« 気がつくと人生の大半を赤羽で過ごした。この分ではこの地で最期を迎えそうだ。15年3月6日 | トップページ | 1滴の尿で、早期ガンを鋭敏に嗅ぎ分ける線虫。そして、春は懐かしさに満ちている。15年3月17日 »

2015年3月10日 (火)

独メルケル首相が来日、国家は理想のためではなく自国の利益のために動く。15年3月10日

ネットニュースは右寄りの産経と左寄りの朝日を比べて読む。
それで、ともに同じ意見だったら日本全体を反映していると判断する。

今、独メルケル首相が来日しているが、産経と朝日の記事は微妙に違った。
第二次大戦後、ドイツは隣国と和解した。そのことについて産経は「隣国フランスの寛容な姿勢のおかげで和解が進んだ」と彼女の談話をそのまま報道していた。対して朝日は「フランスの寛容さ」を外していた。不寛容な隣国、韓国・中国に配慮したのだろうが、マスコミとして偏向している。

彼女は日本へ隣国との和解をと言っていたが、日本が連綿と謝り続けて来たことは韓国誌や朝日同様にほとんど評価していない。その結果、韓国誌はドイツ首相が日本をたしなめてくれたと大はしゃぎしていた。

近隣国への謝罪については、世界の中で日本は、植民地支配を詫びた唯一の国だ。英国もフランスもドイツも、旧植民地国に謝罪したり賠償したりはしていない。ドイツはホロコーストの被害者ユダヤ人には謝り巨額な賠償をしたが、侵略国への賠償はポーランドなどからの抗議を受けて初めて行った。

メルケル首相はナチスと日本軍を同一視しているが、それらは大きく違う。
日本軍の一部に野蛮な暴走があったことは事実だが、ナチスのホロコーストのように組織的ではない。従軍慰安婦については、戦前の朝鮮半島は日本国の一地方で、差別があったとしても強制連行は日本国憲法に違反し、遵法意識がつよい日本人官吏が行えるはずがない。

メルケル首相がナチスと日本軍を混同しているのは朝日や韓国・中国などの反日プロパガンダが功を奏しているからだろう。そもそもヒットラー政権と戦前日本の政権を同一視するなど、政治家としての資質を疑う。

更に、結果は聞く前から分かっているのに、従軍慰安婦の歴史的事実を理解していないメルケル首相に野党がお伺いを立てているのは甚だしく理解に苦しむ。

欧米が朝日や反日歴史学者の言葉ばかり信じて、積極的に受け入れているのは彼らの利益につながるからだ。日本は常に欧米の競争相手で、日本が国際的に貶められることによる利益を中国・韓国と共有している。その事実を軽視しては外交政策を間違える。

中国一辺倒で日本を無視していたメルケル首相が来日したのは、中国のバブル崩壊を薄々感じ始めたからだ。そのように利益目的の友好はすぐに綻びる。来日は侵略国家中国への牽制で、仲良くしたいと言った情緒的なものでは決してない。
彼女の発言記事を詳細に読んだが、ウクライナ問題での支持要請以外に具体的な来日目的は見えなかった。

メルケル首相が日本に進言した原発全廃については身勝手な言い分だ。
原発大国フランスから電力を融通してもらっているドイツが、将来にわたって原発不要と言うのは欺瞞だ。しかもドイツ国内では今も原発は稼働していて、全廃されるのは7年後の2022年のことだ。

対して日本は、現時点では1基の原発も稼働していない。政府は再稼働を推し進めているが、現地での反対運動の流れでは挫折すらあり得る。

ドイツが日本に対してだけでなく、中国に対しても原発全廃を進言するなら公正さを評価する。しかし、彼らは輸出最重要国である中国政府を逆なですることは絶対にない。

反原発運動は世界規模で考えるべきことだ。日本国内で反原発が進んでいる間に、韓国に続き中国も原発を安値攻勢でアジア・アフリカに売り込むだろう。それらの原発は安全性が高いとは言い難く、地球規模でリスクを高めることになる。

日本・ドイツを含む先進国は安全な原発を開発して普及させるべきだ。そう書くと、リスク0の原発はないと原発廃止論者たちに意見を封じられる。リスク0がないのはその通りだが、どう反対しても原発が世界に広がるものなら、危険を10分の1に抑えたものを普及させる方が現実的だ。

これから膨大な数の原発がアジア各国に建設される。それに対し、原発廃止論者たちが思考停止していることは大問題だ。その現実を無視し、安全性の高い原発の開発すら抑えつけようとする原発反対運動は、逆に世界のリスクを高めている。


