« NHKクローズアップ現代 20年後に仕事がない世界がやってくる 16年3月15日 | トップページ | 幸せでも、気力がないと実感できない。幸せを感じるには体力が必要なようだ。16年3月26日 »

2016年3月18日 (金)

ショーン・マクアードル川上氏経歴詐称騒ぎに見えた世間の目の醜さ。16年3月18日

相変わらず週間文春の"スクープ"が続く。
"スクープ"とカッコをつけたのは、最近の文春の姿勢は社会正義のための告発と言うより、下品なアラ捜しに終始しているからだ。

私はショーンK氏のファンではないが、今回のバッシング騒動を見ていると擁護したくなる。TV画面での彼の語り口は魅力的で、優秀な演技者であったことは間違いない。コメントなどを経歴で補強したり偽装したりしたとしたら問題だが、そのようなことはなかったと記憶している。経歴は文春が書き立てて初めて知ったくらいだ。

彼の立場は政治家の経歴詐称とはかなり違う。
政治家の能力は見た目だけでは分からないので経歴で判断する。だから、政治家の経歴詐称は、薬や製品の広告や説明書きを詐称したのと同じで、選挙民を騙す犯罪となる。

しかし、ショーンK氏の立場は役者などと同じ演技者で、政治家の詐称とは違う。政治家と違い、彼の能力は目にしただけで十分に分かる。言い方は悪いが、観客を巧く騙せる者ほど優秀な演技者だ。所属芸能事務所の社長や関係者にも、彼は誠実ですこぶる評判が良かった。

よくわからないのは大騒ぎしているのに個人の被害者が見当たらないことだ。視聴者は論外として、承知の上で使っていた局は被害者ではなく加害者に近い。
それでも、世間は彼を「胡散臭い奴だ」と敬遠し始めている。しかし、はたして胡散臭くない芸能人がいるのだろうか。

残念なのは、誰も目にしない自身の英文ホームページに記したの偽の経歴を消さなかったことだ。そうしていたら、文春にアラ捜しをされることはなく、彼の地位は安泰だった。

奇しくも、彼が日本人名で卒業した熊本の高校の記念誌には「後悔後に立たず」と自筆が記されていた。もしかすると、ポカをやってしまう性癖への自戒の言葉だったのかもしれない。


彼を擁護したくなったのは、ネットやマスコミのバッシングに醜さを感じるからだ。ワイドショーで同席したことがある経済評論家は「そう言えばショーンK氏の経済評論は常識的で、専門性は感じなかったわ」とインタビューに答えていた。しかし、彼女自身の経済評論は凡庸で秀逸さはなく、批判するのは筋違いだ。

世間の多くが自分の視線がなく、人を肩書きや見てくれで判断してしまうことに今回の病根がある。TV画面に見える事実だけを純粋に世間が評価していたら、今ほどの騒動にはならなかったはずだ。

昔、透かして見ると骨が見える携帯レントゲンなどを売る香具師がいた。もちろんインチキ商品だが、みんなは騙されたと憤ったりせず笑って済ませていた。今回のショーンK氏の騒ぎもその程度のものだ。騙したと言っても国税をくすねたわけではない。莫大な公金をだまし取るのは、正真正銘の高学歴エリートの得意分野だ。文春はそちらの摘発に血道をあげるべきだ。

誰だったかある女性が、「いっそのこと経歴通りに、ハーバードのビジネススクールに入ってMBA(経営学修士)を取ったらいいのに」と言っていた。これは妙案だ。彼の語学力と頭脳なら実現可能かもしれない。

今回の騒動をお笑いに転化してしまうしたたかさが彼にあれば復活するだろう。しかし、あの生真面目な雰囲気では前途は厳しそうだ。


M_1


今日の荒川。
日差しは暖かく春の気配。
土手にはヤハズエンドウが繁茂し、河川敷の柳は新芽に覆われている。


昨日の夕暮れ、公園のベンチで休んでいると、コウモリが飛んでいた。
桜も今日にでも開花しそうだ。

国連が2015年の各国幸福度を発表した。
それによると日本の幸せ度は46位だった。
これは経済学者らが国民1人あたりの実質GDP(国内総生産)、健康寿命、社会的支援、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、寛容度を基に割り出したものだ。

私はこの基準を全く信用していない。
幸せ度はそんな基準で荒っぽく判断できることではない。
国民が自国をどれほど愛しているかが、幸せ度を測る最も大きな尺度だ。日本には独自な文化があり、草創期の電子機器やアニメ、食文化などで世界の文化史を変えるほどの創造力があった。自然も国民の気風も安全さも、他国にはない突出した魅力がある。そんな日本を国民は心から愛している。だから、国連の判断より日本の幸せ度は高いと思っている。


自分の幸せ度も、毎日のように総括している。
一般の概念では、決して幸せではなかったが、自分では「とても良い人生だった」と思っている。

今朝の「あさがきた」では、姑のよの(風吹ジュン)の臨終のシーンがあった。
大勢の家族に囲まれての静かな最期は幸せの一つの形かもしれない。

母の最期を看取ったのは私一人だったが、それでも母は幸せだった。
対して、死の寸前まで生活のために働き続けなければならない私の最期は重くなりそうだ。


最近、散歩コースにある喫茶店「豆電Coffee」へ寄って、小一時間ほどコーヒーを楽しんでいる。


Xm_5


店は東京メトロ南北線・赤羽岩淵駅から星美学園への通学路途中にある。
休みは水曜、土曜、祝祭日。
午前9時〜午後4時ラストオーダー。

そこはクラシックなビル1階で京浜東北線ガード脇のお寺・宝憧院の近く。そこに喫茶店があったことは以前から知っていたが、何となく入らなかった。訪ねるようなったのは、知人に連れて行ってもらってからだ。


Mx_1


目の前で豆から挽いて香り高く入れてくれる本格的なコーヒーなのに、値段は350円と格安。だから店内に入ると挽きたての芳しい香りに包まれる。

私が喫茶店を選ぶ基準に店内の香りと音とトイレがある。タバコ臭くて、ざわついていて、狭く薄汚れた化粧室だと2度と行かない。その点でも豆電の化粧室は広く清潔で、静かなBGMも満足できる。加えて店内あちこちに、マスターが制作した立体小品や絵が飾ってあり、そのアットホームな雰囲気も心地よい。ちなみに入口脇の作品もマスター制作。

------

最近、甘味料として本味醂を多用している。
本味醂はGI値が15と、砂糖などの7分の1の低さだ。

--GI値とはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。 ブドウ糖摂取時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されている。

一番気に入っているレシピは本味醂入り豆乳。
豆乳300mlに食酢30mlと本味醂30mlを加える。
すると、食酢によってタンパク質が凝固してヨーグルト状に変化する。
豆乳だけだと飽きるが、これは美味しくて全く飽きがこない。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Ma7

Ma_8

|

« NHKクローズアップ現代 20年後に仕事がない世界がやってくる 16年3月15日 | トップページ | 幸せでも、気力がないと実感できない。幸せを感じるには体力が必要なようだ。16年3月26日 »