止める。
翌日に荒々しく色を重ねて、全体を暗い画調に変え、明るい色を置いて行って完成へ至る。私の絵は総てこの過程を経て生まれている。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 公園のベンチに腰掛け、さわやかな風を感じていると、ホームレスの至福の気持ちが分かる。14年6月16日 | トップページ | 東京北医療センター屋上庭園の真昼の幻影たちとミントティー。14年6月23日 »