M_8


ガクアジサイの新芽。

中国の王毅外相は全国人民代表大会で、反ファシスト戦争70年記念軍事パレードに「すべての関係国家の指導者、国際機関を招待する。誰であれ誠意を持って来るのならば歓迎する」と言った。それは「日本の政権を握る者」は「まずは胸に手を当てて自問し、自分の良心に尋ねてみよ」と、随分な上から目線だ。

「中国のおっしゃることは全て本当です。二度と楯突きませんから許してください」
と日本政府が平謝りするなら招待してやっても良い、と言うことだ。
日本の歴代政権は「中国侵略を深く反省し、二度と戦争は起こさない」と毎年繰り返しきた。現実には、大戦後、周辺国への侵略を続けて来た中国とは比べ物にならないほどの平和国家だ。それなのに、例えば尖閣譲渡などを付け加えるなど到底できない。

もっとも、反ファシスト戦争70年記念軍事パレードを抗日戦勝記念行事にしている以上、日本政府が出席すること自体がとてもおかしい。

日本軍が戦ったのは蒋介石の国民党軍で現在の共産党の八路軍ではない。
しかも、国民党との戦いでは、ほとんどの戦線で日本は勝ち続け、米国へ降伏した後、自動的に国民党軍に投降した。例えば私の知人は広州から中国内地を転戦し、勝ち続けたまま南下してベトナムのハノイで終戦を迎えた。

抗日戦線での共産中国の八路軍は国民党軍とは違い逃げ回っていただけだ。それなのに抗日戦勝記念行事とは恥ずかしい歴史捏造だ。だからこそ現代中国は復讐心に燃え、尖閣などを口実にして日本を叩き潰し、中国が強いと思い知らせたいのだろう。

ドイツとフランスは歴史的に勝ったり負けたりの戦争を繰り返して来た。だからお互い様だと和解は巧くいった。

対して中国・日本、朝鮮・日本では、日本が戦勝するだけで、日本が負けたり侵略されたことは一度もなかった。これからも中国・韓国の鬱積した気持ちが晴れることは難しく、朴大統領が言うように「1000年たっても日本を許さない」ことなるのだろう。


M_14


ヒュウガミズキの蕾。
清冽に雨に濡れていた。


そうは言っても、中国では政府と国民の意識は微妙に違う。
政府が旗振りしている反日運動の国民の受け止め方は様々で、最近は醒めた反応も漏れ聞こえる。

関連して、5,6年前の反日運動でよく目にした「日本鬼子」のスローガンは少なくなった。
その頃、中国の反日ネットでは、日本発の「日本鬼子」(ひのもとおにこ)なる萌えキャラが話題になっていた。それは次のようなものだ。

・・・日本のネットでは「打倒日本鬼子」は、ロリキャラの可愛い鬼子ちゃんが押し倒され喘いでいる絵柄になって、日本の若者たちの熱い視線を集めている。反日運動を萌えキャラにすり替えてしまう日本には抗議の効果はないのではないか。この一連の反応を見ると無力感を感じる・・・と反日ネットに書かれていた。

「日本鬼子」については、日本における「鬼」は侮辱的な言葉ではない。「土俵の鬼」「鬼監督」などと賞賛する言葉だ。子供の頃、近所に中国の戦地から帰還したおじさんがいた。彼は大陸で散々「日本鬼子」と言われたのを「日本人は鬼のように強いと褒められた」と自慢げに話していた。
童話にも心の優しい鬼はたびたび登場する。だから「日本鬼子」と言われても侮辱されている気にならない。

当時の日本のネットでは、日本鬼子=リーベングイズの語呂が可愛い。小日本=シャオリーベンもロリキャラ的でなかなか良い、などと楽し気に交わされていた。

しかし「小日本」は今も使われている。
私も子供のころ、初めて世界地図を見た時「日本は小ちゃい」と思った。だから、いまさら小日本と言われても悔しがる気にはなれない。むしろ、小ちゃいのによく頑張っていると誇らしく思っている。

コブシを振り上げ反中を叫んでいる右翼の方々はこの若者たちを見習ったがいい。威丈高に返すより、パロディー化してほめ殺す方が遥かに効果がある。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 気がつくと人生の大半を赤羽で過ごした。この分ではこの地で最期を迎えそうだ。15年3月6日 | トップページ | 1滴の尿で、早期ガンを鋭敏に嗅ぎ分ける線虫。そして、春は懐かしさに満ちている。15年3月17日 »